• ホーム
  • 音楽
  • Salley『自身を鼓舞し、再び足元を見直させる新曲』

Salley『自身を鼓舞し、再び足元を見直させる新曲』

今春、シングル「赤い靴」でデビューしたSalley。伸びやかでダイナミック、凛とした歌声のうららと、それにさらなる景色や物語を演出する上口浩平のメロディーやアレンジが魅力的な2人組だ。そんな彼らが2ndシングル「その先の景色を」を発表した。この先も続く“夢”という名の景色に向かい進んでいく強い意志や勢いがパッケージされたかのような同曲。デビューというひとつの夢を果たした今、次なる夢に向かい進む2人にとって、この歌は今どのような立ち位置なのだろう?

「今の気持ちや意志をキチンと書き残しておきたい」そんな気持ちを込めて作った楽曲

  • 「その先の景色を」(通常盤)

    「その先の景色を」(通常盤)

  • 「その先の景色を」(初回限定盤)

    「その先の景色を」(初回限定盤)

――今回の「その先の景色を」は、Salley特有のダイナミズムが上手く表れた楽曲ですね。
うららこの曲はそれこそ私たちが出会って最初に作った曲なんです。なのでそのぶん、思い入れもあるし、特別な色が出ているかなって。実はこの曲、デビューの半年程前には歌も録っていて。その時に初めて本格的にレコーディングをしたんですけど、あの感激やワクワクした気持ちも上手く詰め込めてるなと、聴き返して思いますね。

――この楽曲からは、“これから何があってもこの道を進んでいくわ!!”といった強い意志を感じます。
うらら「私、絶対にプロになってやるゾ!!」って期待や希望が明るい形で歌になっていると私も思います。いわゆる当時の決意表明的とでも言うか……。

――当時と今とじゃ、同じこの曲を歌っていても気持ちや、浮かんでくる景色も違うのでは?
うらら確かに当時は不安もあったけど、それをはるかに上回る夢や希望がありましたからね(笑)。この曲を作ったときって、“今のこの気持ちや意志をキチンと書き残しておきたい”というのが強くあって。将来自分が音楽の道で成功しようが失敗しようが、成功して傲慢(ごうまん)になってようが(笑)、ダメで言い訳してようが、この曲を聴いた時に、「あんた最初はこんなことを思って始めたんだよ」と初心に還ることができればいいなと思って作ったんです。なので今でも、歌っているとあの頃に気持ちを引き戻してくれますよ。「そうだ私、こんな覚悟を持ってここまで進んできたんだ!」って。
上口浩平この曲は2人が出会って一発目の曲ということもあって、うららがどんな風に歌うのかもまだキチンと把握できていなくて。そんな中、漠然と前向きで明るい曲にしたいというのはあったんです。正直、この曲を作る直前の自分は、自分の好きな音楽ができていなかった状況だったんで、初めてうららと出会い、「この子とだったら前に進めるかも」と希望を持って作った曲でもあったし。なので、“これまでの自分を壊してくれる力強い楽曲にしたい”との想いはありました。

“頑張り過ぎずに歌う”というのがSalleyの歌のテーマのひとつ

  • (左から)上口浩平、うらら

    (左から)上口浩平、うらら

――サウンド面も疾走感に頼らない勢いや力強さを擁してますね。
上口 基になる自分の曲をベースに、うららの声を想像しながら作っていったんです。そこに、「これからやっていくぞ!」的な期待感や、徐々にエンジンがかかって、最後は目標や夢に向かって走り出していく、そんなイメージを持ってアレンジは進めていきました。ある意味、今この時期にこの曲が出せるのは、やはり自分たちにとって大きいし、意義があることかなと思っていて。

――それはこれまでの漠然としていた夢や景色が、もっと明瞭になってきたからですか?
上口 ですね。まだキャリアも浅いし、見えない部分もたくさんあるけど、この歌を作った当時の、“なんだかわからないけど、とり合えずこの方向に突き進んで行こう!”から、デビューもして、ライブも増えて、“あっ、もしかしたら、目指している景色や目標って、あんな感じなのかな……”というのがおぼろげながら見えましたから。でも、これからも目標や目指す景色は次々と変わっていくでしょうけど(笑)。たぶんこの楽曲は、その時期その時期で、歌ったり演奏している時に思い描く景色が変わっていく歌なんだと思います。常にこの曲には、僕ら自身も背中を押してもらうだろうし。
うらら当時は見える景色すら想像もつかない状況の中、書いてたんですけど、今は「その先の景色を」の“その”の渦中ですからね。今見えるその先の景色は、「もっと大きなところでライブしたい!」とか、「大物アーティストの方々と同じステージに立ちたい!」と、明確かつ目に見える目標に変わってきたというか。まぁ、“その先の景色”は都度変わっていくし、永遠に続いていくでしょうから。

――サウンド面やメロディー面では、この曲はいかがですか?
上口 自分としては非常にストレートなロックだと思っています。かつ、あまり暑苦しくなく、ライトなイメージでアレンジをしてみました。その方がバランスが良いかなって。歌が非常に力強いし、走り出す感じなんで、あまりゴリゴリしない方が良いだろうと。うららの歌ってすごく透明度があって、アコギが似合いますからね。なのでアコギを基にロックサウンドが絡んでいく、そんなイメージでアレンジを進めていきました。
うららこれは全曲に言えるんですけど、“Salleyの歌は全体的に頑張りすぎずに歌う”というのが私のテーマのひとつにあって。いわば歌っている私の気持ち良さよりも、聴いて下さる方の気持ち良さを意識しながら歌っているんです。

――それにしても今回は、初回盤、通常盤と、カップリング曲のタイプもさまざまですね。
うらら通常盤、限定盤それぞれに「その先の景色を」ほか2曲ずつ入っていますが、それぞれタイプやタッチも違いますからね。ぜひ、いろいろなSalleyを楽しんでほしいです。
(文:池田スカオ和宏)

【動画コメント】新曲の魅力&2人にとっての『○○の秋』とは?

インフォメーション

◆宝島社『InRed』11月号(10月7日発売)TVCMソングに決定!  ⇒クリック![CM映像]

◆イトーヨーカドー『ボディヒーター』CMソングに決定!  ⇒クリック![CM映像]


関連リンク

【コメント動画】Salleyにとっての『○○の秋』とは?
【デビュー時インタビュー】2人の意外!? なキャラクターとは
プロフィール
公式サイト
公式ブログ
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!