• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • おでかけ
  • 宮崎「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」1泊5食プランが凄い!

宮崎「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」1泊5食プランが凄い!

宮崎県を代表するフェニックス・シーガイア・リゾートのフラッグシップホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」は、2017年10月の開業以来最大規模となるリニューアルが完了し、「新しいシーガイア」として生まれ変わりました。また開業25周年を記念した様々な企画の中には、ランチ・ティータイム・夕食・朝食・バータイムという1泊5食付の宿泊プランも。凄すぎるその内容をご紹介します。

開業以来最大規模のリニューアルとは?

写真:フェニックス・シーガイア・リゾート

フェニックス・シーガイア・リゾートは2017年10月5日にエリア内の各所においてリニューアルが完了し、新しいシーガイアとして生まれ変わりました。
広大なリゾートエリアのほぼ中心に位置する「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」では、全体の約96%にあたる客室が一新され、36階以上にはワンランク上のプレミアムカテゴリー「クラブフロア」も誕生。隣接する宿泊者専用ガーデンエリア「THE LIVING GARDEN」は、大人を愉しむ水辺のリビングをコンセプトにした空間へと生まれ変わっています。

写真:藤谷 ぽきお

宿泊者専用ガーデンエリア「THE LIVING GARDEN」の一角には、グランピングを思わせる大きなタープの下に、焚き火を囲むソファー席が配された「焚火のリビング」も作られています。朝にはフルーツフレーバーウォーター・コーヒー・マシュマロが、午後にはコーヒー・マシュマロが無料で提供され、一日中、野外での贅沢な時間を楽しめる工夫が凝らされています。

写真:藤谷 ぽきお

フロントレセプションと同じ2階フロアにある宿泊者専用ラウンジ「風待ちテラス」では、ブックディレクターの幅允孝氏により、「旅」をテーマにセレクトされた多種多様な本を自由に読むことができます。
テラス内にはカフェエリアも併設されているので、滞在中、コーヒー片手に読書を楽しむ事もできます。

1食目:風待ちテラスでのランチ

写真:藤谷 ぽきお

そんなシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートでは、25周年を記念して、冬の1泊5食付プランが15,000円(税込み)からの贅沢グルメプランが用意されており、使わない手はないほどのお得なプラン。期間ごとにランチ・ティータイム・夕食・バータイム・朝食のメニューなどは変更となります(2019年〜2020年冬の期間は2019/11/10〜2020/1/31)。
まずは1食目、風待ちテラスの軽めのランチから紹介します。

写真:藤谷 ぽきお

風待ちテラス内のカフェエリアで提供されるのは、軽食とドリンクのセットです。宿泊日のチェックイン前でも宿泊翌日のチェックアウト後でも選べるのが嬉しいサービスですね。提供時間内の10:00〜17:00ならいつでもOKですよ。
また、風待ちテラス内で本を読みながら食べる事も出来ますし、テイクアウトして「THE LIVING GARDEN」で食べる事も可能です。プールまわりでも「焚火のリビング」でもお好きな場所でランチを楽しんでみて下さい。

写真:フェニックス・シーガイア・リゾート

ランチメニューには溢れんばかりの「キーマカレーとチキンの甘味噌だれピタパン」を頂けます。袋状になっていて食べやすいモチモチした生地のピタパンに、甘味噌だれを絡めたこってりチキン、ひき肉と野菜をじっくり煮込んださっぱりキーマカレーがたっぷり詰め込まれています。モチモチ生地との相性も抜群です!
ドリンクが1杯付いていますのでコーヒー、紅茶、オレンジジュース、アップルジュースからチョイスできます。ドリンクのお勧めは、宮崎市内の珈琲豆専門店「なかはら珈琲工場」の店主が、風待ちテラスのために特別にブレンドしたコーヒーです。是非お試しを!

2食目:風待ちテラスでのティータイム

写真:藤谷 ぽきお

2食目は、風待ちテラスで提供される「ティータイムのスイーツ」をどうぞ!提供時間は10:00〜17:00内ならいつでもOKです。同行者とおしゃべりしながら頂いたり、上質な書籍が並べられた本棚から選んだ本と一緒に過ごしたり、自分だけの時間をゆっくりと楽しみましょう。

写真:フェニックス・シーガイア・リゾート

ティータイムのスイーツにはあの「ピエール・エルメ・パリ」のマカロン&オリジナルの紅茶が提供されます。ふっくら盛り上がった優美な姿、外側のさくさくした歯ざわり、それに甘く優しい中身が見事なハーモニーを奏でて、至福のひとときを演出してくれますよ。

3・4食目:パインテラスでの夕食&朝食のビュッフェ

写真:藤谷 ぽきお

「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」では、宮崎の土地が育んだ地元食材の美味しさを「宮崎テロワール」をテーマにレストランをプロデュース。地元の豊かな食材を、グローバルなメニューや調理方法で味わい、感じることができます。宮崎の美味しさがよりどりみどりなビュッフェスタイルの「パインテラス」が、夕食と朝食の会場です。

写真:フェニックス・シーガイア・リゾート

3食目となる夕食では、フェニックス・シーガイア・リゾートの総料理長をはじめ、各レストランの料理長などがおススメする、渾身の一品がパインテラスに集結します。まずは席に案内され、「渾身の7品」が運ばれてきますので、料理の説明をしっかりと聞いて、渾身の7品を味わって下さい。
もちろん、その後は、宮崎県の郷土料理などが集められ、様々な調理方法で料理されたビュッフェ型式の「パインテラス」でのディナービュッフェを心ゆくまで楽しんで下さいね。

写真:フェニックス・シーガイア・リゾート

4食目として紹介する朝食も、会場はパインテラスとなります。注目するメニューは、全世界のシェラトンホテルと同じレシピで作られる「シェラトン・クロワッサン」や、シェラトンホテルのマークの焼印が付いた「パンケーキ」など、シェラトンでしか食べられないものは必食です。また、シェフが目の前で作るトロフワなオムレツや宮崎名物の「冷汁」なども見逃せませんね。

5食目:選べるバータイムでの特別カクテル

写真:藤谷 ぽきお

5食目として紹介するのは、1日の最後を飾るのに相応しい「選べるバータイム」です。ホテル内に一ヶ所、THE LIVING GARDENの一角に一ヶ所、合計二ヵ所にバーがあり、どちらかを選んでカクテルを一杯とおつまみを味わえます。
THE LIVING GARDENには「KUROBAR」と呼ばれる、ガラス張りで夜の美しいガーデンを眺めながらお酒を愉しむことが出来るバーがあります。また、すぐ横の「焚火のリビング」へもテイクアウトして楽しめますよ。プランで選べるのは「レモンのカイピロスカとKUROBARオリジナルナッツ」です。

写真:藤谷 ぽきお

ホテル1階中央にあるバーが、カクテルラウンジ「パシフィカ」です。リゾート感溢れる寛ぎのバーで、マンゴーなどのトロピカルフルーツを使ったカクテルなどが人気です。プランで選べるのは「日南レモンハイとおつまみ」です。

写真:フェニックス・シーガイア・リゾート

カクテルの内容やバーの雰囲気などはそれぞれ違いますので、二店舗から好きな方を選んで楽しんでみて下さい。

シーガイアで人生にごちそうを!日本でいちばん「美味しい」リゾートへ!

あのシェラトンホテルで、1日お篭もりステイを5食付で楽しめて、15,000円からは本当に破格値ですね。今回は1泊5食付プランをクローズアップしてご紹介しましたが、部屋もすべてオーシャンビューですし、松林に囲まれた温泉も美人の湯として有名です。また、焚火のリビングでは時間限定ですが、無料の焼きマシュマロなども楽しめます。是非、南国宮崎の「美味しい」リゾートを体験してみて下さい。
2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
宮崎シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートで大人のホテルライフを!
https://www.travel.co.jp/guide/article/39045/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
藤谷 ぽきお

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

オリコントピックス