• ホーム
  • 音楽
  • ゆず×ヒャダイン『『HUNTER×HUNTER』主題歌で再コラボ! 3人の意外(!?)な共通点とは?』

ゆず×ヒャダイン『『HUNTER×HUNTER』主題歌で再コラボ! 3人の意外(!?)な共通点とは?』

ゆずと“ヒャダイン”こと前山田健一。異なるタイプの音楽をやっていて、交わるはずがないと思われた彼らの刺激的なコラボが実現したのは今年1月発売の「REASON」での共作だった。そのコラボから約1年後、『劇場版 HUNTER×HUNTER』主題歌およびテレビアニメのエンディング曲という同じ舞台で再び3人が集結。まるで音楽による冒険の旅の第2章みたいな展開の中、彼らはさらなる進化を遂げた楽曲「表裏一体」を生みだしていった。“表裏一体”、そして“三位一体”。3人の対談から浮かび上がってきたのは“同じ匂い”だった。

やる以上は前作を越えなきゃ意味がない

――「REASON」での共作が最初の出会いとのことですが、声をかけたのは北川さん?
北川悠仁そうです。新たな出会いをすることで、新しいものを作れないかなって思っていた時期に、ヒャダイン(前山田健一)が手がけている、ももいろクローバーZの作品を聴いて、ポップスの既成概念を打ち壊すような展開やメロディや歌詞に衝撃を受けたんですよ。あえてヤツと呼ばせてもらいますけど、どうせやるなら、これくらい振り切ってるヤツとやった方が面白そうだなと思って、声をかけました。

――声をかけられてどう思いましたか?
ヒャダインびっくりしました。音楽的にまったく違うことをやっていたので、「僕に何か御用ですか?」って(笑)。「ゆずの2人の曲を繋いで、でっかいフォーク組曲みたいなものを作りたい」とのことだったので、これは面白そうだなと。で、やり始めたら、「曲も歌詞も一緒に」という話になり、「いいんですか? やります! やります!!」って全面的に参加させていただきました。
岩沢厚治その時点でこの人は断らない人だな、そこが素晴らしいなと思いました(笑)。ヒャダインがすごくノリノリで、逆に「そんなにやってもらっていいんですか?」って(笑)。
ヒャダインだってこんな面白いこと、そうはないじゃないですか(笑)
北川大変な作業ではあったと思うんですが、それよりも好奇心が勝っていたということでしょうね。

――3人で一緒にやってみて、いかがでしたか?
ヒャダイン僕が一番感じたのはゆずさんのメロディの強さ。キャッチーで強くて生命力に満ち満ちている。このメロディならどんなに壊しても生き残ってくれるだろうと思ったので、アレンジも構成もグチャグチャにした。でもメロディちゃん(笑)はしっかりサバイブして(生き残って)くれた。良いものが出来た自負はあったんですが、不安もあったんですよ。ゆずさんファンから「こんなのゆずじゃない!」って言われたらどうしようって(笑)。でもゆずさんファンにもアニメファンにも喜んでもらえて、純粋に音楽の作り手として嬉しかったですね。
岩沢完成した直後はまだこれがどんなものなのか、自分たちでも把握できなかったんですが、ライブで「REASON」をやった時、ヒャダインがいろいろやってくれたけど、ちゃんと“ゆずの曲”になっているなって実感しました。
北川映画とテレビアニメの主題歌という挑戦の場を与えていただいて、そこにヒャダインも入ってきて。みんなでしっかり挑戦して、結果も出せたんじゃないかと思っています。

――果敢に挑戦する感じが『HUNTER×HUNTER』の主人公たちと重なる気がします。
北川クサいことを言うようですが、ゴンとキルア(『HUNTER×HUNTER』に登場する主要人物)が頑張っている姿に元気をもらいながら作って、その作品にまた自分たちの元気を送り返していく感覚もありました。

――そして再びこの組み合わせが実現しました。今回、制作するにあたって考えたことは?
北川映画の話をいただいた時点で、もう一度、ヒャダインと作りたいと思ったんですが、やる以上は前作を越えなきゃ意味がない。まったく新しいものを作ってやるぞって、闘志がメラメラと湧いてきました。
岩沢「REASON」は手探りな状態から始まったんですが、今回は距離感がわかったところからスタート出来たのも大きかった。
ヒャダインやりたい放題やってもいいんだな、怒られないんだなって(笑)。それどころか、さらにもっと面白いことを提案してくれる。新鮮で刺激的で楽しいセッションになりました。
北川ヒャダインの持っている能力をさらに引き出して、ゆずと融合させてほしかったんですよ。前回は違うものをぶつけ合うことで新しいものを作っていく感じだったんですが、今回はひとつになることで新しいものを作っていくべきだなって。

第3弾の話があればすぐにでも再集結する!

――とっかかりはどんなところから?
北川最初に僕が「表裏一体」のテーマとメロディというフラッグを作って、殴り書きの原案みたいなものと一緒にヒャダインに送って、そこからヒャダインが紡ぎ上げて、ゆず側でも研磨していった。キャッチボールをしながら、一体化していくという。

――「表裏一体」というタイトルは作品の内容や方向性を集約する言葉でもありそうですが、どんなところから出てきたのですか?
北川打ち合わせ前日まで曖昧なままだったんですが、最終的にはリーダーとしての責任感にも後押しされ、“表裏一体”という言葉とメロディが出てきた。これは曲を牽引していける決定的な言葉だなって。
岩沢“表裏一体”という言葉とともに、ヒャダインから出てきた“シリアスなもの”というイメージをヒントにしつつ。

――「表裏一体」の歌詞は映画のストーリーとも見事にリンクしています。
北川映画と僕らをつなげる作業はヒャダインが大きな役割を果たしてくれました。
ヒャダイン映画の台本を読んで、その中のワードをネタバレにならない程度に抽出しつつも、普遍的なものになるようにバランス感覚を持って作っていきました。

――歌詞は内省的で深いのに、力強くて鋭い。言葉の密度がとても濃いですね。
北川光と闇のどっちがいいとか悪いとかじゃなくて、ひっくるめた世界を描きたかったので、前に進むというだけではなくて、えぐる作業もしながら作っていった。歌詞のやりとりもかなり密にやりました。

――お互いに「おっ、やるな」と思ったことは?
北川「REASON」の<ウウウ〜>というフレーズで味をしめたこともあり、もう一発やってやろうと思って、<フーフッフ>というフレーズを作ってヒャダインに渡したんですよ。そしたら、そこを生かしたDメロを作って来た。その斬新な発想にやられました。
岩沢僕がやられたのは2番のAメロのヒャダインの仮歌。鍵盤弾きだから、指(ピアノ)で入れてくれるのかなと思っていたら、本気の仮歌が入っていた。その熱がすごかった(笑)
ヒャダインすごく高いキーなので、譜割まで責任を持たなきゃと思い、仮歌を歌いました。♪いつまでも ついてくる 影っ〜!(熱唱)
岩沢その仮歌に導かれて、我々が歌入れをさせていただきました(笑)
ヒャダイン僕もたくさんやられました。サビの1コーラスが出来た時に、BPM(演奏のテンポ)が10上がっていたんですよ。微妙な違いなんですが、それだけでガラッと場面が変わった。やりやがったなって(笑)
北川お互いが作ったものをお互いが勝手にいじり合ってる。ヒャダインとやるのは本当に面白いんですよ。
ヒャダイン僕もゆずさんとやるのは面白いです。直しやリテイクがあっても、全然嫌な気持ちにならない。というのはこれで絶対にまた良くなるって思えるから。
北川ヒャダイン、根暗なんですけど、制作に関してはすごくポジティブですね。
ヒャダイン人のこと言えないじゃないですか。同じくらい根暗だと思いますよ(笑)。だいたいひとりメシが多いでしょ(笑)
北川確かに多い(笑)。人を誘えないタイプなんですよ。
岩沢僕もひとりメシ派ですね(笑)
北川同じ匂いのするヤツらが集まって作ったということですね。

――ゆずの2人のコーラスもまさに表裏一体という感じです。
ヒャダインゆずさんをゴンとキルアに当てはめて、歌のかけあいを構築したりしていて。歌詞も楽曲の方向性も、アニメと映画に引っ張られている部分も大きいと思います。
岩沢レコーディング中も映画でこんな感じで流れるんだろうなって、シーンを想像しつつ。想像力をふくらませながら、作るのが楽しかったですね。

――もうすぐ映画館でも流れます。
ヒャダイン生のストリングスも入れて、シンフォニックに作っているところもあるので、映画館で聴いたら楽しいと思います。
北川前回の映画でもゴンとキルアに感動したし、曲が流れた時、純粋に良いなぁと思ったので、今回もまたやられてしまう気がします。
岩沢音楽と映画の融合がどうなっているか、みなさんの反応が今から楽しみですね。

――今後、この3人のコラボの可能性は?
北川劇場版の第3弾があれば(笑)
岩沢すぐにでも集結します。
北川実写版でやってくれたら、この3人で出演もします(笑)

――その際には誰が誰を演じるんでしょうか?
北川岩沢をゴンに仕立てあげて、オレはゴンのお父さん(笑)。ヒャダインはクラピカ、いや、やっぱりヒソカだな(笑)
ヒャダインヒソカとして何でもやらさせていただきます(笑)

(文:長谷川 誠/撮影:逢坂 聡)

『劇場版HUNTER×HUNTER−The LAST MISSION―』


全ハンターよ《闇 真実》と闘え――

 ゴンとキルア、クラピカ、レオリオは、戦いの祭典『バトルオリンピア』が開催される天空闘技場を訪れていた。多くのハンター、要人たちが詰め掛ける会場を、武装集団が襲撃! 要人警護のSPたちを次々と倒す男の正体は、数十年前に葬られたはずの《影》。《影》の目的は、ネテロに葬られた仲間たちの復讐、そして《影》を切り捨てたハンター協会への復讐だった……。

 「すべてのハンターに死を!」宣戦布告をしたのは、かつてネテロとともにハンター協会を支えていた、《影》の隊長“ジェド”。ジェドは、“怨”能力でネテロを拘束。天空闘技場は《影》によって完全封鎖された。ゴンは“怨”能力者・ジェドに打ち勝ち、ネテロを救うことが出来るのか? “ハンター協会の闇”が、本作で明らかになる! 累計6400万部突破の人気コミックス、劇場版アニメ第2弾。

監督:川口敬一郎
脚本:岸間信明
声の出演:潘めぐみ伊瀬茉莉也藤原啓治沢城みゆき浪川大輔
       中村獅童天野ひろゆき山本美月など
2013年12月27日(金)全国ロードショー
【映画公式サイト】
(C)POT(富樫義博)1988年‐2013年 (C)ハンター協会2013


関連リンク

【フォトギャラリー】和気あいあい★撮り下ろしショット
ゆずの過去特集&インタビュー 一覧
ゆず 公式サイト
ヒャダイン 公式サイト
『劇場版 HUNTER×HUNTER』 公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!