• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • おでかけ
  • 趣抜群で快適!勝本町「ゲストハウスLAMP壱岐」で充実の壱岐旅を

趣抜群で快適!勝本町「ゲストハウスLAMP壱岐」で充実の壱岐旅を

国境の島・壱岐の北部に位置する勝本町。かねてから漁港として栄え、昔ながらの町並みや文化が色濃く残っている場所であり、壱岐イルカパークや辰ノ島クルーズなど、壱岐の目玉となる観光スポットも点在しているため、壱岐へ旅行をする際に宿泊を検討される方も多いのではないでしょうか?そこでお勧めしたいのが「ゲストハウスLAMP壱岐」!かつての民宿を改装した建物は趣抜群ながら、リーズナブルに快適な滞在ができますよ。

離島らしさを色濃く残す「勝本町」

写真:土庄 雄平

壱岐の中で北側に位置する勝本は、西日本随一のイカの水揚げ量を誇る港町。幾つものの電球を備えた大型のイカ漁船が立ち並ぶ風景が特徴的で、港湾の先には真っ青な海。さらには歴史と風情を醸す町並みなど、壱岐の中で最も離島らしさを残している場所です。

写真:土庄 雄平

船に乗れば、エメラルドグリーンの海が美しい壱岐有数の絶景スポット「辰ノ島」へ上陸することができ、壱岐イルカパークでは可愛らしいイルカに触れ合えるほか、城山公園(勝本城跡)や聖母宮など見所が尽きません。壱岐で水揚げされた海鮮や壱岐牛と言ったグルメも魅力です。

写真:土庄 雄平

そんな壱岐旅では外すことのできない勝本ですが、漏れなく回りたいなら、やはり宿泊がオススメ!そこで今回、勝本にある「ゲストハウスLAMP壱岐」を紹介したいと思います。

情緒抜群の佇まい!ランプが灯ると美しい

写真:土庄 雄平

勝本朝市が開かれる港のメイン通り沿いに位置するひときわ目立つ建物が「ゲストハウスLAMP壱岐」。2018年にオープンしたばかりとまだ新しいですが、実は1900年代前半に建てられた木造3階建ての旧旅館を改装しているので、趣抜群!特にゲストハウス名通り、夜になり明かりが灯ると、より一層味わいが深まります。

写真:土庄 雄平

しかし、そのこだわりは外観だけでなく、内装にも表れています。朱色と茶色の小物をバランス良く配することで、旧旅館の建物の至る所に刻まれた味を損なわないように、シンプルながらもレトロモダンに纏め上げているのです!

写真:土庄 雄平

ゲストハウスの館内を見て回れば、旧旅館の様々な名残が!2階や3階へ食事を配膳する専用エレベーターや、九州郵船推薦旅館の立て札まで。そして階段には、かつて「つたや旅館」として経営されていた頃の貴重な写真も飾られています。
こうして、かねてからこの地に根付く建物を再利用したことで、開業から1年ほどでありながら、「ゲストハウスLAMP壱岐」は、既に地元の人間に愛される場所となっています。

リーズナブルで快適!使い勝手が抜群

写真:土庄 雄平

前述したように、レトロな趣が魅力な「ゲストハウスLAMP壱岐」ですが、それでいてリーズナブルかつ快適なのが嬉しいところ。1階ドミトリーであれば4000円で、2〜3階の個室は5000円/1人で宿泊することが可能です。
ドミトリーは大型のベッドで、しっかり仕切りが設けられ、プライベートを保つことができ、個室は旧旅館の味わいを生かした空間に仕上がっています。なお各階正面のお部屋は、ふすまを開けると勝本の町が一望できるのでオススメです。

写真:土庄 雄平

また通常、サービスは最低限に抑えられているゲストハウスという宿泊施設でありながら、ウォーターサーバーが用意され、入浴用のタオルや歯ブラシも準備されています。これであれば、ゲストハウスが初めてという方も安心ですね!

写真:土庄 雄平

プランとして、後ほど紹介するように朝食付きにはできますが、基本的に夕食は外で取ってくることになります。しかしながら、「ゲストハウスLAMP壱岐」の近くには、地元漁師ご用達のお店が多く点在しているので、嬉しいところ。
特に、ゲストハウスから徒歩1分のところにある「よしもと食堂」は、一本釣りで釣り上げた魚しか出さないお店として知られ、ボリューム抜群な定食が大人気!名物のカツ丼も絶品です。

美味しい朝食も!宿泊者専用の酒蔵共有スペースが嬉しい

写真:土庄 雄平

ゲストハウス自体とは別に、もう一つの見所がゲストハウスの建物の隣に位置する酒蔵を改装した宿泊者の共有スペースです。元々、旧旅館とは違う持ち主が有していた蔵でしたが、こちらも一緒に「ゲストハウスLAMP壱岐」が改装しています。
当時の佇まいを残した酒蔵へと足を踏み入れれば、そこにはランプの細やかな灯りに照らされた快適な空間が!ふと見上げると、天井裏には酒樽が見える仕掛けもセンス抜群。

写真:土庄 雄平

そんな共有スペースには、様々な焼酎が並んでいます。実は、壱岐は麦焼酎の日本発祥の地であり、今なお玄海酒造や壱岐の蔵酒造など、老舗が様々な焼酎を生産しているのです。1000円支払えば、時間無制限で焼酎の飲み放題&飲み比べが出来るので、お酒好きには堪らないですね!
この共有スペースは23時まで利用できるので、旅仲間や家族、恋人と一緒に焼酎片手に盛り上がってみてはいかがでしょうか?

写真:土庄 雄平

また宿泊プランに800円で追加できる朝食も、この酒蔵共有スペースで振舞われます。翌日の朝8時〜10時の間に食べることが可能です。
朝食は、地元の食材を生かした充実の内容!特に、自ら焼いてホワッホワの状態で頂く地元特産のアジの干物は絶品です。また、地元の壱岐の豆腐や納豆、アオサの味噌汁など、爽やかなラインナップで、品数が多いのも嬉しいですね。

壱岐旅をより印象的に!「ゲストハウスLAMP壱岐」へ泊まろう

写真:土庄 雄平

離島の情緒を色濃く残す漁港・勝本に位置する「ゲストハウスLAMP壱岐」。2018年オープンとまだ新しいゲストハウスでありながら、この地で愛された旧旅館を改装した宿で趣抜群。またリーズナブルながら、サービスが充実しており、快適な宿泊を過ごすことができます。きっと壱岐旅をより印象的にしてくれること間違いないので、ぜひ一度泊まってみてはいかがでしょうか?

ゲストハウスLAMP壱岐の基本情報

住所:長崎県壱岐市勝本町勝本浦253
電話番号:0920-40-0071
アクセス:芦辺港から車で15分、郷ノ浦港・印通寺港から車で30分。郷ノ浦本町・芦辺港バス停から壱岐交通バスへ乗車、勝本入り口バス停で下車後、徒歩5分。
2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
ゲストハウスLAMP壱岐
https://lamp-guesthouse.com/iki/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
土庄 雄平

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

オリコントピックス