• ホーム
  • 音楽
  • AKB48『卒業間近!エース・大島優子が“心境”明かす新曲に迫る』

AKB48『卒業間近!エース・大島優子が“心境”明かす新曲に迫る』

エース・大島優子のラストシングル「前しか向かねえ」は、いかにも彼女らしいロックな卒業ソング。秋元康が大島の相談を受けて書いたという歌詞には、卒業を間近に控えた大島の気持ちが現れている。今回は選抜メンバーから、大島、指原莉乃、島崎遥香、小嶋真子の4人に新曲について話しを聞いた。

歌詞はそのままの優子ちゃんをあらわしてる(指原)

――新曲「前しか向かねえ」は、大島さんにとってラストシングルですね。どんな曲ですか?
大島優子新しい生活や世界に進むのって怖いじゃないですか。でも、前だけ向いて進むから“背中を押してくれ!”って訴えかけるような魂ソングです!
指原莉乃優子ちゃんそのままの歌詞だなって、最初に読んだ時に思いました。
小嶋真子私は普段はアイドルっぽい曲が多くて、カッコイイ曲はまだ苦手なんですが、明るい曲だったので安心しました。ノリノリの曲調ですごく楽しいです。

――小嶋さんは初選抜ですよね?
小嶋はい。よくファンの方から「次は選抜入りできたらいいね」って声をかけていただいていたのですが、私はまだまだだと思っていて。(選抜入りが)決まったと聞いた時は「まさか」と思いました。今までは、西野未姫ちゃんと岡田奈々ちゃんとで3人一緒のことが多かったんですが、ひとりだったので不安もありました。でも、みいちゃん(峯岸みなみ)がいてくれたので心強かったです。
大島チーム4からは、小嶋真子ちゃんと峯岸みなみの2人での参加ですから。これからAKB48を担っていく世代と、私たちとの“パイプ役”になってくれれば嬉しいなって思います。

――今回の振付けのポイントは?
大島私はスタンドマイクを振り回します! ですが、軽くて安全なのでご安心ください(笑)
指原そしてこの曲は、みんなで楽しく踊れるところもポイントです。拳を突き上げたり、手を上下に動かしたり、簡単な振付けが多いので、一緒に踊ってほしいです。
島崎遥香あと、みんなで肩を組むところとか?
大島そう! そこも楽しいよね。ライブでは友だちはもちろん、知り合い同士じゃなくても一緒に肩を組んでみんなで一緒に歌えれば嬉しいなって思います。
小嶋私は青春を全面に出して踊っています。この曲が今後の卒業ソングの定番になればいいなと思います。

初披露の時、気合いの入れすぎでマイクが飛んだ(笑)(大島)

――初披露はいつだったんですか?
大島最初にファンの方々の前で披露させて頂いたのは『リクエストアワーセットリストベスト200』の2日目だったんですが、そこでスタンドマイクを振り回しすぎて、マイクが吹き飛んでいってしまいまして(笑)。その後、スタッフさんが拾ってきてくださったんですが、マイクがへこんでしまっていました……。
指原そう! マイクが飛んでいったよね(笑)。お客さんの方に飛んでいってびっくりしました。
島崎ミュージックビデオ(MV)撮影の思い出としては、私の足に虫がくっついてきた時のことが印象的で。大島さんに「早く取って!!」って泣きながら叫んでしまいました。

――歌詞のフレーズで好きな箇所は?
大島やっぱり、冒頭の<前しか向かねえ 横を向いたら 涙に気づかれるから>というところでしょうか。自分の気持ちそのものだと思います。そもそも、この歌詞を秋元(康)先生が書いてくださったのも、私の気持ちを相談したことが発端でもあるんです。私が気持ちを伝えて、「それなら」と秋元先生が書いてくださったところもあるので、歌詞は全般的に今の私の気持ちが現れていると思います。

――最後にメッセージをお願いします!
指原この曲の特徴は、やっぱり優子ちゃんのロックさです! ぜひそこに注目して聴いてほしいです。
小嶋ロックな卒業ソングは今までになかったかなと思います。そんなに振りも難しくないので、ライブではファンのみなさんと一緒に踊ってみたいです。
大島ライブっぽいノリが特徴的な歌なので、ぜひ一緒にシャウトしてほしいです! 一緒に盛り上がりましょう!

関連リンク

【フォトギャラリー】マイク捌きが印象的★MVカット
【AKB48大組閣祭り】フォトギャラリー
【AKB48大組閣祭り】新チーム編成一覧
リクエストアワーセットリストベスト200 2014 特集
AKB48グループ★2013年 総決算
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!