アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 社会
  • 猫虐待で執行猶予付き判決…傍聴した杉本彩さん「すごく悔しい」「現行法では限界」

猫虐待で執行猶予付き判決…傍聴した杉本彩さん「すごく悔しい」「現行法では限界」

記者会見を開いた杉本彩さん

野良猫13匹を虐待したとして、動物愛護法違反の罪に問われた元税理士に対して、東京地裁は12月12日、懲役1年10月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。この判決を受けて、動物愛護の啓発活動をしているタレントの杉本彩さんは、都内で記者会見を開いて「すごく悔しい。納得できない」と怒りを口にした。

●「犯行は残虐で、社会に与えた影響は大きい」と認定されたが・・・

元税理士は2016年3月から2017年4月にかけて、野良猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりするなど虐待を加えて、9匹を死なせて、4匹にケガをさせた罪に問われた。元税理士はさらに、その虐待の様子を撮影した動画をインターネットに投稿していたという。

東京地裁の細谷泰暢裁判官は、「犯行は誠に残虐で、社会に与えた影響は大きい」と認定した。一方で、元税理士に前科がなく、税理士廃業や家族への嫌がらせなど、社会的制裁を受けていること、同じような事件との兼ね合いから、執行猶予をつける判決を下した。

●ネット署名が15万筆あつまる

今回の事件をめぐっては、署名サイト「Change.org」では、元税理士に対して執行猶予の付かない「実刑」を求める声があがった。15万筆以上の署名が集められて、東京地方検察庁などに提出された。署名を呼びかけた綿引静香さんは会見で「なぜ、執行猶予にするのかわからない。司法が犯罪者を守るのでよいのか」と話した。

杉本さんは、公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」で代表理事をつとめている。11月28日の第1回公判と、この日の判決を法廷で直接聞いていた。傍聴した理由について、杉本さんは「(元税理士が)どんな言葉を発するのか。世の中のみなさんに伝えていく使命感を感じていたから」と説明した。

杉本さんは「現行の動物愛護法では、限界がある。来年の改正では、どうしても厳罰化する必要があると感じている。今後、こうした凶悪犯罪に重い罰が下されることを心から望んでいる」と、怒りと悲しみで声を震わせながら、厳罰化を訴えていた。

(弁護士ドットコムニュース)

提供元:弁護士ドットコムニュース

オリコントピックス