• ホーム
  • 音楽
  • a-nation 2013 stadium fes.『11万人を動員した毎年恒例の夏の祭典をレポート!』

a-nation 2013 stadium fes.『11万人を動員した毎年恒例の夏の祭典をレポート!』

今年もこの瞬間がやってきた!エイベックス主催の野外音楽フェス『a-nation stadium fes. powered by ウイダーinゼリー』の東京公演が8月31日と9月1日の2日間、東京・味の素スタジアムで開催された。人気アーティストたちが一同に会し、計11万人の観客を熱狂させた。

初々しい新人から実力派までヒット曲満載のステージ

 東京公演初日のステージ、1番手に登場したのは、デビュー5周年を迎え、9月3日に解散を発表したgirl next door。「Infinity」から千沙の躍動感あふれるボーカル&ダンスで5万5000人を引き込み、girl next doorとして最後となる『a-nation』のステージを清々しい笑顔であとにした。続くmoumoonは、「Sunshine Girl」など、爽やかな風を運び、照り付ける灼熱の太陽の熱を柔和。下手ステージに姿を見せたmisonoは、アカペラで「tomorrow」を披露し、高い歌唱力、実力派アーティストとしての存在感をしっかりとアピール。さらにDo As Infinityは「陽のあたる坂道」など、ヒット曲満載のステージを展開し、伴のパワフルなボーカル、骨太なバンドサウンドで観客を煽った。また初出演を果たした剛力彩芽が上手ステージに登場すると、場内から大きな歓声が。7月に歌手デビューを果たした楽曲「友達より大事な人」を自信たっぷりにパフォーマンス。話題となった“プロペラダンス”を笑顔で披露し、歌手としてのさらなる活躍に期待を抱かせた。

 初々しさから一転、風格たっぷりのステージをみせたKREVA。「今年初めて『a-nation』に出させてもらいました。このタンクトップ野郎、早く終わらないかなって思ってる人も多いかもしれないけど(笑)、後ろで待っている出演者たちが、盛り上がりすぎじゃないって言い出すぐらい、このイベント全体を気持ちいい空気にしましょう」と親近感あふれるトークで観客の心を捉え、最新曲「BESHI」を熱唱。サビ部分では、5万5000人の声が響き渡ると「みんな優しい〜」と歓喜をあらわに。グルーブ感たっぷりのサウンドとメッセージ性の高い歌詞、気取りのない人柄で、しっかりと観客の心をキャッチしたKREVAは、ラスト曲「Na Na Na」で見事なコール&レスポンスを果たした。

 上手ステージで、MIHIRO〜マイロ〜が伸びやかなスイートボイスで「Baby I Love U」を奏でたあと、Every Little Thingが登場し、1曲目の「Dear My Friend」から暴走モード突入!観客と一緒に歌い、弾けまくる持田香織。その後ろで温かいまなざしを浮かべながら、激しいギターを奏でる伊藤一朗。この日は、秋のスペシャルドラマ『抱きしめたい〜foever〜』の主題歌「アクアマリンのままでいて」をいち早くお披露目。最後は「Time goes by」でしっとりと聴かせ、これまでの『a-nation』と異なる新鮮な締めくくりをみせた。

暑さも吹き飛ぶ最高潮の盛り上がり!赤く染まった夏の夜――

 空が闇に包まれると、SUPER JUNIORのエンターテインメントショーが繰り出された。厳かなムードの「SUPERMAN」から「Mr.Simple(Japanese ver.)」で、ダイナミックなパフォーマンスを展開すると、観客も一緒に声をあげ、とてつもない熱気が場内を支配した。「すごく盛り上がってますね」(シンドン)、「一緒に最後まで遊びましょう」(ソンミン)、「このステージでまた会えてうれしいです」(リョウク)、「やっぱり野外イベントは盛り上がりますよね。一緒に楽しい思い出を作りましょう」(カンイン)、「みなさんに会いたかったです。今日は暑いなか来てくれてありがとうございます」(シウォン)と真面目に挨拶していたメンバーたちを横目に、キュヒョンは「(演歌調で)ええじゃないか、ええじゃないか〜!またこのステージで会えるなんて、(他メンバーも交えて)ええじゃないか、ええじゃないか〜!」と無邪気にはしゃぎまくる。ドンヘは「青い光がみなさんのようにキレイですね。青色が眩しくて僕の目が開けないです」とまるでSUPER JUNIORの単独公演を彷彿とさせる光景に感動しきり。入場時に配られたうちわの光とイメージカラーが偶然重なり、ウニョクも「びっくりしました。まさか全部僕たちのファンですか?(笑)」と客席にマイクを向けた。さらにこの日は、日本初アルバム収録曲「Hero」と「★BAMBINA★」も披露。ラストは人気曲「SORRY,SORRY」で、広いステージが狭く感じられるほど、広がりのあるフォーメーションダンスで圧倒!昨年に続き2回目の出演となる『a-nation』であったが、青い光と同様、見事SUPER JUNIORカラーに染め上げた。

 興奮冷めやらぬなか、「『a-nation』東京〜今年も盛り上がっていくぞ」(DJ KOO)とTRFが登場。「BOY MEETS GIRL」や「CRAZY GONNA CRAZY」など、『a-nation』に欠かせないノリノリのダンスチューンをノンストップで繰り広げ、さらに場内は大きな興奮に包まれた。

 スタジアムが上昇気流に乗るなか、初日のトリを飾ったのは東方神起。一気に青から赤色に染まりゆく場内。「東方神起」コールが自然と響き渡るなか、2人がステージに姿を現すと耳をつんざく5万5000人の爆声がステージに放たれた。「Catch Me -If you wanna-」でスタートし、「B.U.T(BE-AU-TY)」「Superstar」と激しいナンバーを畳み掛けると、会場は熱狂の渦に。「今日ヤバイですね。短い時間ですけど、『a-nation』をもっと素敵な思い出にしましょう」(ユンホ)、「もう、すぐ9月になるんですけど、この会場はものすごく熱いです」(チャンミン)とレッドオーシャンと化した会場を見渡し、ハイテンションの2人は、さらにエンジンを加速させ、最新シングル「SCREAM」、「OCEAN〜ウィーアー〜Summer Dream」のメドレーでは、2手に別れてフロートに乗車し、スタンド席の観客の目前へ。おなじみの「WE ARE “T”」をユンホの呼びかけで、5万5000人が一斉にポーズしたりと、観客とコミュニケーションを楽しんだ2人は、ステージに戻り、「Humanoids」を渾身の力でパフォーマンス。頭から水をかぶりながら(チャンミンはフロートで移動中すでに水浸しに)「今日は短い時間でしたが、ここにいるみなさんとひとつになった気がして幸せでした」とユンホが想いを告げ、ステージを去ると思わせつつ「Somebody To Love」で観客と一緒にタオルを振り回しながらジャンプ!「みんな大好き〜」とユンホは叫び、チャンミンはステージに仰向けに寝転がって熱唱し、最高潮の盛り上がりのなか、フィナーレを迎えた。「今年の夏の野外ライブは今日が最後だったんですが、最後まで盛り上がれたと思います」(チャンミン)、「すごく楽しかった!」(ユンホ)、「それでは、東方神起でした!」と満面の笑みの2人が声を揃えると、上空に大きな花火が打ち上がり、華やかに終焉を迎えた。

(文:星野彩乃)

『a-nation 2013 stadium fes.』はWOWOWで観よう!

「a-nation 2013 stadium fes. ver.0901」

9月1日に東京・味の素スタジアムで行われた『a-nation 2013 stadium fes.』の模様をWOWOWで放送!浜崎あゆみや氣志團、倖田來未、SHINeeら豪華アーティストたちが出演のライブを観よう!!
【放送日】10月6日(日)午後9時〜 [WOWOWライブ]

関連リンク

フォトギャラリー
昨年のライブの模様
WOWOWでライブを観る
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!