• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)

イスタンブールで唯一の混浴浴場も!おすすめハマム4選

日本には銭湯や温泉があるように、トルコにはハマムという伝統的な公衆浴場があります。ムンムンと蒸気が漂うサウナでしっかりと汗をかき、垢すりをするのがハマムの定番の楽しみ方。ハマムならではの入浴体験をすれば、きっとトルコの魅力をより深く感じることができるはずです。旅行中、ぜひ訪れたいイスタンブールにあるおすすめのハマムをご紹介します。

ローカルな気分を味わえる「カドゥルガ・ハマム」

写真:山口 琴美

いかにも観光客向けに営業しているところよりも、ローカルな雰囲気のハマムを体験してみたい!というかたは、旧市街にあるカドゥルガ・ハマムがおすすめです。

写真:山口 琴美

旧市街の観光名所が密集しているスルタンアフメットに近く、マッサージや垢すりのオプションをつけなければ48TLの入浴料のみで入館できます。
地元の人の利用も多く、観光客向けに改修されたハマムのような雰囲気ではありませんが、スリッパやバスタオル、入浴の際に使うペシテマルという薄い生地の巻きタオルも料金に含まれているので手ぶらで行くことができます。
<基本情報>
住所:Sehsuvar Bey,Kadirga Limani Cd. No:69,34130 Fatih/Istanbul
電話番号:+90-212-518-1948
アクセス:トラムT1線「チェンベルリタシュ」駅から徒歩約10分

観光スポットからアクセスしやすい「ジャーロール・ハマム」

写真:山口 琴美

イスタンブールの主要な観光スポットである、スルタンアフメット地区のアヤソフィア博物館やブルーモスク、ベヤズット地区のグランドバザールからアクセスしやすいのが「ジャーロール・ハマム」です。
オスマン帝国時代にイスタンブールに造られた最後のハマムとしても知られており、旅行者にも人気があるハマムです。
このハマムは、浴場内はもちろん、入浴し終わった後の休憩スペースがなんとも魅力的なのです。中央にある噴水から聞こえる水の音と上階の窓から差し込むほどよい日光が心地よい空間で、ゆっくりとくつろぐことができる個別のベッドで、入浴のあとも至福の時を過ごすことができます。
<基本情報>
住所:Alemdar,Cagaloglu Hamami Sk.No:34,34110 Fatih/Istanbul
電話番号:+90-212-522-2424
アクセス:トラムT1線「スルタンアフメット」駅から徒歩約10分

征服王メフメト2世が造った「アー・ハマム」

写真:山口 琴美

1453年にコンスタンティノープルを陥落させたオスマン帝国の第7代皇帝、メフメト2世。彼によって、現在のイスタンブールは東ローマ帝国からオスマン帝国のものになりました。
世界の歴史を大きく動かしたメフメト2世は、コンスタンティノープル征服から1年後、自分と自分の息子たちだけが利用できる完全にプライベートなハマムを建設しました。それが新市街のベイオールにある「アー・ハマム」です。
「アー・ハマム」はイスタンブールで最初に誕生したハマムであり、さらに現在ではイスタンブールで唯一混浴のハマムとしても知られています。カップルや家族で訪れるには最適のハマムです。
<基本情報>
住所:Kuloglu,Turnacibasi Cd.No:48,34433 Beyoglu/Istanbul
電話番号:+90-212-249-5027
アクセス:メトロM2線「タクシム」駅から徒歩約10分

オスマン帝国海軍大提督のために造られた「クルチ・アリ・パシャ・ハマム」

写真:山口 琴美

新市街のボスポラス海峡沿いにある「クルチ・アリ・パシャ・ハマム」は、オスマン帝国時代が最も栄えたスレイマン大帝の時代から活躍していた海軍提督のために造られた歴史あるハマムです。
このハマムの設計を手掛けたのは、世界遺産に登録されているトルコ・エディルネのセリミエ・モスクや、イスタンブールのスレイマニエ・モスク、ミフリマー・スルタン・モスクなどの名作を生みだしたミマール・スィナンです。
ハマムでの心地よい時間と、トルコ史上最高の建築家と評されるスィナンの作品を同時に味わうことができるのは「クルチ・アリ・パシャ・ハマム」ならではの魅力です。
<基本情報>
住所:Kemankes Karamustafa Pasa,Hamam Sk.No:1,34425 Beyoglu/Istanbul
電話番号:+90-212-393-8010
アクセス:トラムT1線「トプハネ」駅から徒歩約5分

トルコならではのハマム文化を体験しよう!

観光スポットを巡ったりトルコ料理を堪能するのも素敵ですが、トルコに来たからには伝統的なハマム文化も体験してみてください。きっとトルコの意外で深い魅力を自身の肌で体感することができます。日本の温泉とはまた違った、トルコならではの浴場文化を楽しんでみてはいかがでしょうか。
2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
山口 琴美

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

オリコントピックス