加地倫三『今度は何を企もうか…』

『ロンハー』『アメトーーク!』の総合演出としてお馴染みのテレビ朝日・加地倫三ゼネラルプロデューサー。現在のバラエティ界を背負って立つ存在である氏が演出を手掛ける、予測不可能な特番『一夜限り!! バラエティ司会者芸人 夢の共演スペシャル!!』が放送される。ORICON STYLEでは加地を直撃、前代未聞のバラエティ特番の全容、さらにバラエティ番組の行く末についても語ってくれた!!

テレ朝らしい企画ってなんだろう?って考えたら…

  • “夢の共演”を演出するテレビ朝日加地倫三ゼネラルプロデューサー

    “夢の共演”を演出するテレビ朝日加地倫三ゼネラルプロデューサー

  • 豪華共演を果たした9組の“司会者芸人”たち

    豪華共演を果たした9組の“司会者芸人”たち

――テレビ朝日開局55周年イヤーに加地さんが大型番組を“企んで”いるという話を聞いてインタビューしに来ました!
【加地倫三プロデューサー】いやいや(笑)。まぁちょっと面白いことやりたいなと思いまして。

――爆笑問題、さまぁ〜ず、雨上がり決死隊、ネプチューン、ロンドンブーツ1号2号ら主に司会として活躍する総勢9組が“ひな壇”でトークを展開するとんでもない企画ですが、そもそもどのような経緯で決まったんですか?
加地最初は55周年記念特番の編成担当から「何かバラエティの企画ないですかね?」という相談が来まして。別の企画を色々聞いても、なんかテレビ朝日らしくないなって思っていたんです。フジテレビさんや日テレさんと同じようなことをしても二番煎じにしかならないから、テレ朝はテレ朝らしく行こうよって話をしまして…。

――で、加地さんが考える“テレ朝らしい”企画を提示したと。
加地そうですね。例として、テレ朝って大御所というよりは中堅芸人さんが多く司会をやっていて、今やその方たちも売れっ子になった。そういう人たちを集めて番組にするとかねって話をしていたら通ってしまいまして(笑)。

――軽く言った一言が現実になったと(笑)。
加地テレビ朝日らしさっていうことで最初に頭に浮かんだのがこの企画だったんです。社内で55周年記念の企画公募というのがありまして、バラエティ部門ではこの企画が採用されることになりました。

――2月1日という、まさにテレビ朝日の開局記念日に放送されるということからも、局からの期待感も並々ならないですよね。
加地ぶっちゃけ偶然です(笑)。色々な司会の方が出るので、裏番組との被りが一番少ないのが土曜日だったというだけでして。(開局記念日だったことは)後で気づいて、逆にそんな日にやる!?って。

――アハハハハ! 余計なプレッシャーを与えないでくれと(笑)。でも、人気番組が集まっての“春の祭典SP”的な番組とは異なり、主にMCとして活躍されている芸人さんを一堂に会してフリートークする番組なんて今まで無かったですよね。調整も大変そうですし。
加地そうですね。8ヵ月くらい前から色々な調整をしてきて、出演して頂く芸人さんたちも皆さん快諾して下さったので、調整はそこまで大変ではなかったんです。やはり問題は収録当日の方ですね……。

――どんな収録になるのか見当もつかない(笑)。
加地そうなんですよ。ただ、今、各芸人さんと打ち合わせを重ねているんですけど、楽しいですねぇ(しみじみ)。

名倉くんと淳が絡んだり、有吉とタカトシが絡んだり…単純に僕が見たい

――『ロンハー』や『アメトーーク!』でもお馴染みの芸人さんも出演しますが、普段、馴染のない芸人さんもいらっしゃいますよね?
加地爆笑問題さんとはガッチリお仕事するのは初めてです。打ち合わせも最初はちょっと緊張しましたね(笑)。

――加地さんが演出する爆笑問題というのは凄く興味がありますね。
加地自分でも凄く楽しみなんです。ただ、やってみないと分からないですね。これだけのメンツだと、凄いハチャメチャな感じになってお祭り騒ぎになるのか? でも、皆さんそれなりのポジションなので、落ち着いた感じになるのか? 僕としてはちょうど良いバランスにはしたいなとは思っています。

――“バランス”というのは特にこの番組では重要になりそうですね。
加地そうですね。やっぱり特定のグループだけが美味しくなって、別のグループが目立たなかったという事だけはしたくないので、均等に場を与えなければとは思っています。

――この番組は総合司会を立てないで全員が並列に並んで進行するんですよね。
加地はい。司会は立てません。進行として竹内(由恵)アナウンサーはいるんですけど、全て横並びですね。第一部ではテレビ朝日のバラエティ番組の歴史の中から秘蔵映像を公開するんですけど、出演者には横並びでトークをしてもらいます。2部は各コーナーによって司会進行を変えながら、その他の芸人さんはひな壇に座ってもらうという画になります。例えば太田光さんと別のグループの人が司会をしたりとか。

――あ、そこもグループ固定ではなく出演者間でシャッフルするんですか。
加地コーナーによってはシャッフルすることもあります。あと、コーナーごとに席替えもします。せっかくの機会なので、極力偏りを避けたいので。

――なるほど。均等に美味しい場をということですね(笑)。
加地これだけの面子が集結するので、その持ち場持ち場で雨上がりだけが喋る、ジュニアだけが喋るという形にしたくなかったんです。やっぱり色々な絡みが見たいじゃないですか? 名倉くんと淳が絡んだり、有吉とタカトシが絡んだり(笑)。

――確かにあまり観たことのない絡みですね。
加地単純に、僕が観たい。もう二度とないと思うので、とにかく色々な組み合わせをやりたいですね。

――これはでも…楽しみではありますけど……。
加地ちょっと怖いですよね(笑)。

――当然、色々な組み合わせにシャッフルするということは収録現場で様々な化学反応を望んでいるワケですよね?
加地ですから、“場”で生まれるような振りをあまりにも番組側でキメキメで作ってしまうと、この方々の良さが出ないと思うんですよ。制作サイドとしてはポイントポイントでネタ振りをする程度で抑えようと。で、そこから先のオチの部分は演者間で作ってももらうと。でも、やっぱりそのバランスが……。

――難しいんですか?(笑)。
加地僕も誰がどんな表情を見せてくれるのか、誰がどんな爆発力を見せてくれるのかっていうのは凄く楽しみでもあるし、普段一緒に仕事をしている雨上がりやロンブーなんかも、また別の表情を見せてくれるだろうし、逆に見せてくれないと困るというか(笑)。

⇒ 次のページへ 【“本音の芸人観”を引き出したい】



『超豪華! 一夜限り!! バラエティ司会者芸人 夢の共演スペシャル!!』


 テレビ朝日の人気バラティ番組のMCたちが一堂に会し、トークバトルを展開!! 爆問&ロンブー、ネプチューン&タカトシなど、これまで共演の少なかった芸人同士が禁断の対面。文字通り一夜限りの“夢の共演”は予測不能な展開に!? さらに55年間におよぶテレビ朝日のバラエティ番組の歴史の中から選りすぐった名シーンも一挙公開!!

出演者
よる6:56〜第一部:爆笑問題・ココリコ・ロンドンブーツ1号2号・有吉弘行
よる8:54〜第二部:爆笑問題・さまぁ〜ず・雨上がり決死隊・ネプチューン・千原ジュニア・ココリコ・
ロンドンブーツ1号2号・有吉弘行・タカアンドトシ

◆番組公式 サイト

関連リンク

INTERVIEW1人気MC集結で“ひな壇”トーク!?
INTERVIEW2“本音の芸人観”を引き出したい
INTERVIEW3淳の結婚企画“衝撃”舞台裏
INTERVIEW414年はバラエティ界に地殻変動が!
テレビ朝日公式サイト
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!