• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 社会
  • 有料老人ホームランキング2019【兵庫県・ベスト10】、老後に役立つ!

有料老人ホームランキング2019【兵庫県・ベスト10】、老後に役立つ!

親の在宅介護に限界を感じ始めた、あるいは周りに頼れる人がおらず将来に不安を感じ始めた。こうしたとき、有料老人ホームへの入居を考える人は多いだろう。だが、各ホームの質や特色は千差万別。中には従業員不足や経営の問題によって、入居者が暮らしづらい「悪質」ホームも存在するのが実態だ。

そこで「週刊ダイヤモンド」では、介護が必要になった家族のために、あるいは自分のために有料老人ホームを探す際、役に立つランキングを作成した。数多くあるホームから候補を絞り込むときの目安として参考にしてほしい。

ランキングの対象となるのは、施設が介護サービスを提供する介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)であり、入居定員20人以上、開設後2年以上を経過しているホームである。

対象エリアは介護付きホームが200以上ある都道府県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県)に絞った。各自治体とも、主に要介護状態の人が入る「介護型」と、ある程度身の回りのことが自分でできる人が入る「自立混合型」に分けて、ランキングを作成している。さらに、東京都と神奈川県は、介護型を「5年総費用」の額が2000万円以上と同未満に分類した。

今回は、その中から兵庫県における介護型のランキング上位ホームを紹介しよう。

兵庫県・介護型1〜10位

兵庫県介護型で1位となったのは、ファインフォレストが運営するフォレスト垂水。ダイヤモンド・セレクト2016年5月号に掲載した同様の老人ホームランキングでも、兵庫県介護型で1位を獲得しており、その実績は確かなもののようだ。

フォレスト垂水は、商店街やショッピングセンターでにぎわうJR・山陽電鉄の垂水駅前から徒歩6分という近さにありながら、明石海峡の景色が一望できる閑静な丘の上に建つ。利便性と住環境の2つを兼ね備えたホームは、落ち着きのある老後の暮らしにうってつけだ。

介護体制も充実している。入居者3人に対し介護・看護スタッフは2人と、基準の3:1配置の2倍以上と手厚い人員体制だ。また、介護職員だけでなく看護師も24時間常駐しているため、日常の健康管理から退院後の療養介護・緊急時の対応、さらにはバルーン留置といった医療的なケアまで、安心のサポートが期待できる。

フォレスト垂水の特徴の一つが、「抱え上げない介護」の実践だ。

「抱え上げない介護」とは文字通り、入居者を人の力で抱え上げるのではなく、リフトやスライディングシート(持ち上げずにすべらせるシート)などの用具を使って起こす手法のこと。

介護スタッフは、肉体的負担を軽減し、慢性の腰痛といった「職業病」を回避することができる。一方入居者も、抱え上げられるときに身構えずに済むため、せっかくのリハビリの効果が体をこわばらせることで打ち消されてしまうといったことがない。つまり、介護する方、される方の両者に優しい手法なのだ。近年日本でも注目され始めているが、フォレスト垂水では2011年に『抱え上げない介護』宣言を打ち出し、早くから導入を進めてきた。...

提供元:ダイヤモンド・オンライン

オリコントピックス