2013-02-28

ウワサの「AGA治療」へ行ってみました!

そもそも…AGAとは?
受付
持ち物&服装チェック
薬
今回の治療費

 最近、テレビCMや電車、雑誌の広告などでもよくみる「AGA」という言葉。“お医者さんに相談だ♪”というフレーズはすっかり耳に馴染んだけれど、どこに行けばいいの? どれぐらい費用がかかるの? 「AGA治療」ってどんなことするの…。みんなの“?”を解消すべく、実際にお邪魔してきました!

STEP1.予約はマスト! 受付で何をする?

予約の電話

 まずは、AGA治療の専門医を調べましょう。治療費が保険適用外となるため、問診や薬代は病院によってそれぞれ異なり、事前に開示しているクリニックもあれば、そうで無いクリニックも。
初回診察、カウンセリングなどは完全予約制の場合がほとんどなので、事前に電話やインターネットでの予約はマスト! この時に初回診療費の目安なども、聞いてみては?

受付でなにをする?

  予約を取って、いざクリニックへ。今回は、公式サイトで治療費が開示されている東京都港区「銀座総合美容クリニック」にうかがいました。
当日の服装などで気を付ける点は、“髪を、ガチガチにセットしない”こと!それ以外に何か特別な持ち物や、用意しておくものはないそうです。
受付に到着後、待合室では、事前アプローチとして問診票への記入があります。

STEP2.初めてのカウンセリング

個室で先生とご対面

  同クリニックでは完全個室でのカウンセリングを実施(しかも無料)。受付で書いた問診票と軽い触診などをもとに、そもそも治療が必要かどうか? また、必要な場合は予算や期間など、具体的な方針を相談することも可能でした。
所要時間は30分程度。話を聞くだけでも不安が少し和らぎ、治療費がいくら位必要か?飲み薬だけで改善されるレベルなの? など、自分の髪のことを知るチャンスです。

STEP3.治療&薬ってどんなの?

治療方法は? 薬ってどんなタイプがあるの?

 カウンセリングで治療法が決まったら、その日から治療をスタートさせることもできるそうです。
初回の診察は「問診・検査・診断・治療計画の策定・写真データベース作成」など。頭皮状態の確認や、症状によっては「AGA遺伝子チェック」もあります。
診療が終われば、1ヶ月分のお薬をもらって終了。薄毛の症状が見られない場合など、症状によってはカウンセリングのみで終了する場合もあるとか。
クリニックごとに薬の種類も違いますが、同院では「内服薬」のほかに、「育毛メソセラピー」と呼ばれる成長因子投与治療があり、これは外側から直接毛根に薬剤を投与していく治療だそうです。

治療期間は? 費用は??

 内服液は30日分ずつ処方され、2度目の診察から1ヶ月ごとの通院となります。
初回以降の診察費は無料なので、次回以降はお薬代のみ。症状ごとに6825円〜1万8375円ぐらいのものに、分かれます。
毎回髪の状態を診ることで、お薬の量を調整していく、または効果が出たので一時的に服用をストップして様子を見るなど、患者さんごとに処方を検討していきます。

メソセラピーは1万8900円と、内服薬よりも費用が掛かります。症状がより進行している場合は、身体の中からと外からの複合的な治療が重要。
そんな時には、内服薬と併せてメソセラピーとのW治療で、改善を目指すそう。

最後に、通院期間については「患者さんが、気にならなくなるまで」とのこと。症状ごと、また個人差もありますが、初期段階であれば数ヶ月で通院を終えることもあるのだとか。

【ページ監修・協力】
銀座総合美容クリニック
HP:http://www.gincli.jp/
〒105-0004 東京都港区 2-19-4 SNTビル7・8F/電話:0120-972-335