• ホーム
  • デジタル
  • DeNA、創通、文化放送がアニメ制作「Project ANIMA」始動 原案を一般募集

DeNA、創通、文化放送がアニメ制作「Project ANIMA」始動 原案を一般募集

文化放送の片寄好之さん(取締役/メディア開発本部長/メディア開発局長)、DeNAの安江亮太さん(IPプラットフォーム事業部長)、創通の難波秀行さん(企画営業本部長)

ディー・エヌ―・エー(DeNA)、創通、文化放送は12月20日、オリジナルアニメ作品を共同で制作する取り組み「Project ANIMA」(プロジェクト アニマ)を発表した。原案は一般募集し、2020年の放送を目標にジャンルが異なる3つのテレビアニメシリーズの制作を進める。「世界に通用する日本アニメの継続的な創出を目指し、次世代を担うアニメ作家を幅広く募集する」(3社)

DeNAが運営する漫画雑誌アプリ「マンガボックス」、小説投稿サイト「エブリスタ」などのプラットフォームを軸に、広くアニメの原作を一般募集する。応募は、小説や脚本、漫画原稿、ネーム、イラスト、動画などを受け付け、プロ/アマチュア、個人/団体(法人)は問わない。作品審査は、DeNA、創通、文化放送の3社に加え、映像化を手掛ける制作会社が行う。アニメ化する作品以外も、入賞作品の書籍化、コミック化、ゲーム化を検討する。

第1弾の募集は「SF・ロボットアニメ部門」。以降も第2弾、第3弾を募る。第1弾は、アニメ「マクロス」シリーズなどで知られる制作会社のサテライトがアニメ化する。第2弾は「とある魔術の禁書目録」のジェー・シー・スタッフ、第3弾は「NEW GAME!」の動画工房が映像化。創通は権利運用を担当する。

第1弾の応募期間は、18年2月1日〜4月15日まで。SF、ロボット(メカ)をテーマにした作品であれば、世界観や時代設定、コンセプトは問わない。第2弾は4月、第3弾は18年夏に募集を始める予定。応募方法の詳細や今後の展開などは、あらためて公式サイトで発表するとしている。

また文化放送は、プロジェクトと関連したラジオ番組「豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部」を1月4日から放送し、最新情報などを案内する。将来はイベントの企画など、プロジェクトのメディア展開をサポートする。

DeNAの安江亮太さん(IPプラットフォーム事業部長)は「幼い頃からアニメを楽しみ、時には感情を揺さぶられたり、救われたりした。そうしたアニメを一緒に作っていきたい」と意気込みを語った。「若手クリエイターを発掘し、アニメ業界の発展に貢献したい」

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス