• ホーム
  • 特集
  • 流行りモノ調査隊 ♯72 『カラオケJOYSOUND Wii』
流行りモノ調査隊 流行りモノ調査隊
#072 今週の急上昇キーワード(更新日:2008/12/09)
カラオケJOYSOUND Wii
PAGE: 1 | 2 | 3
急上昇の理由
 任天堂の家庭用ゲーム機『Wii』で、本格的なカラオケが楽しめる!12月18日(木)、ハドソンからWii用ソフト「カラオケJOYSOUND Wii」が新発売。『Wii』をインターネットにつなげば、1日たった300Wiiポイントで、通信カラオケJOYSOUNDの約3万曲以上の楽曲が歌い放題になる。CMキャラクターには最も旬な DAIGOを起用して、話題を集めること必至。家族で、仲間で、一人でも、自宅にいながら歌Wii(うぃー)っしゅ!で、2009年のヒット商品を狙う!?
 ほかにも、タカラトミーが10月に世界最小級の“カラオケBOX” 「Hi−kara(ハイカラ)」を発売し、セガもケータイとつないでカラオケができる「おうちでヒトカラ」を12月12日に発売する。今週は、相次ぐ家庭用カラオケを調査した。
今回の調査内容
自宅がカラオケボックスに!『Wii』用カラオケソフトが発売!
「カラオケJOYSOUND Wii」で歌ってみました
世界最小級の“カラオケBOX” 「Hi−kara(ハイカラ)」
ケータイとつないでカラオケができる「おうちでヒトカラ」
自宅がカラオケボックスに!『Wii』用カラオケソフトが発売!
 ところで、みなさん、『Wii』は持っていますか?

 2006年12月に発売された任天堂家庭用ゲーム機『Wii』。エンターブレインの調査によると、約2年間の推定累計販売台数は702万4239台(集計期間:2006年12月2日〜2008年11月23日)とのこと。

 ちなみに、日本の一般世帯数4822万世帯(2005年国勢調査)で単純に割ってみると、約6.8。つまり7世帯に1台の割合で『Wii』が普及しているという計算もできる。日本で最も世帯数の多い東京都の世帯数(569万世帯)をも上回る数字だ。

 この『Wii』は日経流通新聞(MJ)が毎年発表するヒット商品番付で2007年の横綱に輝き、今年はゲームの世界に“健康”というテーマを導入し、幅広い世代に支持された『Wii Fit』が大関に選ばれた。

 そして、2008年12月。満を持して世に送り出すのが、「カラオケJOYSOUND Wii」。10月に幕張メッセであった『東京ゲームショウ2008』のハドソンブースでお披露目され、話題を集めていたものだ。

カラオケJOYSOUND Wii マイク単体
カラオケJOYSOUND Wii
ハドソン
発売日:2008年12月18日
価格:6,090円(税込)
amazon.co.jpで購入する
マイク単体
ハドソン
発売日:2008年12月18日
価格:2,940円(税込)
amazon.co.jpで購入する

 このソフトがあれば、業務用通信カラオケ『JOYSOUND』を自宅の『Wii』で楽しめる・・・という。ハドソンの広報担当者入澤喬史さんに詳細を聞いた。

――どうやって遊ぶのですか?

入澤さん ソフトには専用USBマイク1本が付属しており、『Wii』本体にマイクを接続。あとは通常の『Wii』タイトル同様、ソフトを選択。画面の案内に従って、選曲するだけです。別売りのマイクを追加すれば、デュエットもできますよ。

  ソフトには予め業務用カラオケで人気の定番曲を中心に、幅広いジャンルの楽曲70曲が搭載されています。こちらは追加料金なしでお楽しみいただけます。

――有料サービスの詳細は?

入澤さん ニンテンドーWi-Fiコネクション有料サービスを通じて、通信カラオケJOYSOUNDから提供される3万曲以上の中から、好きな曲を歌うことができます。しかも、毎月1,000曲更新予定です。楽曲配信の利用には、期限付き歌い放題チケットが必要で、Wiiショッピングチャンネルで購入できます。歌い放題チケットには、次の4種類があります。

・1日券(24時間)=300Wiiポイント
・3日券(72時間)=500Wiiポイント
・30日券=1,000Wiiポイント
・90日券=2,000Wiiポイント
 なんと!カラオケボックスに行くより、ずいぶん安上がりなのでは?「カラオケJOYSOUND Wii」が大ヒットしてしまったら、カラオケボックスの利用者が減ってしまうのでは?カラオケ業界側にとってはどうなの?全国カラオケ事業者協会に聞いてみた。

 「2000年に当時のタカラより個人用カラオケの先駆けともいえる玩具『e-kara』が発売され、累計345万本を販売するメガヒット商品となりました。最近では、ストレス発散や練習のために一人でカラオケを楽しみに行く、“ヒトカラ”という新たな社会現象も起きています。

  家庭でカラオケを楽しめれば、年齢的にカラオケボックスに出入りできない小中学生にもカラオケの楽しさを知ってもらえるし、自宅などで練習して自信がつけば、誰かに披露したくなるもので、仲間とカラオケボックスに行く機会も増えるのではないかと。カラオケ業界全体の活性化にもつながると期待しています」


  日本で生まれ、海外でも“KARAOKE”という言葉のまま、ブームを起こすまでの文化に成長した「カラオケ」。『Wii』で気軽にカラオケを楽しむスタイルは、カラオケの新たな歴史を切り開くことになるかもしれない。

  これは、一度やってみないと・・・。そこで、流行りモノ調査隊では、“取材”という大義名分のもと、関係各社の協力を得て、発売および配信サービス開始前に「カラオケJOYSOUND Wii」をやってみることに。
<関連リンク>
今年一番カラオケで歌われた曲はGReeeeNのあの曲>>
音楽・TV・映画・ファッションの流行モノはコチラから!>>
  NEXT
PAGE: 1 | 2 | 3