流行りモノ調査隊 流行りモノ調査隊
#077 今週の急上昇キーワード(更新日:2009/01/20)
オバマ大統領
PAGE: 1 | 2 | 3
今回の調査内容
オバマ新大統領がわかる7つのキーワード
NYの“オバマ現象”レポート
世界が注目する、日本の“オバマ現象”in 小浜
NYの“オバマ現象”レポート: オバマ現象?それともオバマ便乗?
黒人指導者達の写真が掲げられているハーレム125丁目には、もちろんオバマの顔も
黒人指導者達の写真が掲げられているハーレム125丁目には、もちろんオバマの顔も
約2週間の限定でハーレムやブルックリン、ビレッジの壁に貼られている「WE MADE HISTORY」のポスター
約2週間の限定でハーレムやブルックリン、ビレッジの壁に貼られている「WE MADE HISTORY」のポスター
自慢の「オバマコーナー」に立つピザ屋のオーナー、モハマドさん。20日は店で近所の仲間達と盛大に祝う予定
自慢の「オバマコーナー」に立つピザ屋のオーナー、モハマドさん。20日は店で近所の仲間達と盛大に祝う予定
オバマグッズ販売が大盛況のブルックリンの黒人コミュニティ。
オバマグッズ販売が大盛況のブルックリンの黒人コミュニティ。
雑貨屋のドアには選挙で勝利した時の新聞が貼られていた
雑貨屋のドアには選挙で勝利した時の新聞が貼られていた
ユニオンスクエアのルネさんの露店:Tシャツが観光客に大人気。今やニューヨークみやげは、『I LOVE NY』TシャツじゃなくオバマTシャツ?
ユニオンスクエアのルネさんの露店:Tシャツが観光客に大人気。今やニューヨークみやげは、『I LOVE NY』TシャツじゃなくオバマTシャツ?
ダウンタウンの店のショーウインドーには、ドレスとタキシードにオバマとミシェルの顔写真を貼り付けてダンスする姿が
ダウンタウンの店のショーウインドーには、ドレスとタキシードにオバマとミシェルの顔写真を貼り付けてダンスする姿が
「週末からワシントンDCまで行く予定だよ」「当日は仕事を休んでテレビで就任式を見るよ」「みんなで近所のバーに集まって乾杯だ」。20日のオバマ大統領就任式を目前に控えて盛り上がるアメリカだが、ここニューヨークでも日ごとに祝賀ムードが高まって来ている。

 まずは気になる黒人エリアの盛り上がりはいかに。今や「オバマタウン」と呼ばれているオバマの聖地(?)ハーレム。メインストリートの125丁目沿いの露店は、Tシャツやカレンダー、写真、選挙演説を収録したCDなどのオバマグッズ販売で忙しい。「1月ということもあって、年末からカレンダーがよく出ているね。フレーム入りの写真やポスターを買っていく人も多い。ハーレムでオバマの写真を飾ってないアパートを見つけるのは不可能だよ」とジョークを言う雑貨屋の黒人の店員。

 街は至って平静だが、気のせいか街に立つポリスの数が普段より増えている。ちなみにハーレムでは20日の就任式には路上に大きなTVモニターを持ち出し、みんなで就任式を見るそうだ。この日はハーレム中が歌と踊りと歓声で大騒ぎになることだろう。

 ブルックリンの大きな黒人コミュニティエリアのひとつクラウンハイツに出向くと、ここもオバマ一色という感じ。ヘアサロンやベーカリー、食料品店、雑貨屋などのショーウインドーにはオバマの写真や新聞の切り抜きが貼られていて、まるで地元が生んだ大スターのポスターを飾る日本の商店街のようだ。

 このエリアで20年間ピザ屋を営んでいるモハマド・サブーグさんに話を聞いた。彼は、店の一角にオバマの写真やカレンダーを貼った『オバマコーナー』を設けているほど熱心なファン。「オバマがプレジデントになって本当にうれしいよ。この8年間は最悪だったからね。すぐにこの国がチェンジするなんて誰も思っていないけど、みんながオバマに何かを期待しているのは確か」と声を弾ませる。「彼の圧倒的勝利には肌の色なんて関係ない。あの秀でた人間性で選ばれたんだよ。誠実で、冷静で、信頼できる人間だからこんなに人気があるんだ」と力説していた。

 就任式の日には近所の人達がここに集まり、店内のテレビで就任式を見て乾杯するそうだ。当日の客にはオバマカレンダーと演説のCDをプレゼント。ソフトドリンクも無料で提供すると大張り切りのモハマドさん。「この歴史的な記念すべき日の喜びをみんなでシェアするのさ!」。余談ですが、日本には小浜市という同じ名前のシティがあって、オバマを勝手に応援する会があると話したら、「日本人はクレイジー!でもそのノリはうれしいね!」と大ウケでした。

 ところで盛り上がっているのは黒人エリアだけじゃない。グリーンマーケットで賑わうユニオンスクエアでは、路上にはオバマTシャツやバッチ、フレーム入り写真などを売る露店が何件か出ている。

 ここで毎日オバマTシャツを売っているルネさんは、「とにかくオバマ人気はすごい。ボクは選挙のかなり前からここに店を出しているけど、選挙前後に関わらずよく売れているよ。ニューヨーカーだけでなく世界中の人が買っていくんだよ。彼は世界中から期待され、世界中から愛されているんだ」。オーストラリアやニュージーランド、イタリアなどからの観光客が多く、ひとりで15枚とかおみやげ用に買って行く人もいて、一日で200枚も売れる日もあるそうだ。

 ニューヨークの玄関口グランドセントラル駅周辺でも、「オーバマ!オバマオバマオバマ!」と独特のリズムを付けて露店でバッチやTシャツを売る黒人の姿がちらほら。ここでも観光客が立ち止まって物色している姿が目に付く。選挙で勝利した頃より露店の数は減っているが、客足はひいていないようだ。

 他にも、ニューヨーク大学近くの白人オーナーの経営するブティックでは、オバマ就任を祝い「セレブレーションセール」と銘打って半額セールを実施中。ミッドタウンのビーズ屋さんのショーウインドーには、ラインストーンで作ったオバマの顔が。自分でTシャツなどにアイロンで貼り付けられるキットで、ロングセラーでよく売れている。またチベットの雑貨屋さんのショーウインドーには、オバマとダライラマのツーショットの写真が貼られ、人種を越えたオバマの人気が伺われる。

 オバマの大統領就任を純粋に喜んで熱くなっている人たちや、商魂たくましくオバマ人気に便乗する人達が混じり合い、普段はクールなニューヨークの街もオバマですっかり盛り上がっているようです。
ラインストーン製のオバマフェイス オバマとダライ・ラマの写真
ラインストーン製のオバマフェイス
オバマとダライ・ラマの写真

(レポート:木元裕子/マンハッタン在住)
<関連リンク>
オバマ大統領就任で日本の『婚活』は変わるか>>
アメリカからスゴイ乗り物がやってきた>>
音楽・TV・映画・ファッションの流行モノはコチラから!>>
BACK NEXT
PAGE: 1 | 2 | 3