• ホーム
  • 特集
  • 流行りモノ調査隊 ♯45 『さいたまシティカップ2008 delivered by DHL』
流行りモノ調査隊 流行りモノ調査隊
#045 今週の急上昇キーワード(更新日:2008/06/03)
さいたまシティカップ2008 delivered by DHL
PAGE: 1 | 2
急上昇の理由
 世界の強豪クラブチームをさいたま市に招き、全国的・世界的に注目される国際試合を定期的に行っている『さいたまシティカップ』。第6回となる今年は7月31日(水)、埼玉スタジアム2002で開催。ドイツからFCバイエルン・ミュンヘンが来日し、浦和レッズと対戦する。埼玉サッカー発祥100周年を迎える記念開催ということもあり、例年以上に注目されている。
今回の調査内容
「さいたまシティカップ2008 delivered by DHL」とは?
FCバイエルン・ミュンヘンはヨーロッパ連合軍!?
バイエルンの強さの秘密はプレミアム・ウォーターにある!?
レッズVSバイエルン、ビューボックスシートにご招待!
「さいたまシティカップ2008 delivered by DHL」とは?
 「さいたまシティカップ」は、埼玉県さいたま市がイメージアップと「サッカーのまちづくり」の推進、埼玉スタジアム2002の有効活用を目的に開催している国際親善試合。世界の強豪クラブチームを招いて、さいたま市をホームタウンとする浦和レッズと対戦している。毎回ビッグな顔合わせが実現し、大いに話題を呼んでいる。


 第6回となる今年の対戦カードは、浦和レッズ VS FCバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)。人気選手をそろえる両チームの対戦は盛り上がること必至だ。

【試合概要】
さいたまシティカップ2008 delivered by DHL 〜埼玉サッカー100周年記念〜
浦和レッズ VS FCバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
開催日時:2008年7月31日(木)19:30キックオフ(予定)
会場:埼玉スタジアム2002
チケット:2008年6月1日(日)より一般発売開始

さいたまシティカップ2008 delivered by DHL ビューボックスシート観戦チケットが当たる!キャンペーンの詳細はこちら QRコード


【クラブデータ】
FCバイエルン・ミュンヘン FCバイエルン・ミュンヘン
創立:1900年
所在地:ドイツ/ミュンヘン
リーグ優勝:20回(今季・4月14日現在1位)
ドイツカップ優勝:13回(今季・4月19日の決勝進出)
チームカラー:赤/白
ホームスタジアム:アリアンツ・アレーナ

【過去の対戦結果】
2003 浦和レッズVSフェイエノールト(オランダ) 2-2
2004 浦和レッズVSインテル・ミラノ(イタリア) 1-0
2005 浦和レッズVS FCバルセロナ(スペイン) 0-3
2006 浦和レッズVSバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)1-0
2007 浦和レッズVSマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)2-2(引き分け)
FCバイエルン・ミュンヘンはヨーロッパ連合軍!?
岩本義弘さん
岩本義弘さん
サッカー専門誌『ワールドサッカーキング』、Jリーグ専門誌『Jリーグサッカーキング』などの編集を務める。また、スカパー!では99年よりセリエA中継の解説も担当。
photo:Tomoko HANAI
「さいたまシティカップ」に2年ぶり2度目の参戦となるFCバイエルン・ミュンヘン。前回2006年は、浦和レッズが試合終了間際にゴールを決めて、1-0と勝利した。今年も熱戦が繰り広げられること必至。「さいたまシティカップ2008 delivered by DHL」の見どころをサッカー専門誌『ワールドサッカーキング』編集長の岩本義弘氏に聞いた。

――FCバイエルン・ミュンヘンは、どのようなチームなんですか?

 FCバイエルン・ミュンヘンは、人気・実力ともブンデスリーガ(ドイツのサッカーリーグ)のトップクラスにあるビッグクラブです。

 2006年ドイツW杯で開幕ゴールを決めたフィリップ・ラーム、クローゼ、ポドルスキー、シュヴァインシュタイガーなどのドイツ代表はもちろん、2007-08シーズンからイタリア代表フォワードのトーニ、ジダンの後継者といわれるフランス代表リベリーも在籍して、いうなればヨーロッパ連合軍といったところでしょうか。

――サッカー・スタイルの特徴は?

 バイエルンはドイツ代表を多数擁するクラブチームなので、ドイツ代表と同じように堅い守備から粘り強い勝負強さを発揮する一面もあるのですが、最近は、ドイツ以外の国の代表クラスが集まっていることもあって、守備力よりも攻撃力が魅力のチームなんです。

――ズバリ、勝敗の予想は?

 レッズはシーズン中ですが、バイエルンは新シーズン前の段階。ここはやっぱり、ホームのレッズが勝ってしかるべきでしょう。しかし、バイエルンは侮れません。前回の雪辱を懸けた一戦として、主要メンバーが勢揃いする可能性は大です。

 日本で行う親善試合というと、主力選手のいない1軍半みたいなメンバーで戦うことも少なくありませんが、バイエルンは律儀なクラブなので、前回の2006年も主力選手がそろって来日しています。今回も新加入選手を含め、主要な選手のプレーを見ることができるのではないでしょうか。すでにドイツ代表のミッドフィルダー、ティム・ボロウスキ(今シーズンまでブレーメンに所属)の加入が決まっていて、そのお披露目試合になるかもしれません。

 また、バイエルンの監督には、2008/2009シーズンからドイツ代表のフォワードとして活躍し、2006年W杯ではドイツ代表監督も務めたクリンスマンが就任することも決まっています。新監督の采配にも注目です。
<関連リンク>
水のパワーできれいになりたい>>
水のパワーでリフレッシュするなら>>
音楽・TV・映画・ファッションの流行モノはコチラから!>>
  NEXT
PAGE: 1 | 2