• ホーム
  • 映画
  • 韓国エンタ10周年特集『スターが大集結☆ファン投票で選ばれる“ベスト”は果たして!?』

韓国エンタ10周年特集『スターが大集結☆ファン投票で選ばれる“ベスト”は果たして!?』

日本で韓流ブームに火がついてから今年で10周年。この節目のタイミングで、ファン投票によるベスト【俳優、ドラマ、K-POPアーティスト】が選出され、それを表彰するアワード『Korean Entertainment 10th Anniversary Awards in Japan』が開催されることが決定した! すでに投票中の“韓流10周年大賞”俳優、ドラマの中間結果ランキングも発表!!

授賞式開催☆10周年を振り返る

 ドラマ『冬のソナタ』が2003年に日本で韓流ブームを巻き起こしてから今年で10年。この間、数多くの韓国ドラマ、映画、K-POPアーティストが日本上陸。しっかりとファン層を築きながら、いくつものブームの去来を経て、日本のエンターテインメントシーンをにぎわせている。

 ドラマでは、ひたすら劇的で不幸せな展開が繰り広げられる“不幸のデパート”ものや、イケメン人気俳優らによるベタな恋愛の“こっぱずかしいラブコメ”もの、巨額の制作費を投じた硬派な歴史時代ものなど、日本ドラマとは異なる独自の強い個性のある韓国ドラマは、そこからスターを輩出しながら、そうした俳優らの人気も相まって、特定のファン層を魅了してきた。

 一方、K-POPでは、磨き抜かれた歌唱力とダンスパフォーマンスだけでなく、韓国グループ特有のメンバー内のキャラクターや相関関係などがファンをくすぐり、一時期爆発的なブームを巻き起こし、若い世代の音楽ファンを広く惹きつけた。その後ブームが終息し、いろいろな話題にさらされながらも、実力派グループたちは変わらず人気と影響力を持ち続けている。

 ドラマとK-POPでコアなファン層の世代は異なるが、K-POPアーティストの出演から韓国ドラマにハマるファンも多い。また、昨今の韓国映画の世界進出による若手俳優の知名度の急上昇にともない、韓国俳優人気が若い世代を中心に広がっていることからも、韓国エンターテインメントのファン層がより幅広い世代へと今も浸透を深めていることがわかる。

 そんななか、この10周年を記念して、心に残るドラマ、主演俳優、K-POPアーティストをファン投票によって選出して表彰を行う祭典『Korean Entertainment 10th Anniversary Awards in Japan』が開催されることが決定した。イベントには、各賞を受賞した俳優、アーティストらが出席する。

 また、韓流10周年大賞として韓流10周年実行委員会によりすでに投票がスタートしていたドラマと俳優(男優、女優)部門は、それぞれ中間結果が発表された(6月22日〜7月31日投票分)。その結果のTOP5ランキング表は以下の通り。

 一方、ミュージック部門(ベストアーティスト)の投票は8月22日よりスタート。下記、公式サイトから投票ができる。こちらの中間結果発表は9月中に行われる予定。

⇒ K-POPベストアーティストへの投票はこちらから!
⇒ 韓流10周年大賞 ドラマ、俳優への投票はこちらから!
⇒ 『Korean Entertainment 10th Anniversary Awards in Japanにご招待☆応募はコチラ!

【俳優・女優部門】韓流10周年大賞“中間発表”TOP5ランキング


順位俳優部門/代表作品女優部門/代表作品
ペ・ヨンジュン
『冬のソナタ』
『太王四神記』
ユン・ウネ
『コーヒープリンス1号店』
『宮〜Love in Palace』
チャン・グンソク
『美男<イケメン>ですね』
『メリは外泊中』
チェ・ジウ
『冬のソナタ』
『美しき日々』
ユチョン
『屋根部屋のプリンス』
『ミス・リプリー』
キム・ソナ
『私の名前はキム・サムスン』
『アイドゥ・アイドゥ』
キム・ヒョンジュン
『花より男子〜Boys Over Flowers』
『イタズラなKiss〜Playful Kiss』
ハ・ジウォン
『シークレット・ガーデン』
『バリでの出来事』
ヒョンビン
『私の名前はキム・サムスン』
『シークレット・ガーデン』
ハン・ヒョジュ
『華麗なる遺産』
『トンイ』

【作品部門】韓流10周年大賞“中間発表”TOP5ランキング


[イベント情報] Korean Enta 10th anniversary Awards in Japan


韓流10周年を記念して、心に残るドラマ、主演俳優、K-POPアーティストをファン投票で選出して表彰! ファンと一緒にさらに韓流を楽しめる祭典を開催!
ファン投票で選ばれた韓国トップスターが来日!!


開催日:10月19日(土) 17:30〜
会場:千葉・幕張メッセ国際展示場

◆アワード詳細◆
【韓国ドラマ大賞】
韓流10周年大賞:≪男優部門≫ ≪女優部門≫ ≪作品部門≫
【ミュージック大賞】
ベストアーティスト:≪ボーイズグループ部門≫ ≪男性ソロ部門≫ ≪ガールズグループ部門≫ ≪女性ソロ部門≫
同アワード(招待イベント)への参加方法は公式サイトをCHECK!!
Korean Enta Award Japan 公式サイト:http://ke10th.jp/


放送概要:
DATV、TBSチャンネルにて生中継: 10月19日(土)17:30〜21:00
※KNTVにて後日放送予定
放送スケジュールなど詳細はDATV 公式サイトへ

韓国エンターテインメント 特集&インタビュー 一覧


 
 
 
 
 


関連リンク

中間発表!! 韓国ドラマ大賞男優&女優、ドラマ<TOP5>
投票スタート!! K-POPベストアーティスト
俳優&ドラマ投票はこちら韓流10周年大賞 公式サイト
授賞式のフォトはコチラ☆
連載『ASIAN STYLE FILE』 BACK NUMBER

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!