• ホーム
  • 特集
  • 流行りモノ調査隊 ♯87 『話題のネットスター PART4』
流行りモノ調査隊 流行りモノ調査隊
#087 今週の急上昇キーワード(更新日:2009/03/31)
話題のネットスター PART4
PAGE: 1 | 2
急上昇の理由
 この春、ネットで名を上げたミュージシャン達が続々とCDをリリースした。オリコンランキングにランクインする現象も、もはや珍しいものではなくなり、新しい時代の幕開けの予感すら感じさせる。
 今回の流行りモノ調査隊では3月11日に『RAP MUSIC』をリリースした"らっぷびと"と、3月25日に『unformed』リリースした"doriko"に焦点を当ててみた。
今回の調査内容
ネットラップのスター"らっぷびと"
初音ミクバラードの神「doriko」
ネットラップのスター らっぷびと
らっぷびと
3月11日にリリースされたらっぷびと最新作の『RAP MUSIC』
3月11日にリリースされたらっぷびと最新作の『RAP MUSIC
 アニメソング+ラップといえばネットユーザーの誰もがこの人の名を思い浮かべるはずだ。らっぷびとだ。アニメ『さよなら絶望先生』(東京MXテレビ)の主題歌「人として軸がぶれている/大槻ケンヂと絶望少女達」にラップを乗せた、「人として軸がぶれているらっぷ」を2007年9月にニコニコ動画で発表し、一躍大注目を集めた。

  当時は大槻ケンヂ氏に無許可で発表していたのだが、後日大槻ケンヂ氏が快く承諾をし「らっぷびと」のアルバム『RAP BEAT』に収録され、CDとしてリリースされた。

  その後、自らの作品を発表し続ける一方で様々なアーティストの作品にも参加し、着実に力を付けていった"らっぷびと"は3月11日に『RAP MUSIC』をリリースし大きな話題を呼んでいる。我が流行モノ調査隊では"らっぷびと"にインタビューした。
クラブに遊びいくタイプではなかったんです
らっぷびと■もともとどんな音楽活動をしていたのですか?

  もともと風玉という名前でクルーを組んでいまして、ネット上で活動していました。それがきっかけでイベントなどに誘われて、クラブとかにも出るようになりました。そもそも僕はあまりクラブなどに遊びに行くようなタイプではなかったんです。ただ曲は作りたいという思いが沸々とあったので、オリジナル作を投稿している掲示板を見つけ、そこで作品を発表していました。

■アニメソングにラップを乗せるスタイルは、どういった経緯から生まれたのですか?

  最初は遊び半分だったんです。僕はオタクではないのですが(笑)、アニメソングは凄いなと思っていたんです。いわゆる「電波ソング」というものを聴いて「こんなぶっ飛んだ世界があるのか!」とアニメソングの魅力にはまっていきました。個性の強い作品が多く、こういう独特な曲にラップを乗せられたらそれはラップが上手いという証明になるんじゃないかなって。それにアニメの世界観も表現したかったんです。そのころはニコ二コ動画もなかったので2ちゃんねるで活動をしていました。

■ニコニコ動画の魅力は?

  再生数やコメントなど、曲への評価の全てが目に見えるというのは魅力です。コメント機能はみんなが一気に書き込んでいるような感じがして、反響はすぐに返ってくる印象ですね。それに、ニコニコ動画は割りとカオスな感じなので(笑)

■「人として軸がぶれているらっぷ」ではディスられましたが

  2ちゃんねると同じような空気を持つニコニコ動画で、まさかディスられるとは思っていなかったので「こんな事がこの場所で起きるのか!」と思いました。見つけてから一日で即興でアンサーソングを作りました。アップした時はドキドキでしたね。

■一日でですか!! そんなにすぐ出来るものなのですか?

  リリックはいつもスラスラと思い浮かびます。今まで何百曲も作ってきたので。
「無許可ですみませんでしたー!」と大槻ケンヂに土下座
■大槻ケンヂさんとの競演について教えてください。
「人として軸がぶれているらっぷ」が収録されているアルバム『RAP BEAT』
「人として軸がぶれているらっぷ」が収録されているアルバム『RAP BEAT

  インディーズでCDを出すときに、ファンの人が一番喜ぶものとして「人として軸がぶれているらっぷ」はどうしても入れたかったので、正式にカバーさせていただきたいと、お願いしました。その後、「さよなら絶望先生」のスタッフの方から『俗・さよなら絶望先生』のオープニングテーマの「空想ルンバ」でラップを作ってみないかとお誘いがあったんです。この曲は大槻ケンヂと絶望少女達のアルバム『かくれんぼか鬼ごっこよ』のボーナストラックに収録されています。でもこの時点ではまだ大槻さんとは面識はなかったんですけど。

■大槻ケンヂさんとはお会いになった事はあるのですか?

  ええ。今年の2月に大槻ケンヂさんの「のほほん学校」というイベントに出させて頂きまして、そこで初めてお会いしたんです。とりあえず土下座から入りました(笑)、「無許可ですみませんでしたー!」って。そしたら大槻さんが「いやいやそんな…お顔を上げてください」と快く承諾してくださって「その代わり、でかいステージに立ったら僕も呼んでください(笑)」って言葉を頂きました。
<関連リンク>
メジャーシーンでもブレイク、ネットスター・supercellって?
話題のネットスター "absorb"、"OSTER project"
音楽・TV・映画・ファッションの流行モノはコチラから!>>
  NEXT
PAGE: 1 | 2