• ホーム
  • 音楽
  • CNBLUE『カッコイイ新曲から学生時代の思い出まで語る!』

CNBLUE『カッコイイ新曲から学生時代の思い出まで語る!』

『Zepp Tour』を行っているCNBLUEが、6thシングル「Lady」をリリースした。今回は、メンバーが学生時代を振り返り、休日や夏休みの過ごし方についても語ってくれました。

ライブで演奏することをイメージして作った

――6枚目のシングル「Lady」が完成しましたが、「Lady」の聴きどころを教えてもらえますか?
イ・ジョンシン僕はベースなので、やっぱり聴きどころは、僕のベースラインです(笑)。この曲は、レコーディングのときにいろいろ考えながら録ったので、夜の9時ぐらいから朝の5時までかかったんです。レコーディングしているときから、今回のライブツアーでやったらすごく盛り上がるだろうなと思って演奏していました。リズムそのものがとても盛り上がるリズムですし、サウンドも(ハイトーンで)“パンパンッ”。
一同(笑)
ジョンシン観客のみなさんと一緒に楽しんでいる姿を想像するだけで、ワクワクしてきます。
イ・ジョンヒョンこの曲はヨンファ兄さんが作ってくれたんですけど、本当にいい曲!大好きです!
ジョンシン僕も好き!
カン・ミンヒョク僕も(笑)。

――みんなから愛されている「Lady」について、生みの親であるヨンファさんから制作エピソードを教えてください。
ジョン・ヨンファこの曲は、昔っぽいスタイルと今のスタイルを融合させようと思って、今年の3月か4月ぐらいに作ったんです。本当はもっと難解な感じに作ることもできたんですけど、ライブで演奏することをイメージして作ったので、最初に重ねた音をどんどん省いていって、結果シンプルな構成になりました。
ジョンシンでも、演奏は結構難しいです。
ヨンファ全体的にシンプルだからこそ、1つひとつの音に重みをもたせられたらいいなと思って、あえて今回は難しいフレーズを散りばめました。
ジョンシン大変でした……。
ヨンファ「Lady」は、2曲目の「Don't Care」「Monday」とほぼ同時期に、曲自体は結構早く出来たんですけど、mixを終えたあとに、後半部分を直したり、ジョンシン君のベースを録っているときに直したり、その直したのをまたくっつけたりして、今回は今まで以上に時間をかけてレコーディングしたんです。
ジョンシン僕がレコーディングしているときもずっとヨンファ兄さんがついていてくれたんですけど、僕が朝の5時にベースを録り終わって、そのあともヨンファ兄さんは作業で6時すぎまでかかってしまって、眠い中、本当に申し訳なかったなって。

――そのときジョンヒョンさんとミンヒョクさんは?
ミンヒョク僕は、そのときには自分のパートのレコーディングは録り終えていたので、「ジョンシン頑張って〜」ってパワーを送りつつ、家でグッスリ寝ていました(笑)。
ジョンヒョン今回はジョンシンのドラマの撮影の関係で、ジョンシンが一番最後の録りになったんです。いつもならば、僕のほうがジョンシンよりも後にレコーディングするんですけど、今回は先だったので、レコーディングを終えた達成感のなか、僕も家でのんびりくつろいでました。
ヨンファまあ、2人がいてもやることないしね(笑)。
ジョンヒョン確かに、僕らがいても邪魔になるだけですし(笑)。

――歌詞の内容は?
ヨンファ歌詞は、男性のほうから先に女性にアタックをするという内容になっています。(※ひと目惚れした女性に果敢にアタックする男性の姿、一気に燃え上がっていく熱い心情を描いています)

――ヨンファさん自身、そうなんですか?
ヨンファ(即答で)いいえ(笑)。今までこういう歌詞は日本の曲にはなかったのと、この曲の雰囲気にはこの歌詞が合うかなと思って、頭の中でイメージして描きました。

――2曲目の「Don't Care」の聴きどころは?
ヨンファこの曲もシンプルな仕上がりになっているんですけど、強いバンドサウンドの「Lady」とは対照的に、アコースティックの温かなサウンドが印象的です。
ジョンヒョン最初はギターが結構入っていたんですけど、「Lady」と一緒でどんどん音数を減らしていったら、最終的にギターもたくさんカットされました(笑)。でも、曲全体の雰囲気がとてもいいので、いい感じになったと思います。
ヨンファまた歌詞では、僕らは本当恵まれていて、たくさんの人、友だちやファンに支えられて幸せに生きている。だからこそ、支えてくれる人たちに感謝しながら、これからも生きていきたい。そして、僕達だけでなく、聴いてくれるみなさんも決してひとりで生きているのではなく、僕たちがいるから大丈夫だよという想いを遠回しではなく、直接的に描いています。

――力強い勇気をもらえますね。きっとファンの人も同じ気持ちでしょうし。
ヨンファそうだとうれしいです。

――続いて「Monday」の聴きどころもお願いします。
ヨンファ僕たちは定期的なスケジュールで動く人間じゃないんですけど、普通の学生さんとか会社員のみなさんは、やはり日曜日の夜というのは、「あ〜明日からまた学校だ〜」「会社だ〜」と、ちょっと憂鬱な気持ちになるんじゃないかと思い、その心情を歌詞に書きました。

――みなさんも日曜日の夜はそうでした?
一同はい。
ヨンファ韓国で10年ぐらい続いている『ギャグコンサート』という日曜日の夜9時〜10時にやっている国民的長寿番組があるんですけど、そのエンディングテーマが流れると、両親から「明日学校なんだから、早く準備して寝なさい」って毎回うるさく言われるんです。
ジョンヒョンもう、最悪です(笑)。
ヨンファだから、エンディングテーマは、嫌な気分を煽る曲なんです(笑)。
一同タッタタータッタタター(歌い出す)。
ジョンシンなんて曲名だったっけ?(一同考える)
ミンヒョク(iPhoneで調べて)スティービー・ワンダーの「パートタイムラバー」だ!(音を流す)
一同あっそうそう〜。
ヨンファ毎回生バンドでその曲を演奏するんですけど、すごくいい曲なのにイメージが……。
ジョンシンやる時間帯が悪いです(笑)。

――確かに。ちなみにみなさんが学生時代、日曜日はどんな過ごし方をしてましたか?
ジョンヒョン僕は友達と教会に行って、そのあとご飯を食べて帰ってました。
ジョンシン僕はとにかく友達と遊んでました。
ヨンファ僕も。
ミンヒョク僕はお父さんと2週間に1回、日曜日の朝、銭湯に行って、そのあと友達と遊ぶのが習慣でした。
ヨンファ僕の家は、朝食がラーメンでした。お母さんも日曜日はお休みしたいから、ご飯もいつもと違って、即席ラーメンで済まされました(笑)。でも、僕は好きだから、うれしかったです。
ジョンシンあ〜ラーメン食べたいな〜。
ミンヒョクラーメン食べたい!
ジョンヒョンほんと!ラーメン食べたい!

――みんなラーメン大好きですね。
ジョンヒョン毎回日本に来たら、ラーメンを食べるのが楽しみです。

――そうなんですね。でも、みなさん日曜日でも朝からアクティブに活動してるんですね。
ミンヒョク僕はお昼、10時ぐらいまで寝てました。
ヨンファ日曜日といえば、朝10時から始まる、
ジョンシンあっ『サプライズ』だ!
ヨンファその番組を見てから出かけるんです。
ジョンヒョン『サプライズ』も韓国の人がみんな知っている人気番組で。『ギャグコンサート』と『サプライズ』を見ていないと、月曜日に学校に行ったとき、みんなの話題についていけないんです。
ヨンファあと、『動物農場』とか、『日曜日は四捨五入』とか。
一同あっ、あったね〜!

メンバーそれぞれの学生時代の夏休みの過ごし方は……

――現在、日本の学生の人たちは夏休みまっただ中ですが、みなさんの学生時代の夏休みの過ごし方はどんな感じでしたか?
ミンヒョク僕は友達の家に行って寝たり、遊んだり、
ヨンファせみ取りにはいかなかったの?
ミンヒョクいかなかったです。あと、たまに学校に行ってサッカーをしていました。
ジョンシン日焼けはしたの?
ミンヒョクしたけど、ほとんど友達の家にいたから、そんなに真っ黒にはならなかったと思う。

――ジョンヒョンさんの夏の過ごし方は?
ジョンヒョン僕は、海の男でした。家から30秒ぐらいいったら海だったので、毎日友だちと海で泳いで、家に帰ってご飯食べて、疲れたら寝て……の毎日でした。
ジョンシン日焼けはしたの?
ジョンヒョンちょっとだけ。でも、赤くなるだけで、すぐ白く戻ってましたね。
ジョンシンあ〜うらやましいな〜。

――ジョンシンさんは、さきほどから日焼けに興味深々なようで(笑)。
ジョンシン僕はすぐ黒くなってしまううえに、白く戻らないから、本当にうらやましいです。

――ヨンファさんの夏休みの過ごし方は?
ヨンファ僕の地元の釜山には山がたくさんあって、実家の後ろにも山があったので、お父さんと一緒に山登りをしていました。お父さんは、ロッククライミングをしていて、ヒマラヤまで行ったほどなんです。

――それは本格的ですね。
ヨンファそして、お父さんがヒマラヤに行って帰ってきたのは、1年後でした。

――では、ジョンシンさんの夏休みの過ごし方は?
ジョンシン夏休みになると、ヘアーカラーをチェンジしてました。
ジョンヒョン不良です(笑)。
ジョンシン違います(笑)。学校に行っているときはできないので、夏休みの間だけ派手な色に染めていました。
ジョンヒョンヤンキーです(笑)。
ジョンシン違います(笑)。美容院に行くと高いし、自分の思った色に染まらなかったりするので、友だち同士でヘアカラーの薬を買ってきて、お互いに染めあっていました。
ヨンファあ〜懐かしい〜。自分たちでやると、耳やおでこについちゃったりするんだよね(笑)。
ジョンシンでも、毎年やってるから、どんどんコツをつかんでくるんです。1回染めて、乾かして、また染めて、乾かしてっていう風にやっていくと、いい感じで濃い色が出るんです。
ヨンファしかも、安いカラー剤のほうが派手な色が出たりするんだよね。「楊貴妃」とか。
ジョンシンあ〜あったね。300円!
ジョンヒョン一番安いです!
ジョンシンでも、「楊貴妃」は、僕は染めるときじゃなく、学校がはじまる2日前に、髪色を戻すときに使ってましたね。
ジョンヒョンやっぱりヤンキーです(笑)。
ジョンシン違います(笑)。

――では、ヨンファさん、まとめてください。
ヨンファジョンシンは、ヤンキーです(笑)。
ジョンシンヨンファ兄さんまで……(ミンヒョクを見る)
ミンヒョク僕はどっちでもいいと思います(笑)。
ヨンファとにかく今年の夏は、日本でのツアーや『SUMMER SONIC 2013』への出演とライブ三昧の熱い夏です。「Lady」をライブで披露したくてウズウズしているので、みなさん一緒に盛り上がりましょう〜!
(文:星野彩乃/撮り下ろし写真:草刈雅之)

関連リンク

フォトギャラリー
これまでの活動がまるわかり!過去のインタビュー
プロフィール/CD売り上げ
ブログ
オフィシャルサイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!