• ホーム
  • 音楽
  • AKB48『“次の足跡”を残せるか? たかみならが2014年の目標を語る』

AKB48『“次の足跡”を残せるか? たかみならが2014年の目標を語る』

AKB48が3枚目のオリジナルアルバム『次の足跡』を1月22日に発売した。前作『1830m』から約1年半。本作には、憧れの東京ドーム公演の実現とともに前田敦子が卒業し、“第2章”を迎えてからの濃密な時間が刻まれている。今なお激動する彼女たちは、果たして“次の足跡”を残せるのか? 高橋みなみ、大島優子、横山由依、島崎遥香に話しを聞いた。

普段はあまりない“意外な一面”も見せるニューアルバム

――今回のアルバムの特徴を教えていただけますか?
高橋みなみ新曲がとても多いんです。それぞれイレギュラーなユニットを組ませていただいていて、チームの垣根を越えて、今までにない組み合わせでの楽曲というのもあります。
横山由依グループの垣根も越えてますよね。
高橋そうなんです。グループも越えて、ユニットを組んでいます。私はもっちー(倉持明日香)とか、いろんなメンバーと組んでるカッコいい系のユニットです。セクシーさやダークさとかもあったりします。
横山そうそう。あとチームごとの新曲もあるんです。普段はなかなか出さなかった側面もあります。
島崎遥香私の参加しているユニット曲は全員グループが違います。HKTの指原(莉乃)さんと、SKEの(木崎)ゆりあと、NMBの矢倉(楓子)さんと。かわいい曲でした。「僕のYELL」(16thシングル「ポニーテールとシュシュ」のカップリング)のような感じです
大島優子私はみぃちゃん(峯岸みなみ)とSKEの古川(愛李)さんとか。ダンスができるメンバーも多いかな。曲は大人っぽい感じです。

――「恋するフォーチュンクッキー」などのシングル7曲のほか、カップリングなど今までの曲も多数収録されていますね。
大島私は「LOVE修行」が大好きです! 参加していないんですけど、歌いたかったな! ダンスも可愛らしくて、本当に大好きです。
高橋「夢の河」もいいですね。
島崎いいですよね。
高橋やっぱり初めての東京ドームを思い出します。ひとつの区切りでもあったような、そこから第2章が始まったような曲です。
横山「君のために僕は…」もいい曲なんです。歌詞がとても深くて。
島崎私はやっぱり「永遠プレッシャー」かな? でも私も「夢の河」が大好きです。

――それぞれ、お気に入りがあるんですね。話しは変わりますが、改めて2013年を振り返るとどんな思い出がありますか?
高橋いろんなことがありました。とても濃い1年でした。
横山私は(NMB48チームNとの)兼任があったり兼任が終わったり、そしてチームAのキャプテン就任と、とてもいろんなことがありました。
大島「さよならクロール」のミュージックビデオ(MV)撮影も楽しかったです。
島崎楽しかったですよね! いろんなところに行ったり、美味しいものを食べさせていただいたり。アイスも美味しかったです!
高橋蜷川実花さんに撮っていただいたんですけど、セットもとても可愛くて。とても楽しかったです。
島崎私、置いてかれました(笑)
高橋どういうこと?
島崎ダンスシーンの前の撮影の時に、ホテルで待っていたんですけど、忘れられてしまっていて。慌てて追いかけたら、もうみんなダンスの練習を始めててビックリしました。
高橋あらら。でも楽しかったね、沖縄。また行きたいなぁ。

AKB48がどうあるべきか、が問われる1年

――ほかには何かありますか?
高橋やっぱり5大ドームツアーでしょうか。期間も長かったですし(2013年7月20日〜8月25日に渡り全11公演を開催)、その場所ごとにセットリストも少しずつ変えていって。見送るメンバーもいて大変だったんですけど、とても印象に残りました。マリコ様(篠田麻里子)に、秋元才加、板野友美の卒業は本当に大きかったです。
大島初日の福岡と最終日の東京を見比べたら、私やせてました(笑)。
高橋それだけ期間も長かったということだよね。最後に近づくにつれて、どんどん完成されていく。慣れるよりもセットを使いこなしていくという、演出の部分がとても勉強になりました。
横山ドームツアーの時、ずっとぱるる(島崎)と一緒の部屋だったんです。福岡で私がチームAのキャプテンに指名をいただいた時に、その日は気づかなかったんですが、ぱるるが私の枕元に手紙を置いてくれていたんです。「キャプテン大変だと思うけど頑張ってね」って。ぱるるは、手紙とかメールで気持ちを伝えてくれる可愛らしさがあるんです。
島崎そう。でも夜に気づいてもらえなくて、朝「手紙見た?」って聞いたら、何のこと? って(笑)
横山気づかなかったんです(笑)

――そして、いよいよ2014年を迎えましたが、今年の目標は?
大島国立競技場でライブ(3月29日、30日に開催)をさせていただくということは、とても大きいと思います。果たして今のAKB48でできるのか、という大きなチャレンジですね。
高橋各グループが最近確立してきているなと思います。そのなかで、AKB48がどうあるべきか。それが問われる1年だと思います。できそうなことは越えて行く。それが今のAKB48なんだと思います。国立競技場もできるのかな? と思うところがチャレンジなんだと思います。特に2Daysのうち単独公演も1日ありますから、それがどうなるのか、不安もありますし楽しみもあります。AKB48の底力を見せていきたいと思います。
横山先輩たちが卒業していくなかで、後輩の立場ではいられないなと思います。良い人材もどんどん揃ってきていると思います。先輩たちから受け継がれてきたものを受け継いでもらえるような伝達係になっていきたいと思います。
島崎全国ツアーをたくさん回りたいです。まだ行っていないところにたくさん行って、待ってくださっている方々にお会いしたいです。それに、いろんな人に興味を持ってみたいなと思います。いろんなジャンルの方々のことを勉強していって、自分の知らない世界を見てみたいなと思います。3月30日の国立競技場公演2日目には、20歳にもなりますし!

前作アルバム『1830m』からの1年半の主な出来事

■2012年
8月15日  2ndオリジナルアルバム『1830m』を発売
8月24日〜26日  兼ねてからの夢の舞台・東京ドームでコンサートを開催 →翌27日にエース・前田敦子が卒業。
8月29日  シングル「ギンガムチェック」を発売 →『第4回総選挙』で首位に返り咲いた大島優子がセンター。
9月18日  『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』で島崎遥香が優勝
10月31日  シングル「UZA」を発売 →大島優子と松井珠理奈によるWセンター。
11月1日  AKB48が新チーム体制に移行する
12月5日  シングル「永遠プレッシャー」を発売 →第3回じゃんけん女王・島崎遥香が初センター。
12月30日  『第54回日本レコード大賞』で「真夏のSounds good !」が大賞を受賞 →2年連続で大賞を受賞。
12月31日  『第63回NHK紅白歌合戦』に出場

■2013年
2月20日  シングル「So long !」を発売 →渡辺麻友が初センター。10作連続で“初週ミリオン”を達成。
4月25日〜28日  『AKB48グループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜』を日本武道館にて開催
5月3日  2期生の河西智美が卒業
5月22日  シングル「さよならクロール」を発売 →板野友美、大島優子、渡辺麻友、島崎遥香がセンターを務める。
6月5日  日本武道館で『AKB48グループ研究生コンサート「推しメン早い者勝ち」』を開催
6月8日  日産スタジアムにて、『AKB48スーパーフェスティバル 〜日産スタジアム、小っちぇっ! 小っちゃくないし!!〜』を開催 →第2部の『第5回選抜総選挙』開票イベントで、指原莉乃が初の1位に輝く。

7月20日〜8月25日  女性グループとして史上初となる5大ドームツアー『AKB48 2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜』を開催
7月22日  第1.5期生、篠田麻里子が卒業
8月27日  1期生の板野友美が卒業
8月28日  2期生の秋元才加が卒業
8月21日  シングル「恋するフォーチュンクッキー」を発売 →指原莉乃が初センター。
9月18日  『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』で松井珠理奈が優勝
10月30日  シングル「ハート・エレキ」を発売 →小嶋陽菜が初センター。
11月10日  『AKB48グループ ドラフト会議』を開催 →候補者29人中20人が指名を受ける。

12月11日  シングル「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」を発売 →第4回じゃんけん女王・松井珠理奈が初センター。
12月31日  『第64回NHK紅白歌合戦』に出場 →エース・大島優子が卒業を発表する。

■2014年
1月22日  3rdオリジナルアルバム『次の足跡』を発売。



関連リンク

【一覧】前アルバム『1830m』から1年半の主な出来事
AKB48グループ関連フォト一覧
2013年★AKB総決算
2014年のAKB48グループ新成人を写真で紹介
プロフィール/CD売上ランキング
公式サイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!