• ホーム
  • 芸能
  • 川島淳『テレ朝が進める音楽ライブと放送の“リアルな融合”』

川島淳『テレ朝が進める音楽ライブと放送の“リアルな融合”』

昨年11月、新たなエンタテインメント空間『EX THEATER』を誕生させたテレビ朝日。“こけら落とし”ではB'zがライブを行い、現在も気鋭のアーティストが連日ライブを開催。音楽ライブと放送の、真の意味での融合を目的として誕生した同劇場だが、そこにはテレビ朝日による“次なる一手”が見え隠れする。同社・編成制作局に勤め、同劇場に企画段階から携わる川島淳氏にインタビューを敢行、細部まで拘りぬいた同劇場への想い、更には全く新しい展開を予感させる“テレビの未来”についても語ってくれた。

放送と融合できる劇場を作ることはテレビ朝日の悲願だった

――御社のCS放送がスタートし10年以上経過していますが、視聴者から見ても多チャンネル化やネットとの融合など、急速に放送形態に変化が起きていますが、テレビマンとしてはどのように捉えていますか?
川島淳テレビに身を置く人間としても早すぎなんじゃないかな?という思いはあります。私は1996年に入社したのですが、当時は現在のように個人PCもなかったし、メールを送るのも一苦労のような時代でした。今はテレビで紹介した情報がネットを調べればすぐに出てきて、見たいもの知りたい情報は今すぐ欲しいという時代ですよね。我々にとっては、今、視聴者の皆様が観たいテレビ・番組というものを、より念頭に置かなければならない時代と言えます。

――細分化されたニーズというものは、作り手側にとっては難しいと感じるものなんでしょうか?
川島むしろ多チャンネル化という流れは我々テレビマンにとっては凄くチャンスだと思うんです。地上波のパイは24時間しかなくて、これまでは凄くいいソフトがたくさんあっても、出せるのが限られていたんです。

――本当に良いものでも捨てなければならないということが沢山あった。
川島そうなんです。でも、まぐろの中落ちと一緒で、そこが一番美味しいのに!!という思いが常にありまして(笑)。ですから、現在のような多チャンネル化によってその部分をお見せできるのは凄く幸せですね。

――昨年の11月にテレビ朝日の常設ステージとして『EXシアター六本木』がオープンしました。この劇場は“放送と融合できる劇場”として、オープン前から注目を集めていましたね。
川島テレビ局にとって継続的にソフトを供給するということが一番大事で難しいことなんだと思いますが、良質なソフトを供給するための新しい情報発信基地として、EXシアター六本木が建設されました。もともとテレビ朝日は『ミュージックステーション』を筆頭に長年培ってきたノウハウがあり、それを継続的に生かす場があっても良いのではないかという諸先輩の想いが、ちょうど開局55周年イヤーに実現したわけです。放送と融合できる劇場・ライブハウスを作るということは、長年の悲願でもありました。

建設段階からお客様は“5箇所にある”と考えていました

――まずは会場自体の魅力からお聞きしたいのですが、こけら落とし公演がB'zで、その後もほぼ毎日のように様々アーティストの方が出演されていて、正直、豪華過ぎるんじゃないかと思うくらいでして。
川島客観的に見ても、ちょっと箱の大きさからすると凄すぎる感もありますね(笑)。これもミュージックステーションやドリームフェスティバルや様々なフェスで積み重ね、さらにテレビ朝日ミュージックなど関係各所のお力の賜物だと思います。



――川島さんは設計段階からEXシアターに関わっていますが、その拘りっぷりはシアターに足を運べば一目瞭然というか。
川島はい! まずなんといってもすぐ裏手が住宅街ということもあり、音漏れと振動対策として地下を掘って建設されたことで、これまでその点ではご指摘を頂いておりませんし、また箱の命であるサウンドシステムや照明も「音楽のテレ朝」の経験が存分に注ぎ込まれていて、アーティストの皆さんからも満足の声を頂いているようです。

――近年では、ビッグアーティストがここまでお客さんと近い距離で演奏されることもそうそうないでしょうしね。
川島そうですね。B'zの稲葉さんが、観客の目の前まで手を伸ばして歌われる姿がとても印象的でした。ドームではまずありえませんからね。ですから、こけら落としが終わったときは皆の想いがひとつになった気がして結構感動しちゃいましたね(笑)。

――お客さんも当然満足させて、なおかつ演奏したアーティストも満足させるライブ会場って、簡単なようで実は難しいですよね。
川島そうですね(笑)。今回多目的ホールを作ろうという段階から、各所からその道のプロが集結したプロジェクトが立ち上がりました。「音楽のテレ朝」を代表する、それはそれはすごいメンバーです。そのメンバーで、主なライブ会場はもちろん、大小様々な劇場を見学して、イベンターやアーティスト等、色々な方からアドバイスや要望を頂いて、出来る限り理想の劇場を作るように進めてきました。細かい部分で言いますと、舞台のすぐ横に演者用のトイレが設置されているんです。

――演者専用ですか。それは珍しいですね。
川島アンコールの前にトイレに行きたい! でもわざわざ控室まで戻る時間はなかなかないという声を聞きまして。これはアーティストさんからも凄く好評を頂いてます(笑)。


――アハハハハ! でも、そういった細かい気配りは大切ですよね。
川島そのほかにも、主催者控室に残ったドリンクをさっと捨てられるように洗面台を設けたり、世界初と言われている自発光するLED内臓のミラーボールなど、実用的な面から遊びの面まで、本当にいろいろな仕掛けがあるんです。今風に言えば「おもてなし」だなと。建設段階からお客様は“5箇所にある”と考えていました。観に来てくださったお客様、アーティスト・出演者の方、ブッキングしてくださるイベンターさん、シアターで働くスタッフの皆さん、そして放送を観てくださる視聴者の皆さん……その全て満足できるような会場を作ろうと念頭に置いて皆が力を合わせてきました。

――凄くハードルが高いですね(笑)。
川島そうですね(笑)。現在は5箇所のうち4箇所はそれなりに上手くいっていると思いますので、最後の視聴者の皆さんを満足させる部分を今年は比重を置いて尽力したいなと思っています。


――こだわりって紙一重で時には独りよがりになりがちなものですけど、EXシアターは本当に様々なニーズに応えてるなって思いますね。遊び心も沢山取り入れられていますしね。
川島ありがとうございます! ただ、施工費のこともあり、そこの社内調整はちょっと大変でしたけど(笑)。

⇒ 次のページへ 【横の繋がりで「面白いことしようぜ!」が形に】

テレビ朝日CS放送 テレ朝チャンネル1

 超人気ドラマ「相棒」、「科捜研の女」シリーズや「ももいろクローバーまる裸バラエティ 別冊ももクロChan」「上田ちゃんネル」「黄金伝説セレクション」など大人気バラエティを放送。「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」など名作アニメを厳選してお届けするエンタメチャンネルです!
番組詳細はhttp://www.tv-asahi.co.jp/ch/

これから放送のイチ押し音楽番組!

LOGO
■『テレビ朝日ドリームフェスティバル2013』
2013年9月に東京・国立代々木第一体育館で行われた『テレビ朝日ドリームフェスティバル2013』の模様を3日連続で放送!アーティスト写真アーティスト写真 アーティスト写真<ライブ放送アーティスト>※50音順
1月11日(日)よる9時〜11時
(出演)VAMPS EXILE GLAY 加藤ミリヤ GLAY 浜崎あゆみ miwa
1月12日(日)よる9時〜11時
(出演)androp 9mm Parabellum Bullet THE BAWDIES NICO Touches the Walls WHITE ASH
1月13日(月・祝)よる9時〜11時
(出演)いきものがかり 三代目 J Soul Brothers ソナーポケット ナオト・インティライミ 中島美嘉 西野カナ

※リピート放送
■2014年2月14日(金)夜11時〜深夜1時
■2014年2月15日(土)夜11時〜深夜1時
■2014年2月16日(日)夜11時〜深夜1時

番組詳細はhttp://www.tv-asahi.co.jp/ch/dreamfestival/
----------------------------------------------------------------------------------------

アーティスト写真

■『EX THEATER TV』
 Vol.1 『奥田民生LIVE“ひとりギロッポン”』

放送日:2014年2月23日(日)よる10時〜
東京・六本木にできたテレビ朝日が運営する新しいライブハウス「EX THEATER ROPPONGI」。そこで行われる貴重なライブを定期的にお届けする新番組『EX THEATER TV』。記念すべき第1回は「奥田民生LIVE“ひとりギロッポン”」!

----------------------------------------------------------------------------------------
■『SOLD OUT!』
チケット入手困難“SOLD OUT”なLIVE、舞台、トークショーなどを厳選してお届けする、
テレ朝チャンネル1オリジナル番組。
http://www.tv-asahi.co.jp/ch/soldout/

<EX THEATER ROPPONGI 1月公演のオススメ音楽ライブ!>


『GO! LIVE』シリーズ
 新春ライヴシリーズ『GO LIVE VOL.1』2014年1月13日(月・祝)〜から26日(日)まで開催される『EX THEATER OPENING SERIES 2014 NEW YEAR PREMIUM GO LIVE VOL.1』
出演アーティスト・ラインナップはEX THEATERオフィシャルサイトまで!
http://www.ex-theater.com/ex-theater/contents/schedule/list/201401/#d13


1月13日(月・祝)THE BACK HORN / Fear, and Loathing in Las Vegas
1月14日(火)OKAMOTO'S / グッドモーニングアメリカ / The Mirraz
1月16日(木)RHYMESTER / Base Ball Bear
1月17日(金)高橋幸宏(w/ 小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井)
1月18日(土)高田漣(w/ 伊賀航、伊藤大地)
1月19日(日)スキマスイッチ / マイア・ヒラサワ ...and more
1月23日(木)NICO Touches the Walls / クリープハイプ
1月24日(金)SCANDAL / 赤い公園 ...and more
1月25日(土)ORANGE RANGE / POLYSICS / the telephones
1月26日(日)KEYTALK / アルカラ ...and more
オフィシャルサイトはhttp://www.tv-asahi.co.jp/ex-theater/

関連リンク

INTERVIEW1放送と融合できる劇場を作ること
INTERVIEW2「面白いことしようぜ!」が形に
EX THEATER ROPPONGI公式サイト
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!