• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 社会
  • 米国ETFの純資産残高683兆円に対して、国内ETFの純資産残高はいくら?

米国ETFの純資産残高683兆円に対して、国内ETFの純資産残高はいくら?

Photo: Adobe Stock

書店で一番売れているETF本の最新版『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)がさる2月16日に刊行された。投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。現在の純資産残高は約683兆円。一方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

右肩上がりに伸びる国内ETFの純資産残高

拡大画像表示

アメリカのETF市場の純資産残高は、2021年で683兆円であることは前々回にご説明しましたが、実は日本国内でも、ETFの純資産残高は右肩上がりに伸びています。

【下図表】をご覧ください。2011年には、国内ETFの純資産残高は2・7兆円しかありませんでした。

しかし、2014年には10兆円を超え、2021年4月末には60兆円に迫る規模に急増しているのです。ETFの残高が急激に伸びているのは、日銀がETFの買い入れを行っていることが大きな理由です。...

提供元:ダイヤモンド・オンライン

あなたにおすすめの記事

オリコントピックス