• ホーム
  • 特集
  • 流行りモノ調査隊 ♯85 『婚活(コンカツ)PART2』
流行りモノ調査隊 流行りモノ調査隊
#085 今週の急上昇キーワード(更新日:2009/03/17)
婚活(コンカツ)PART2
PAGE: 1 | 2
急上昇の理由
 松屋銀座の「福袋」で婚活支援グッズが現れるなど、「婚活」への注目が、昨年よりもさらに高まってきている。今年の春ドラマでもSMAPの中居正広さんが出演するフジテレビの“月9”のテーマは婚活だ。また、NHKでも『コンカツリカツ』というドラマが4月3日よりスタートするなど、注目は今後さらに増していくことが予想される。また、婚活に関連して【草食男子】なる言葉も、メディアをにぎわせている。男女関係の変化が起こりつつある今、婚活について再び調査した。
今回の調査内容
そもそも「婚活」って……!?
草食男子と肉食女子
最新「婚活」コレクション
そもそも「婚活」って……!?
男性も女性も、やっぱり結婚はしたい!?
男性も女性も、やっぱり結婚はしたい!?
  「婚活」という言葉が独り歩きしている感はあるが、そもそも「婚活」というのは何なのだろうか?この言葉が一般的になったきっかけは書籍『「婚活」時代』(山田昌弘・白河桃子著)だといわれている。

  「婚活」とは結婚活動のことで、「就職活動=就活」のように略した言葉である。結婚活動といっても、結婚相談所に入会するとかお見合いパーティーに行くという本格的なものから、合コンや花嫁修業の習い事をする、はたまた縁結びで有名な神社にお参りに行くなど『結婚するために、出会いを求める活動をする』こと全般が含まれる。

 しかし、今なぜ「婚活」が注目されているのだろうか。その原因のひとつとして「【草食男子】の増加」をあげる声がある。この【草食男子】という言葉、最近巷を騒がせているのだが、いったいどんな男性のことなのだろうか?それに関連して登場した【肉食女子】と合わせて、次の項で説明しよう。
草食男子と肉食女子
 【草食男子】という言葉、生み出したのはコラムニストの深澤真紀さんだ。彼女がWEBで連載していた『U35男子マーケティング図鑑』(日経ビジネスオンライン)に2006年に登場し、最近になってにわかに注目されている。

 深澤さんの定義によると【草食男子】とは「恋愛やセックスに「縁がない」わけではないのに「積極的」ではない、「肉」欲に淡々とした男子」のことをさす。具体的には

・女性と添い寝しても何もしない
・男女の間で友情が成立する
・常に冷静で滅多にキレることはない

 そんな男性のことだ。これを見て「うそだろ!?」と思う人もいるかもしれないが、当てはまる男性が増えてきているという。おそらく昔からそういった男性はいたが、最近になって顕在化してきたというのが実際のところであろう。

 さて、そんな【草食男子】との関連で扱われることが多いのが【肉食女子】だ。
 これも深沢さんのコラム『深澤真紀の平成女子図鑑』(日経ビジネスオンラインで現在連載中)に登場していて、狭義では「スポーツをするようにセックスが好きで、セックスをすることにこだわりがなく、“つき合う前にセックスしないなんてあり得ない”」タイプの女性のことだ。

 ただ最近増えているというのは、もっと広義な【肉食女子】であり、いわば「社会的肉食女子」だそうで、コチラは「男性がアプローチしてくるのを待っていても来てくれないので、自分から行く」と定義している。彼女たちが婚活を積極的にしている女性の総称といえるのかもしれない。

深澤真希
編集者・コラムニスト。企画会社タクト・プランニング社長。1967年東京生まれ、早稲田大学卒業。出版社を経て1998年にタクト・プランニング設立。書籍・雑誌・ウェブのプロデュース、若者・女性・食・旅などに関する執筆や講演を行う。著書『平成男子図鑑』(日経BP)では「草食男子」が話題に。ほかに『思わず使ってしまうおバカな日本語』(祥伝社新書)、『くらたまとフカサワのアジアはらへり旅』(理論社)など。NBOでは「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」、「深澤真紀の海外出張役立ちガイド」を連載。 現在は「深澤真紀の平成女子図鑑」、「深澤真紀の社会の“正しい歯車”として生きる!」を連載中。
<関連リンク>
大人気の「料コン」に調査隊が潜入!!>>
だて眼鏡で美人力UP!!結婚相手もそれでゲット!?>>
音楽・TV・映画・ファッションの流行モノはコチラから!>>
  NEXT
PAGE: 1 | 2