• ホーム
  • 音楽
  • 安室奈美恵『強くてキュートでカッコいい女性=歌手・安室奈美恵として表現したい!』

安室奈美恵『強くてキュートでカッコいい女性=歌手・安室奈美恵として表現したい!』

 国内外の気鋭クリエイター陣による、最新のエレクトロなダンスサウンドがポップに弾ける待望のニューアルバム『Uncontrolled』。いろいろある毎日をクールにアゲるのは、強くてキュートでカッコいい女性!

いいと思う曲、歌いたい曲を選んだアルバム

――ニューアルバム『Uncontrolled』は“アンコントロールド=支配されてない”という、自由をあらわすタイトルがつけられてますが、安室さんのシンガーとしての歩みを象徴するような素敵なタイトルですね。
安室毎回アルバムタイトルはみんなでアイディアを出していくんですけど、私もいいタイトルだと思います(笑)。

――今年でデビュー20周年ということは、アルバムを作るうえで意識しましたか?
安室それはなかったですね。今回もテーマは決めずに、いいと思う曲、歌いたい曲を選んでいった感じですね。今年ははっちゃけてというか、聴いていてテンションがアガるアルバムになればなって。

――「Hot Girls」や、WOWOW欧州サッカーテーマソングでもある「ONLY YOU」など、エレクトロポップなダンスサウンドも満載ですからね。
安室「Hot Girls」や「ONLY YOU」って、歌声が低めだったり、楽曲自体も初めてのタイプだったりするので、どういう感じで聴いてもらえるのかなって思いながら作ってたんですよね。でも、そういうチャレンジをさらっとやれたのがよかったと思いますね。

小室(哲哉)さんはやっぱりすごい

――おかげで、大ヒット曲「Love Story」のようなバラードもありつつ、「Go Round」や「In The Spotlight(TOKYO)」のようなダンサブルなナンバーが満載されているので、聴いているうちに、強くてカッコイイ女性になった気分が味わえるというか。
安室どんな人にも弱い部分はあるけど、強く歩いて行ける人はカッコいいなって思うので、そういう女性のイメージを歌手としての安室奈美恵で表現できたらなって思うんですよね。強さを表現することで自分の中でもいろんなものが発散できるし、観てくれる人にも、ライブを観てスカッとしたって言ってもらえたらすごい嬉しい。そこまで強い女性にはなれなくても、なった気分で聴いてすっきりする感じでもいいかなって思いますね。


――そうなると、9月16日に沖縄で行われる一夜限定のデビュー20周年記念スペシャルライブ『namie amuro 20th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』や、11月からスタートする初の5大ドームツアー『namie amuro 5大ドームTOUR 2012 〜20th Anniversary Best〜』がますます楽しみになってきますね。
安室9月の沖縄でのライブで歌う曲のことを考えながら、昔の曲もいろいろ聴いてるんですけど、小室(哲哉)さんはやっぱりすごいなと思ったのが、いま聴いても(最近の自分の楽曲と)混ざるんですよね。もともと私自身そういう音がほんとに好きなんだろうな、なるほどなって。ドームツアーの方は今回歌う曲を初めてオフィシャルサイトで楽曲投票をしていて、そこから上位20〜30曲を中心にやろうかと思っています。


――面白いですね。20年間でいろんなチャレンジをしてきた安室さんですが、ここは変わっていない!というものはありますか?
安室あります。初めて自分が衝撃を受けたアーティスト……ジャネット・ジャクソンやポーラ・アブドゥールとかアンヴォーグみたいになりたい。そして今度は私のことを見て、この人みたいになりたいと思ってもらえる人になりたいっていう気持ちは、20年間変わらないです。そこがブレちゃうと何をやっているのかわかんなくなってきちゃうから。もちろん今でもジャネットは大好き。だからマイケル・ジャクソンもすごいのはわかるんですけど、先にジャネットを見ちゃってるから(笑)基本的には男性アーティストよりも女性アーティストの方が好きなんですよね。
(文:早川加奈子)

関連リンク

PHOTO GALLERY
ARTIST PAGE
OFFICIAL SITE

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!