• ホーム
  • 趣味
  • 世界に誇る自転車を製作してきた「アマンダスポーツ」千葉洋三さんの自転車哲学

世界に誇る自転車を製作してきた「アマンダスポーツ」千葉洋三さんの自転車哲学

フレームはカーボンより鉄の方が優れている自転車設計・製作を行う工房「アマンダスポーツ」社長の千葉洋三さんは、数々の有名選手たちの自転車フレームを製作してきた。また、修理の名人としても知られている。

納車5日目に落車し、軽さが自慢のカーボンバイクに細い傷が付いた。買った店で「カーボンは傷が付いたら終わり」と新しいフレームに買い直すことを薦められ愕然。そんな私(ライター)の自転車を修理してくれたのが千葉さんだ。

「カーボンファイバーには、クロス状に織られた繊維と一方向だけに並んだ繊維がある。糸の方向性を考えながら何層も計画的に設計しないと、いくら高弾性カーボンを使っても鉄を超えるものは作れないんです。うちには世界のあらゆるメーカーのカーボンフレームの修理が来ますが、割れたチューブの内壁を見ると、そういう極限設計されてないものが大半。鉄のマシンと比べたらどれも60点もらえないんじゃないかな?」

千葉さんが1978年にラフロード用に製作した「430オールランダー」。フレームはクロモリ。ドイツ製のチューブラータイヤで年間6000q近く走っていた。その後、お客さんに譲り、「壊れたと聞かないから、たぶん今も多分現役」とのこと。乗り手にとって安全で実用的な道具を作ること。それを第一に40年もの間、世界に誇れるマシンを作ってきた職人・千葉さんが考える長年乗り続けることのできる自転車とは?

フレームよりタイヤに目を向けるべし「雑誌はフレームにばかり注目するけど、自転車で痛快に遊びたい人はまず、ふたつの回転体にお金を払うべき。100年前のレーシングタイヤを再現できたら、今のマシン全部抜かれちゃいますよ。高校2年のときプロの競輪選手しか使わないようなチューブラータイヤをはじめて使って『自転車の生命はタイヤなんだ』と気付いた。それが僕には決定的でしたね」

90年代、スティーヴン・ロークス選手に製作。弾性率50tカーボン使用。
1975年、フランスのメーカー、ジタンの依頼で作ったカーボンフレーム。
千葉洋三さん 1940年生まれ。世界に先駆けてアルミ合金やカーボンフレームを手がけた石渡製作所(現・カイセイ)などでビルダー修業。1973年、工房「アマンダスポーツ」設立。

◎構成/かとうあづみ ◎撮影/高橋宗正、千葉洋三

提供元:BE-PAL

オリコントピックス