• ホーム
  • 芸能
  • 三谷幸喜監督&剛力彩芽『絶対に似合うはずだという直感があった』

三谷幸喜監督&剛力彩芽『絶対に似合うはずだという直感があった』

映画『清須会議』で三谷幸喜監督作品に初出演した剛力彩芽! 三谷監督を真っ直ぐに見つめ、語る言葉の一つひとつをすべて自分のなかに吸収しようと目を輝かせる剛力―― そんなふたりの2ショット対談は、やっぱり三谷監督がおもしろおかしくリードして……。

明るさのなかに寂しさみたいなものを感じた[三谷幸喜監督]

──三谷監督は、剛力彩芽さんにどういうイメージを持たれていたのでしょうか?
【三谷】 CMのイメージがすごく強くて、まぶしいぐらいのオーラが出ている女性という印象でした。松姫は自分を押し殺して生きたかわいそうな人なので、剛力さんのような明るい人が演じたらどうなるんだろうと思ったんです。もしかしたら、剛力さんの明るさのなかに何か寂しさみたいなものを感じたのかもしれないです。あとは、この人は絶対に眉をつぶしてお歯黒を塗った姿が似合うはずだという直感があって。まわりの人たちは心配していたみたいだし、剛力さんにそんなことをやってもらっていいんだろうかという声もあったようですけど、やってみたら見事にハマっていました。計算通りでしたね。
【剛力】 めったにできない経験ですから、自分でもどういう顔になるのか楽しみでした。評判がよくてびっくりしました。
【三谷】 顔の評判が?
【剛力】 ええ、顔の評判が(笑)。
【三谷】 やっぱり。絶対似合うと思っていたんですよ。

──剛力さんは三谷監督にどういうイメージを持っていましたか?
【三谷】 僕のこと知っていました?
【剛力】 もちろんですよ! ずっと三谷監督の頭のなかはどうなっているんだろうって思っていました。シャイな方だったのはちょっと意外でした。
【三谷】 もっと開けっぴろげだと思っていました? わりとおとなしいんですよ。
【剛力】 (笑)私、三谷監督の映画がすごく好きだったので、まさか出演させていただけるとは思っていませんでした。とくに『ステキな金縛り』が好きなので、今回西田(敏行)さんもちょっと出られているのがうれしくて。そういう遊び心が大好きです。三谷監督の作品はアドリブが多いという噂を聞いたことがあるんですが、実際に映画を観るとどこがアドリブなのか全然わからなくて。皆さんすごくナチュラルに演技されているように見えるんですよね。
【三谷】 実は、僕の映画のなかでアドリブを言うのは西田さんぐらいでなんです。あの人は特別(笑)。現場でセリフをちょっと変えたりとか、足したりとか、そういうことはありますけど、西田さん以外の方はほとんど台本通りですね。

──剛力さんは、最初に台本を読んだときどう思いましたか?
【剛力】 すごく楽しみながら読ませていただきました。妻夫木さんが障子を破るシーンとか、旗取り合戦のシーンとか、本当におもしろくて、笑いながら歴史が学べるなぁと。それと、出番自体はそれほど多くないんですけど、私がこんなに大事な役をいただいていいのかという思いが……。
【三谷】 最後に(物語の流れを)持っていくのは松姫ですからね。キーパーソンですよ。
【剛力】 そうなんです。だから、どう演じたらいいかいろいろ考えて、松姫の生い立ちや人柄も調べてみたりしました。ひとことで言うと強い女性ですよね。武田家から織田家に嫁ぐ、その時点でものすごい精神力が必要ですから。
【三谷】 政略結婚とかどうですか?
【剛力】 それはそれで楽なのかなとも思いますけど(笑)。
【三谷】 出会いのプロセスがなく、ポンといけますからね。それで素敵な人だったら……。
【剛力】 文句ないですね(笑)。実際、松姫が結婚した信忠はいい人だったんだと思いますし。

すごく緊張して嫌な汗をかいちゃいました[剛力彩芽]

──撮影前にも役柄についてこういうやりとりはされたんですか?
【三谷】 最初の衣装合わせのときに、役の話はしました。松姫にはいろんな説があるので、「実際の松姫がこうだったかはわからないんですけど、お話のなかの松姫はこうあってほしいと思っています」ということを伝えました。
【剛力】 今回、メインの女性キャラクターが3人いますけど、3人それぞれに感情を当てはめていきたいと言われて、なるほどと思いました。松姫は悲しい、切ない感情を持っていると説明されたんですが、私がそういう役をいただいたというのが意外でした。
【三谷】 先程も言いましたけど、この方は寂しさや悲しさをしっかり出せるんですよ。ヤクルトジョアのCMを見たときから、それはわかっていました。僕は似顔絵を描いたりするんですけど、剛力さんを描くときのポイントは眉毛なんです。剛力さんの明るいイメージは眉毛の印象が大半を占めていると感じていました。みんな眉毛に騙されているんです(笑)。眉毛のない剛力さんを思い浮かべたら、こんなに悲しそうな人はいない。悲しみを顔で表現できる人は他にいないと思っていたんです。
【剛力】 三谷監督から説明された松姫像をきちんと表現できるか不安だったんですが、リハーサルを何度もやっていただいたおかげで少しずつ不安が薄れていきました。
【三谷】 剛力さんの最後のシーンは長回しで撮ったんですけど、すばらしかったですよ。
【剛力】 すごく緊張して嫌な汗をかいちゃいました。
【三谷】 ずっと長回しで長ゼリフを言った後にニヤッと笑う。完璧です。あの笑い方もいろいろ工夫してくれて。無茶苦茶恐いですからね。事務所からNGが出ないかと心配したぐらいです(笑)。

──三谷監督はかなり気を遣われていたんですね。
【三谷】 女優さんはやっぱりきれいでないといけないですから。例えば、中谷美紀さんがどんなに眉毛を太くしていようが、それでも美しい中谷さんを皆さん見たいはずです。ですから、気を遣うというか、どこから撮れば美しく見えるかとか、そういうことを考えてやっていました。

──剛力さんはもともと歴史、日本史はお好きなんですか?
【剛力】 好きです。詳しくはないんですけど、本で調べたり、作品を観たりするのは好きでしたし、今回、あらためて興味を持ちました。清須会議って、教科書だとあまりフィーチャーされていない出来事だと思うんですけど、だからこそこうやって楽しく勉強できるのはいいなと思いました。
【三谷】 教科書だと1行ですからね。でも、そこにこれだけのドラマがある。
【剛力】 それを今回初めて知りました。大事なことがいっぱいあったんだなぁと。
【三谷】 この会議で歴史が変わったんですからね。戦国時代なのに、合戦ではなくて話し合いで物事が決まったというのがすごくおもしろいなと思ったんですよね。
【剛力】 女性のキャラクターがキーとなって活躍するというのもいいですよね。
【三谷】 歴史って、どうしても男中心に語られがちです。まだ松姫やお市様は名前が残っているからいいんですけど、普通は誰々の妻、誰々の母としか残らないんですよね。でも、男たちのモチベーションには、誰かに好かれたいとか、誰かと愛し合いたいとか、僕らにだってあるわけだから、戦国武将にもあったと思うんですよ。であれば、歴史書に書かれていない部分で、女性たちの存在が事を動かした場面が絶対あると思って、それを描いてみたくなったんです。清須会議に興味を持ったのが、小学校4年生の10歳のとき。それからずっと清須会議はおもしろいなぁと思っていたので、ようやく夢が叶ったという感じです。
(文:岡 大/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

映画『清須会議』インタビュー連載第2弾
三谷幸喜監督&役所広司「表現しようとしている世界が違う 三谷監督ならではの時代劇」

映画情報『清須会議』

 天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ――。跡を継ぐのは誰か? 後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)。勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、秀吉への恨みから勝家に肩入れ。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいく。

 そして、開かれる清須会議――。会議に出席したのは4人。勝家、秀吉に加え、勝家の盟友であり参謀的存在の丹羽長秀(小日向文世)、立場を曖昧にして、強い方に付こうと画策する池田恒興(佐藤浩市)。繰り広げられる一進一退の頭脳戦。様々な駆け引きの中で騙し騙され、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合う! 勝家派か?秀吉派か!?
 今、日本史上初めて、会議で歴史が動く!!!

監督・脚本・原作:三谷幸喜
出演:役所広司 大泉洋 小日向文世 佐藤浩市
   妻夫木聡 浅野忠信 寺島進 でんでん 松山ケンイチ 伊勢谷友介
   鈴木京香 中谷美紀 剛力彩芽
【映画公式サイト】
2013年11月9日より全国東宝系ロードショー (C)2013 フジテレビ 東宝

関連リンク

三谷幸喜監督&剛力彩芽「嫌な汗をかいちゃいました(笑)」
三谷幸喜監督&役所広司「敗れていった人たちに興味がある」
映画『清須会議』公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!