• ホーム
  • 特集
  • 流行りモノ調査隊 ♯102 『機動戦士ガンダム〜30周年〜』
流行りモノ調査隊 流行りモノ調査隊
#102 今週の急上昇キーワード(更新日:2009/07/21)
機動戦士ガンダム〜30周年〜
PAGE: 1 | 2 | 3
急上昇の理由
 横浜開港150周年、太宰治生誕100周年などアニバーサリーが続く2009年。その中でも大人たち(特に男性)の注目をひときわ集めているのが【機動戦士ガンダム】30周年だろう。芸能人の中にもファンを公言する人は多く、人気トーク番組『アメトーーク!』(テレ朝系)で『ガンダム芸人』という企画も放送されるほど。最近お台場に実物大の立像が登場したりと何かと注目を集めているが、30年経った今でも人々が支持し続けるのはいったいどんな理由からなのだろうか?それを探るべく、調査を開始した。
今回の調査内容
【ガンダム】人気の秘密とは?
ガンダム30年の歩み(TVシリーズ)
実物大ガンダム立像がお台場に登場!!『GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト』
続々登場30周年関連イベント&グッズ
【ガンダム】人気の秘密とは?
 【機動戦士ガンダム】の放映が開始されたのは1979年。それから30年の月日が流れたが、今でも絶大な人気を誇っている。その理由はいったい何なのだろうか?

 大きな要因は“ストーリーが勧善懲悪ではない”点だろう。これは当時としてはかなり斬新な試みだった。“悪”対“善”という単純な対立構図ではなく、それぞれの登場人物はそれぞれに戦う理由があり、それぞれ自分の主義主張を持っている。それは、小学生以下の視聴者にはやや難解なことかもしれないが、反面その複雑さがオトナの視聴者を引きつける理由となったといえる。また、いろいろな考え方のキャラクターがいることで、視聴者は主人公以外にも感情移入がしやすくなるのではないだろうか。

 ガンダムシリーズの魅力のひとつとして、個性的な登場人物が数多く登場する点があると思うが、それもストーリーが単純な勧善懲悪構図の上に立っていないからこそ、ともいえるだろう。

 また、毎回時代にあったストーリーやテーマを盛り込むこんでいることが、12作品30年におよぶTVシリーズを続けながら、いまだに色あせず人気がおとろえない理由ともなっている。

 そのストーリーの斬新さがその後のアニメに大きな影響を与えた【機動戦士ガンダム】。次のページでは、その歴史を簡単に振り返ってみよう。

(C)創通・サンライズ 主人公:アムロ・レイ (C)創通・サンライズ アムロが乗る機体ガンダム
©創通・サンライズ
主人公:アムロ・レイ
©創通・サンライズ
アムロが乗る機体ガンダム

(C)創通・サンライズ ジオンの“赤い彗星”シャア・アズナブル (C)創通・サンライズ 赤い機体がシャア専用ザクだ!!
©創通・サンライズ
ジオンの“赤い彗星”シャア・アズナブル
©創通・サンライズ
赤い機体がシャア専用ザクだ!!
<関連リンク>
等身大立像ガンダムついにライトアップ、古谷徹が「行きま〜す!」と開幕宣言>>
マンガ界の偉大な巨匠『手塚治虫』>>
音楽・TV・映画・ファッションの流行モノはコチラから!>>
  NEXT
PAGE: 1 | 2 | 3