増田有華 言葉にすれば、夢は叶う

昨年までAKB48メンバーとして活躍していた増田有華。今年は舞台やドラマを中心に女優としての新しい姿をみせ、これまで以上の輝きを放っている! そんな増田を直撃☆ 今年を振り返って思うこと、2014年への決意――そして最新出演作である交響劇『船に乗れ!』での挑戦について熱く語る!

踏み入れたことのない場所、大きな壁だと思っていた

――『船に乗れ!』のお話を受けて、どのような感想を持ちましたか?
増田キャストの方がすごく豪華だなって。そして、とても不思議なんですけど、今年の4月にこの作品が上演されるシアターオーブに行く機会があって、「このステージに立ちたい!」って憧れを持ちました。「今年中にシアターオーブに出たいなぁ。いや、無理でしょう」って冗談まじりにマネージャーとも話していたんです。そうしたら、本当に今年中に叶った! って。言葉にすれば夢は叶うのかなって思いました。やっぱり大きな舞台に立たせていただけるのはとてもうれしくて。しかも今回は、41人のオーケストラのみなさんとの共演になり、それだけで圧倒されると思います。圧倒されながら、鮎川千佳を演じたいです。

――台本を読んでどうでしたか?
増田演出の菅野こうめい先生に「あ、増田! 三枚目の役だから」って会うなり言われて(笑)。台本を読んだら本当に三枚目でした。いつもの私も、お調子者でお節介な鮎川千佳に近い面があると思うんです。でも千佳は、音楽高校に通っていて繊細な部分もあるので、繊細さを持ちつつもどう明るく出しゃばりにいけるか、ポスターの写真もメガネを自分で選んだりして工夫しました。

――クラシックの名曲が多数出てきます。増田さんのクラシックのイメージは?
増田人生でクラシック音楽に触れる機会は、今までもこれからもそんなにないと思っていたんです。最初に劇中の音楽を聴いたときは、「本当にクラシックをやるんだ」って改めて感じました。踏み入れたことのない場所だったので、大きな壁だと思っていたんですが、歌稽古に入ってみると、原曲に(菅野)こうめいさんがつけた歌詞がおもしろくて。世界的に有名な名曲たちに、ユーモアのある歌詞が載っていて、クラシックが好きな方はもちろん、今までクラシックに触れたことがない方々にも楽しんでいただけると思います。

――制作発表会見で1曲聴かせていただきました。とても楽しそうでしたね。
増田『白鳥の湖』を歌ったんですけど、本当に楽しくて! 聴いてくださったらわかると思うんですけど、玉手箱あけた瞬間みたいな『ビックリ』がつまっているんです。何回聴いても飽きない。何度も何度も聴いて欲しいし観に来て欲しい!

――共演者のみなさんとお会いして、いかがでしたか?
増田今まで出させていただいた舞台は、同年代の方が多かったんですが、今回はいろいろな世代のみなさんがいて、しかも大人数で、本当の学校みたい。私、高校生活がすごく楽しかったんです! だから、もう一度あの青春を味わえるのかなって。木の実(ナナ)さんとも初めてお会いしたんですけど、本当に素敵でおもしろい方でした(笑)。周りのことをいろいろ考えてくれて、とても気遣ってくださるので、一致団結していい舞台になるって確信しました。

芸能活動を辞めなきゃいけないのかなって思ったときも…

――舞台の出演が続いている増田さん。作品と私生活、どのように切り替えている?
増田私は、お仕事にのめり込んでしまいますね(笑)。中途半端にできないんです。その代わり、稽古に入るまでは“超”だらけています(笑)。稽古が始まって演出をつけてもらいながら、共演者のみなさんからの影響をもらいつつ役を成立させていきたい。本番2週間前くらいになると急にスイッチが入ります。台詞や動きを、もっともっとこうしたい! ってどんどん欲が出てきて。そこからは急にストイックになります(笑)。前回は早口な役だったんですけど、ラジオ番組でも早口になっちゃって(笑)。今回はおしゃべりな子なので、すごいおしゃべりになるんだろうな〜。楽器演奏(ヴァイオリン)もあるので、今まで以上に追い込みます!

――まもなく2013年も終わります。今年は増田さんにとってどんな年でしたか?
増田あっという間でした。昨年の12月から今年の1月は、今までの人生のなかで一番何もない時期で、すごく不安で。自分でも、こんなに不安になることあるのかっていうくらい、すがりつく場所がなくて。このまま私、芸能活動を辞めなきゃいけないのかなって思ったときもあったんですけど、2月に入ってからこれまで以上にお仕事をいただく機会が増えて、「ああ、まだがんばれる場所あった」って。私の原点であり元気の源であるミュージカルに出させていただいて、演じることの素晴らしさを再確認できました。“リスタート”したのが今年だなって。上半期は、勢いで突っ走っているところもあったんですけど、下半期からはしっかりと地に足をつけています。また新しい“増田有華”を見てもらえたらなと思います。

――2014年はどんな年にしたい?
増田もっともっと飛躍したい。今年は新しい土台を作って、肥料を蒔いて、土を耕してという段階。今年の最後に水を撒いて、来年、種から芽が出て、春頃から花が咲き始めたらいいなぁ(照笑)。

――今の忙しい増田さんを支えてくれているものは?
増田友だちと話している時間が本当に大好き! 先日、台本覚えなきゃいけなくて時間がないって話したら、「会いたいから、私が台本の相手役やる! 台詞の相手する時間だけでいいから会いたい」って言われたときにすごく愛を感じて。そんな友だちが支えです!

――最後に、この作品の見どころを教えてください。
増田青春の葛藤、甘酸っぱさ、恋愛、夢、挫折などがギュッと詰まっています。主人公の津島サトルの過去と現在が行き来して描かれているので、いろいろな世代の方が楽しめると思います。そして何より、豪華な41人のオーケストラがステージ上にいる迫力に圧倒されます。クラシックに触れたことがない方でも、構えずに楽しんでいただける作品です。私も含めWキャストの役もあり、何度観ても楽しめますので、ぜひ劇場に足をお運びください!
(文:ジェントル/写真:鈴木一なり)

交響劇『船に乗れ!』

2010年本屋大賞ベストテン“青春小説の金字塔”
藤谷治の青春音楽小説が初舞台化!


 音楽一家に生まれ、早くからチェロを学び、哲学書を読み漁るなど自分を「高貴な人間」だと思っていた主人公・津島サトルは、二流の音楽高校に入学。バッハやモーツァルト、メンデルスゾーンなどの名曲とともに、ニーチェやソクラテスの哲学を通奏低音など、さまざまな出会い、恋愛、挫折を経て成長する。青春という季節のきらめきと残酷さを描いた感動の青春音楽小説3部作。

12月13日(金)〜21日(土)東急シアターオーブにて上演
原作/藤谷治(ポプラ社刊「船に乗れ!」より)
脚本・演出・作詞/菅野こうめい
出演/山崎育三郎 福井晶一
 小川真奈 平方元基 増田有華・谷口ゆうな(Wキャスト)
 加藤虎之介 田中麗奈 木の実ナナ 小野武彦 ほか
【OFFICIAL SITE】

関連リンク

増田有華 撮り下ろし ☆PHOTO GALLERY☆
交響劇『船に乗れ!』公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!