• ホーム
  • デジタル
  • TBSホールディングス、「リリカルなのは」制作会社を完全子会社化

TBSホールディングス、「リリカルなのは」制作会社を完全子会社化

セブン・アークスの公式サイトより

TBSホールディングスは12月26日、アニメ「魔法少女リリカルなのは」などを手掛ける制作会社セブン・アークスグループの全発行株式を取得し、完全子会社化すると発表した。取得額は非公開。

アニメの映像流通や版権ビジネスの拡大、動画配信などにおけるアニメの活用を強化するという。協業後は、セブン・アークスが制作する「されど罪人は竜と踊る」(TBSテレビ、BS‐TBS)を2018年4月から放送する予定。

セブン・アークスグループは、アークトゥールスを持株会社として、アニメやゲームの企画と版権管理を行うセブン・アークス、アニメ制作スタジオのセブン・アークス・ピクチャーズの3社で構成されている。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス