• ホーム
  • 音楽
  • AKB48『小嶋陽菜が初センター! 抜てきの心境&新曲の魅力に迫る』

AKB48『小嶋陽菜が初センター! 抜てきの心境&新曲の魅力に迫る』

1期生で最年長の“こじはる”こと小嶋陽菜が初センターを務める、33rdシングル「ハート・エレキ」(10月30日発売)は、60年代のグループ・サウンズを思わせる味わい深いナンバー。センターに抜てきされた小嶋の心境はもちろん、川栄李奈、島崎遥香、高橋みなみ、松井珠理奈、松井玲奈、横山由依、渡辺麻友の8名に、新曲について語ってもらった。

“センター願望”はそんなになかった(小嶋)

――新曲「ハート・エレキ」は、60年代に流行したグループ・サウンズ(GS)風の楽曲ですが、みなさんGSってご存知でした?
小嶋陽菜60年代とか、まだ生まれていなかったので……。
高橋みなみ私も知らなかったです。ミュージックビデオ(MV)の撮影で井上順さんとご一緒させて頂きました。
渡辺麻友聞いたことはあるけど、あまり馴染みはなかったです。

――今回の楽曲を初めて聴いた感想は?
麻友今だとあまりない曲調だから新鮮でした。逆にこういうのがハマるかな? と思いました。
小嶋そう! ご年配の方には懐かしがって頂いて、若い方は新鮮に思ってくれているので嬉しいです。
川栄李奈確かに、聴いた時は昔っぽいなと思いましたが、やっぱりやみつきになると思います。
横山由依懐かしい曲調です。それは「恋するフォーチュンクッキー」もそうなんですが、ギターサウンドがまさにGSですごく新鮮で素敵でした。
島崎遥香私はすごく好き! 始まり方とか、おっかけもすごくキャッチーでカッコイイ。
松井珠理奈そう! 男の人が歌ってるところとか素直にカッコイイよね!
小嶋AKB48はいろんな曲があるので、公演曲とかだったらこういうテイストの曲もあるんです。だから、それも含めてAKB48らしさがあるのかなって思いました。

――今回は初めて小嶋陽菜さんがセンターですが?
小嶋センターはびっくりしました。初め、秋元(康)先生から「今回のセンターは小嶋です」とメールをいただいた時は迷惑メールかな? と思ったくらいです(笑)
麻友小嶋さんが初めてセンターを務めるということで……このタイミングで小嶋さんがセンターというのが合っているというか、すごく新鮮で素敵でした。すごくセクシーでいいと思います。
横山私は小嶋陽菜さんがセンターになったことでもっと女の子にファンになってもらえるかなと思いました。もちろん男性にも聴いて頂きたいのですが、(小嶋は)より女性の憧れのような気がします。
珠理奈リハとかでは踊りを忘れたりするのでそこが可愛らしいのですが、身長がとても高いのでセンターだとすごく目立って良いと思います。
小嶋まりちゃん(篠田麻里子)やとも(板野友美)が卒業しちゃって、ファンの方も寂しいと思います。だから、ここで世代交代をするのではなくて、私が1期生ということもあって(秋元先生が)今までのAKB48らしさを出してくれたのかなと思います。私がセンターだとAKB48っぽさもあるし、少しびっくりもするし、ちょうど良かったのかなって(笑)

――もともとセンター願望はあったんですか?
小嶋私自身はセンター願望はそんなにありませんでした。平和にいければそれで良かったし、今までの活動が私に合っているのかなと思っていたところだったので、本当に素敵な機会を頂けて嬉しかったし、ファンの方も喜んでくれました。

――小嶋さん推しのファンの方は、それは嬉しかったでしょうね!
小嶋9月の『じゃんけん大会』で発表されたんですが、呼ばれたのが(センターの為)最後だったので、名前を呼ばれていないことに対してファンの方は「今回は入らないのかな?」って思ったみたいなんです。なので、とても意外だったと思います。でも、隣でサポートしてくれるみんながいたので、安心していました。今まではあまり目立たないように、問題ないように安全に安全に進めているタイプだったので。

指原さんは“ローラ”って感じがしない(笑)(珠理奈)

――衣装はどうですか?
高橋紐がついているんですが、他のメンバーとすぐにくっついてしまうんです。なので、すぐに改良してもらいました。なかなかないですよね、くっつく衣装って(笑)
珠理奈帽子とか細かいところが(小嶋さんだけ)違うんです。
横山そう! 鼓笛隊みたい。小嶋さんだけセンターで、色が赤いんですよ。
小嶋そうなんです。目立つ……。

――今回はバンドという設定で、メンバーそれぞれにニックネームもありますよね?
松井玲奈どういう基準かはわからないんですが、各メンバーにニックネームがついているんです。
横山そうなんです。特に川栄の“カワエー”は合ってると思う!
全員確かに(笑)
珠理奈柏木(由紀)さんの“キャサリン”とか、多田(愛佳)さんの“マーガレット”とか可愛らしいですよね。でも指原(莉乃)さんは“ローラ”って感じがしない(笑)
横山MVの台本が大変でした。台本に書いてある役名(ニックネーム)と名前が一致しないんです。
珠理奈そうなんですよね。苦労しました。

――今作の聴きどころは?
小嶋カッコイイ曲なので、ぜひ多くの方に聴いて頂きたいです。
麻友平成のこの時代にGSをリリースさせて頂くということで、昔GSにハマっていた方々にも聴いて頂きたいですし、懐かしいなと思って頂けたらすごく嬉しいです。若い世代の方にもこういうサウンドがあるんだなと聴いて頂けたらすごく嬉しいです。
川栄やっぱり人差し指がポイントなので、そこを注目して頂きたいです。
横山人差し指もそうなのですが、振付がとてもカッコイイんです。カラオケとかでもやってほしいです。
島崎小嶋さんのソロパート! 本当にカッコイイんです。
珠理奈ギターを弾く振付とか、真似しやすい振付が多いんです。ですので、みんなでマネしてほしいです!

ミュージックビデオを手掛けたのは、金子修介監督!


 MVのメガホンを取ったのは、根岸吉太郎森田芳光などの助監督を経て、1984年『宇能鴻一郎の濡れて打つ』で監督デビューを果たし、平成の『ガメラ』3部作などで知られる映画監督・金子修介氏。今作は、選抜16人が架空のバンド“The G.FINGERS”のメンバーという設定で描かれる、ドラマ仕立てだ。



◆金子修介監督コメント
「16人のメンバーが個性を競い合う芝居を撮りたかった。それぞれが真剣に生き、戦う姿、歌い踊る姿を見つめ、女の子らしさを浮き彫りに出来たと思う。16人全員が主役なんだ、と思った」

◆小嶋陽菜コメント
「今回、ドラマシーンがすごく多かったんですけど、楽しかったです。あとは、メンバーのバンドニックネームを覚えるのが大変でしたね(笑)。次世代と言われる中で、今私がここでセンターをやらせて頂けることにはすごく意味がある気がして。ほかのメンバーにない、“大人な部分”を出して行けるように頑張って行きます!」

※Type A、K、B、4にそれぞれのチーム楽曲と、今作のミュージックビデオを収録。



関連リンク

【フォトギャラリー】「ハート・エレキ」MVなど関連ショット
<前作は>さしこがセンター!未来予想図を語る
【特集】勝負服にも注目『じゃんけん大会』密着レポ
【特集】ドームツアー全公演プレイバック
プロフィール/CD売上
公式サイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!