• ホーム
  • 映画
  • 第26回 東京国際映画祭特集『ナビゲーター山崎紘菜が語る☆新しい発見と出会いが待っている!』

第26回 東京国際映画祭特集『ナビゲーター山崎紘菜が語る☆新しい発見と出会いが待っている!』

毎年恒例!東京を華やかに彩る映画の一大祭典、東京国際映画祭が今年も開幕☆ 例年以上に俳優、監督ら国内外の豪華ゲストが大集結するオープニングイベントのグリーンカーペットの模様をフォトレポート! さらに☆フェスティバル・ナビゲーターを務める山崎紘菜が若い世代に向けて映画祭の楽しみ方を語る!

気軽に楽しめる世界の映画!山崎紘菜の注目作は!?

  • オープニング作品『キャプテン・フィリップス』

    オープニング作品『キャプテン・フィリップス』

  • フェスティバル・ナビゲーター山崎紘菜

    フェスティバル・ナビゲーター山崎紘菜

  • 『ザ・ダブル/分身』

    『ザ・ダブル/分身』

  • 『マッキー』

    『マッキー』

  • 『ブリングリング』

    『ブリングリング』

  • クロージング作品『清須会議』

    クロージング作品『清須会議』

 今年で第26回を迎える東京国際映画祭(TIFF)がいよいよ開幕。今回は映画ファンだけでなく、エンタメ好きな若い層の関心も惹きそうな、例年以上に豪華な国内外のゲストを迎えてさまざまなイベントが華やかに行われることでもすでに話題になっている。ワールドプレミア上映となる新作や、アニメを含めて邦洋画の大作や話題作がずらりとならぶ特別招待作品、個性豊かなバラエティに富んだ作品が賞を競うコンペティション部門など、映画祭のメインとなる世界中から集まった優秀作品たちにも注目したい。

 そんな今年のTIFFでフェスティバル・ナビゲーターを務めるのが、映画やドラマでも活躍中の新鋭女優・山崎紘菜。昨年に引き続きナビゲーターを務める斎藤工とともに、映画祭を盛り上げるべく奔走する! 今回の大役を務める山崎が映画祭開幕を目前に、同年代の若い世代に向けたTIFFの楽しみ方を語ってくれた。

“世界”との触れ合いから刺激を!

 女優として活動しながら、映画好きの大学1年生でもある山崎は、映画祭に関わるのは今回が初めて。東京国際映画祭にもこれまでには来場したことがなかったという。今の若い世代に向けて、実際に体感した映画祭の魅力を肌感覚で伝えていくには最適な人選かもしれない。

「このお仕事を始めてから、TIFFでチケットを買って誰でも映画を観られることを知りました。それまでは関係者の方々の集まりだと思っていて。特別な空気感のある大きなイベントに気軽に遊びに来ることができて、おもしろい映画を楽しめるっていいですよね。まわりの友人たちの間でも映画はデートでよく行っているので、映画祭もそんな感覚の延長でちょっと豪華なイベントを楽しんでほしいです。ぜんぜん堅苦しくないですし、映画上映だけではなくていろいろなステージイベントもあります」(山崎)

 今回、ナビゲーターとして参加するにあたり、映画祭の目玉であるコンペティション部門の作品はすべて観ると意気込む山崎。そのなかで気になっている作品、そしてコンペティション以外で個人的に気になっている作品は――。

「(コンペティションの)まだ全作品は観終わっていないんですけど、『ザ・ダブル/分身』がよかったです。主演が『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグさんで、スリリングな怖さのある作品です。でも、劇中に日本の曲が入っているんですけど、内容とすごくマッチしていて、ふと息が抜けて楽しめました。コンペティション以外の作品で友人と観に行くとしたら、ハエに生まれ変わった男が彼女を守るためにマフィアと戦うインド映画の『マッキー』、ハリウッドセレブの家に高校生たちが強盗に入る実話の『ブリングリング』(ソフィア・コッポラ監督)。ソフィア監督は来日されるので、ぜひお会いしてみたいです!

 でも、映画だけではなくて、イベントとかもいろいろ見て回りたいです。自分がよく観る映画ってジャンルとか決まってしまいますけど、映画祭には幅広いジャンルのいろいろな作品があって、普段はあまり観ないような作品にも出会えるので、そういうところを楽しみたいと思います。新しい発見があるのが映画祭の醍醐味ですよね!」(山崎)

 今回はナビゲーターとして映画祭を盛り上げるが、自身も女優として映画祭のステージに立つことを目標にしている。

「今年のTIFFは、2020年東京オリンピックの開催決定もあり、日本、そして東京が世界から注目されているタイミングでの開催になりますので、まずはナビゲーターとして堂々と仕事をやり遂げたいと思っています。そして、将来は作品に出演している女優としてTIFFに帰ってきたいですね。今回のナビゲーターを務めさせていただくことで、勉強させていただくことがたくさんあると思います。世界の映画をたくさん観ることも勉強になりますし、世界のトップ俳優、監督、関係者の方々と触れ合えることも刺激になると思います。とても楽しみにしています! あと……映画にすごく詳しい斎藤さんの足を引っ張らないようにがんばります(笑)」(山崎)

東京国際映画祭

日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生し、日本及びアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長した。いまや最も熱気あふれるアジア映画の最大の拠点である東京に、世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供する。

期間:2013年10月17(木)〜10月25(金) 9日間
開催会場:六本木ヒルズ(港区)をメイン会場に、都内の各劇場及び施設・ホールを使用

公式サイト:http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/

(C)Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013(C)M/s. VARAHI CHARANA CHITRAM(C)2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved.(C)2013 フジテレビ 東宝

東京国際映画祭 特集 BUCK NUMBER

関連リンク

ナビゲーター山崎紘菜☆世界から刺激を受ける!
豪華ゲストが登場!!グリーンカーペット・フォト
東京国際映画祭特集BUCK NUMBER
公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!