• ホーム
  • 芸能
  • アーロン SPECIAL INTERVIEW 要求が多くて困らせてしまう!? ディテイルにこだわって仕事がしたい!

アーロン SPECIAL INTERVIEW 要求が多くて困らせてしまう!? ディテイルにこだわって仕事がしたい!

台湾の新鋭スター・アーロンをクローズアップ!日本でソロアーティストとしても活動しているアーロンの素顔に迫る☆仕事に対する想いから、お気に入りのファッション、台湾で流行っているものまでたっぷりと語ってくれました!

恋愛禁止は僕には無理です!(笑)

――今回のファンミーティングは大盛況でしたが、自分で企画したところはありますか?
【アーロン】 選曲にはこだわりました。例えば、最後に歌った「〔才當〕不住的太陽」という曲は、録音し終わったばかりの新曲なんですね。今回のこのような場を借りて、ファンのみなさんと一緒に喜びを分け合いたいという気持ちで選曲しました。

――新曲はどういう心境を歌ったものなんですか?
【アーロン】 ファンの皆さんは、僕のことを「小さな太陽」と呼んでくれることがあるんですけど、僕自身も温かい気持ちをみんなで分けあうことが大好きなので、そんな風に「小さな太陽」って呼ばれるようになったんだと思うんです。で、今回の歌のタイトル「〔才當〕不住的太陽」を直訳すると、さえぎってもさえぎれない太陽の光っていう意味なんです。歌詞は、ある人物が愛する人に温かいぬくもりを与えることで、だんだんすべてがいい方向に向かうという内容です。

――その「〔才當〕不住的太陽」が主題歌のドラマ『就是要〔イ尓〕愛上我』では、アーロンさんは若きCEO役で、社員に恋愛禁止令を出したりするそうですが、最初にその設定を聞いてどう思いましたか?
【アーロン】 まず、社会人の役というのがうれしかったですね。僕にとってはチャレンジとなる役柄だと思いました。というのも、それ以前は大学生など若者の役が多かったんですけど、今回のドラマでは大人の男性を演じられます。それに、社会人の繰り広げるラブコメディは台湾でも人気が高いジャンルなので、話をいただいたときは、非常にうれしかったです。

――もしも自分が恋愛禁止令を出されたらどうしますか?
【アーロン】 びっくりします(笑)。僕にはそんなの無理ですよ!

――アーロンさんは、今回演じるCEOのように人に無理なことを言ったりしますか?
【アーロン】 それはあります(笑)。仕事に対しては要求が高いので、スタッフに細かいことを言ってしまうことがよくあります。僕としては、できるだけディテイルにこだわって仕事がしたいので、そういう意味では要求が多くて困らせてしまうこともあると思います。

――女性にはどうですか? 自分がわがままを言ったり、言われたりとか。
【アーロン】 女性がわがままを言うのは特権ですよ! 女性はいくつになってもケアされたい、優しくされたいという気持ちがあるでしょう? 仕事でいくら成功を収めても、そういう気持ちは変わらないと思います。そういう意味では、女性のわがままは僕はOKです。

蛍光色、メタリック素材、花柄のファッションが好き

――2012年には、松山市で台湾ドラマ『アリスへの奇跡』のロケをされていましたが、どういう思い出がありますか?
【アーロン】 松山城が大好きでした。お城では、ドラマのオープニングシーンを取りました。その日はとても寒かったのを覚えています。松山城には、ロープウェイとかリフトもあるんですけど、僕らは歩いて登ったんです。その途中に見える松山の景色が美しくて惹きつけられました。あとは道後温泉ですね。最高です!

――食べ物はなにか印象に残ってますか?
【アーロン】 とにかくみかんばかりでした(笑)。松山市の市長が本当に情熱的な方で、みかんを箱でどーんとくれたので、みかんが僕らのおやつになっていて、ヒマなときはずっと食べていました。おかげで上手に剥けるようになりました(笑)。

――最近、台湾ではコンサートを行われたそうですね。妹さんがデザインした衣裳も採用されたそうで。
【アーロン】 そうなんです。妹が衣装をデザインしてくれました。普段は妹と一緒にいる時間はなかなか取れないんですけど、コンサートで一緒に仕事をすることができて、一気に距離が近くなりました。僕は妹のデザインを非常に評価しているんです。残念ながら、彼女の作る服は女性ものが多いので、自分ではあまり着られないんですが。普段の僕は蛍光色のファッションが好きですね。それから、メタリックの素材や花柄とかも好きですね。

――今回は日本で買い物はできそうですか?
【アーロン】 それが、今回は時間がないんですよ。

――時間があったら日本で行きたいところは?
【アーロン】 たくさんあります。例えば、富士急ハイランドにも行きたいし、富士山にも登りたいし、おいしいラーメンも食べたい。富士山は香港の歌手のイーソン・チャンさんの歌に「富士山」っていう曲があって、それがきっかけで登りたいなって思ったんです。富士山がどれくらい美しいのか知りたいです。

――ラーメンはどういうものが好きですか?
【アーロン】 やっぱりとんこつラーメンです。あと鶏がらスープとかも。麺は細麺で固ゆでが好きです。それから、チャーシューはでっかいのじゃないとね! 卵ももちろんいれます。ラーメンを一気に食べて、最後にお水をがぶ飲みするのがいいんです(笑)。

――ちなみに、今、台湾で流行っているものはなんですか?【アーロン】
 僕が流行ってるかな! って、それは冗談です(笑)。ラーメンは台湾でも流行っていますよ。日本の一風堂が台湾にもできたので、みんなで行っています。あとBEAMSも台湾に上陸して。でも、僕は日本のBEAMSが好きですね。やっぱり規模が日本のほうが大きいですし。

――最近、日本の芸人・渡辺直美さんと『渡辺直美のおいしいものだけ食べつくし台湾(仮)』(光文社)という本で共演したそうですね。
【アーロン】 すっごくおもしろい女の子でした。料理対決をしたんですが、撮影中はおかしくておかしくてずっと笑っていました。でも、僕よりも年下だったのと、すごく恥ずかしがり屋さんだったことにびっくりしました。ふたりでツーショットを撮ったんですけど、目をあわせるときに恥らっている感じがあって、すごく意外でした。

――今年後半も日本での活動がたくさんあるそうですが、日本のファンにメッセージをお願いします。
【アーロン】 8月には『a-nation』に出演しますし、秋にはコンサートも決定しました。今回のファンミーティングでも、みなさんの応援で大きな力と元気をいただきました。これからも日本でお会いする機会がありますので、また声援をいただけるとうれしいです。僕も常に最高のパフォーマンスをお見せできるようにガンバリマス!
(文:西森路代/写真:泉山美代子)

コンサート情報

AARON YAN INSOMNIA JAPAN CONCERT

[出 演] アーロン
[日 程] 10月5日(土)18:00開場/19:00開演・10月6日(日)14:00開場/15:00開演
[会 場] SHIBUYA-AX
[料 金] 指定席10,800円・スタンディング7,800円 ※3歳以上チケット必要
※入場時1ドリンク500円別途

主催:DISK GARAGE
協力:CHINA AIRLINES / CLUB AARON
制作・招聘:HIM / PROMAX / ASC
運営:DISK GARAGE
お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888(weekday12:00〜19:00)
チケット一般発売:9月7日(土)


アジアのスターにフォーカス☆ASIAN STAR FILE

◆ピーター・ホー『男性女性にかかわらず求める存在…』(2014年5月28日)
◆ソ・イングク『抱きしめたい、守ってあげたいと思わせてくれる』(2014年4月9日)
◆キム・シフ『初恋の気持ちになることを待っている』(2014年1月22日)
◆チェン・ボーリン『情熱に感銘を受けて ターニングポイントになった』(2013年10月23日)
◆アーロン『要求が多くて困らせてしまう!? ディテイルにこだわって仕事がしたい!』(2013年08月14日)
◆キム・スヒョン『いまは“僕の番” 自然な流れのなかで登りつめたトップスターの座』(2013年07月31日)
◆ジロー『イケメンよりも たくましい“猛男”に憧れる』(2013年07月03日)
◆ケルビン『いつも同じじゃつまらない!昼はサンシャイン 夜はセクシーで☆』(2013年06月26日)
◆ヴァネス・ウー&ジミー・ハン『台湾からアジアへ躍進中!ひと目ぼれから発展した自由な関係性』
(2013年06月14日)

◆イ・ホンギ『僕の人生のなかで意味のあることになる』(2013年06月05日)
◆ウーズン『挫折しても克服する チャレンジ精神を忘れない』(2013年05月29日)
◆ソン・ジュンギ『言葉ではなく感情を表現することのおもしろさ』(2013年05月15日)
◆パク・ギウン『チャレンジだった!? 男同士のキスシーン』(2013年03月13日)
◆イ・ビョンホン『「自信がありました」最近の作品ではあまり見せていない姿…』(2013年02月13日)
◆ソ・ジソブ『愛は世界中が共感できる共通言語』(2012年12月27日)
◆ソンジュン『イケメン勢ぞろいの青春ドラマ!!なつかしい青春の甘酢っぱさを…』(2012年11月28日)
◆ユン・シユン『ドラマでの印象的な涙&キスシーンでは……!?』(2012年09月21日)
◆マーク・チャオ『おだやかな性格だけど…衝動的な一面も!!』(2012年09月05日)
◆パク・ユファン『劇中の姉への気持ちは実兄への想い…』(2012年07月25日)
◆ソ・ジソブ&ハン・ヒョジュ『人を愛したときの切ない気持ち…経験が深いほど共感できる』
(2012年06月27日)

◆チョン・イル『高慢な女好きキャラを演じて気づいた愛情表現の共通点』(2012年05月30日)
◆チャン・グンソク&キム・ハヌル『人を好きになる瞬間は…「弱さを知ってしまったとき』
(2012年02月01日)

関連リンク

アーロン 撮り下ろし☆PHOTO GALLERY☆
アーロン公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!