流行りモノ調査隊 流行りモノ調査隊
#142 今週の急上昇キーワード(更新日:2011/01/18)
ひとり鍋
PAGE: 1 | 2
急上昇の理由
 さむ〜いこんな季節に食べたくなるのは鍋!!特に最近注目されているのが『ひとり鍋』だ。ひとり鍋と聞くと、なんかさみしい気もしてしまうが、「何人かで行けばいろいろな味をシェアすることができる」と、特に女性の間で人気だという。どんな物があるのか?早速調査に向かった。
今回の調査内容
味のバリエーションは無限大!?『小鍋しゃぶしゃぶDining鍋選人』
体と心に優しい“茶鍋” が大人気『茶鍋cafe saryo』
味のバリエーションは無限大!?『小鍋しゃぶしゃぶDining鍋選人』
 訪れたのは、TVなどでも最近話題のお店『小鍋しゃぶしゃぶDining鍋選人 渋谷本店』。SHIBUYA109から至近ということもありギャルからも大人気だという。

  まず、このお店のシステムを説明しよう。店名にもあるように“小鍋しゃぶしゃぶ”の専門店であり、ベースの13種類と期間限定の2種類、合わせて15種類のスープ(ダシ汁)の中からひとつを選ぶ。豆乳グリーンカレー鍋、牛スジカレー鍋、白濁手羽先コラーゲン鍋などいろいろな味を楽しむことができる。

 次に“しゃぶしゃぶ”する具材選び。肉は牛肉、豚肉はもちろんのこと、もつやラムもあり、そのほか海鮮と野菜、水餃子などこちらもかなりバリエーションが豊富だ。

 そして、この店の最大の特徴といってもいいのがつけだれも選べるというところ。ゴマだれとポン酢の2種類のベースのたれに、『たれカウンター』に置いてある35種類ほどの薬味やオイルをブレンドしてオリジナルのたれをそれぞれ自分で作るのである。たれカウンターには参考レシピなども貼ってあるのでそれを参考にしてもよし、まったくオリジナルのたれを作ることも可能だ。

 “スープ×具材×つけだれ”の組み合わせで、鍋の楽しみ方のバリエーションはとてつもなく豊富だ。人によって味が違う、“自分だけの鍋”をシェアしながら食べるというのが人気を呼んでいるそうだ。

お店の外観 きらびやかな店内
お店の外観
きらびやかな店内
これがこの店の特徴でもある『たれカウンター』30種類以上の薬味やオイルは壮観だ たれレシピも書いてあるので、迷ったら参考にできる
これがこの店の特徴でもある『たれカウンター』30種類以上の薬味やオイルは壮観だ
たれレシピも書いてあるので、迷ったら参考にできる

 今日実際にいただいたのは、この冬オススメの新メニューで、女性に大人気の“コラーゲンボール“が入った『豆乳雪見コラーゲンボール鍋』と、定番人気メニューの『灼熱の赤地獄鍋』の2種類。具材にはお肉の3種盛りと野菜盛り合わせをチョイスした。さて、問題なのはつけだれだ。これだけあると何を選んでいいのかかなり迷う。ポン酢は白ゴマ、ゆずコショウ、万能ネギというかなりシンプルなたれにした。これは冒険できなかった小心の表れ……。ゴマだれには多少の冒険心を持って臨んだ結果、XOジャンオイル、ピーナッツペースト、ネギ油というなんともオイリーで“濃い”感じの面子。ここに最後に唐辛子オイルを加えた。なかなかエスニックなたれに仕上がったのではないだろうか。

豆乳雪見コラーゲンボール鍋 灼熱の赤地獄鍋
豆乳雪見コラーゲンボール鍋
灼熱の赤地獄鍋
豆乳雪見コラーゲンボール鍋&灼熱の赤地獄鍋 具材はお得な3種の肉盛りと野菜盛り合わせ “コラーゲンボール” でお肌もツルツル!?
豆乳雪見コラーゲンボール鍋&灼熱の赤地獄鍋 具材はお得な3種の肉盛りと野菜盛り合わせ
“コラーゲンボール” でお肌もツルツル!?
隊員特製のたれ ゴマだれがややオイリー
隊員特製のたれ ゴマだれがややオイリー

 たれを選んでいる間にスープがぐつぐついいはじめた。いい頃合だ。早速しゃぶしゃぶ開始!!まずは『灼熱の赤地獄鍋』から食べてみる。唐辛子が浮かんだかなり赤いスープだ。なんとなくエスニック感がただようこのスープには、ラムからせめてみる。それを特製ゴマだれへ……。うまい!しかし辛い!!!『辛い鍋+辛いたれ』という辛い物好きにはたまらない組み合わせだが、いささかやり過ぎたかもしれない。しかし、豚骨ベースの辛いスープは、辛みだけではなくコクもあり味に深みがある。予想通りラムには合うなという印象だ。続いては牛肉をポン酢につけて食べる。これはゴマだれと比べるとかなりあっさりと食べることができた。こちらの鍋のオススメのしめは中華麺。豚骨スープに中華麺なんて、合わないわけがないのだ!!具材のだしもしみ出したスープで食べる中華麺は最高である。男性に大人気と聞いていたが、食べてみてそれがよく分かった。

 続いては女性に人気の期間限定メニュー『豆乳雪見コラーゲンボール鍋』。こちらは先程の鍋と比べるとあっさりしていて優しい味で、豚肉にかなり合うなという印象。しかし、隊員が作ったオイル系ゴマだれで食べると、せっかくの優しい味が台なしになってしまった……。こちらのしめはご飯を入れておじやを作ってみた。これぞ鍋の醍醐味という感じのオーソドックスなしめは、お腹がいっぱいなのも忘れてぺろりと食べられてしまった。

 店員さんにオススメのたれ(中に何を入れたのか聞くのを忘れてしまったが……)をブレンドしてもらっていたのだが、どちらを食べても濃すぎない感じで絶妙だった。確かに、こうやってたれを変えることができれば飽きずにいくらでも食べられてしまう気がした。

店員さんが作ってくれたたれ これならいくらでも食べれそうだった(隊員のたれは味が濃すぎ……) しめの中華麺がこれまたうまい!!
店員さんが作ってくれたたれ これならいくらでも食べれそう(隊員のたれは味が濃すぎ……)
しめの中華麺がこれまたうまい!!

 また、鍋のオーダーが2人前からというお店が多い中、ひとりずつ違う味を頼めるのは非常に魅力的だ。“少しずつ違う味のものを食べたい”という女性のグループにはぴったりだろう。また、辛い鍋もあるしたれの濃さも自分で調節できるので、男性も満足できるはずだ。

小鍋しゃぶしゃぶDining 鍋選人 渋谷本店
住所:東京都渋谷区宇田川町23-5 ハイマンテン渋谷ビル6F
TEL:03-6804-7707
営業時間:月〜金・祝前日17:00〜24:00、土・日・祝日16:00〜24:00(年中無休)
NEXT
<関連リンク>
今話題の『ガールズ居酒屋』に潜入!!>>
寒いこの時期、あったかスイーツ『たい焼き』はいかが?>>
音楽・TV・映画・ファッションの流行モノはコチラから!>>
 
PAGE: 1 | 2