• ホーム
  • 音楽
  • JUNHO From 2PM『ソロデビュー作から初恋やメンバーとの初対面時エピソードまで迫る!』

JUNHO From 2PM『ソロデビュー作から初恋やメンバーとの初対面時エピソードまで迫る!』

2PMのJUNHOがついに日本でソロデビュー!本人がすべてのプロデュースに関わった1stミニアルバム『キミの声』について、前回以上に堪能な日本語を織り交ぜながらたっぷり語ってくれました。

眠る時間がなかったけど、そんな瞬間さえも楽しかったソロ活動!

――まずソロデビューおめでとうございます!
JUNHO (拍手)ありがとうございます!(満面の笑みで)幸せです。いつか絶対やりたいと思っていて、そのための準備も密かに整えていたから、スタッフのかたから僕に「ソロデビューをしないか」という提案を受けたときに、「ぜひしたいです!」と快く返事をしました。そして、今はこれまで以上に強い責任感を感じています。


――2PMのメンバーからも「おめでとう」の言葉はありましたか?
JUNHOもちろんみんなにたくさん言ってもらいました。さらに「コンサートツアーをするんだよ」って話したら、「えっ本当?頑張ってね!」って言ってくれて。ひとりで寂しいときもありますけど、しょっちゅうメッセージを送ってくれたり、実際に近くにはいなくても、ずっと僕のことを温かく見守ってくれていて。メンバーの存在がすごく頼もしいです!

――2PMの活動とソロの活動を並行して行っていたと思うのですが、大変じゃなかったですか?
JUNHOいろんなスケジュールが重なってなかなか眠る時間がなかったりもしたんですけど、でも、そんな瞬間さえも楽しかったです!自分のものですから!

――まさしくすべての楽曲において作詞・作曲、さらにはジャケット写真やミュージックビデオ、ダンスに至るまで、JUNHOさん自身が手掛けられていますが。寝る時間も惜しんで、JUNHOさんの想いを注いで作られた日本デビューミニアルバム『キミの声』の聴きどころ、制作エピソードについて教えて下さい。
JUNHOでは、「キミの声」からお話します。この曲では、常々思っていたことを描いているのですが、スケジュールを終えて家路に着く際に、ふとファンのみなさんのこと――みなさんの熱い声援、応援、そして、ステージで浴びている照明とか、みなさんから送られてくる愛情……といったものが浮かんできて。そういったみなさんの気持ち、心にちゃんと答えられる曲を書こうと思ったときに、瞬間的に「キミの声」というフレーズが頭の中に出てきて、さらにそのキャッチフレーズにあたるメロディーも出てきて。その2つがうまく合わさって、出来上がりました。

――ちなみに家路に着く際というのは、日本で?韓国で?
JUNHO日本です。移動の車の中で浮かびました。そして、ホテルの部屋に帰って、思いついたフレーズをメモして、メロディーを入力して、韓国に戻ってから本格的に作業しました。

――完成までにどれぐらいの時間がかかったんですか?
JUNHO2ヶ月ぐらいですね。

――結構長きに渡って制作されたんですね。
JUNHOいろいろアレンジを変えたりして、全部で3バージョンぐらい作ったんです。ひとつはロック調、もうひとつはトレンドのエレクトロニックなダンスサウンド。最初はロックバージョンがいいかなと思ったんですが、アルバム全体の雰囲気を考え、今回収録したバージョンになりました。

MVでの女性を抱き締めるシーンは「ドキドキかな〜怒るかな〜(笑)」

――また「キミの声」では、ミュージックビデオ(MV)も撮影されていますが、見どころを教えてください。
JUNHO撮影は韓国でしたんですけど、全て野外ロケで韓国のキレイな景色がたくさん映っているし、全体的に明るくて爽やかな仕上がりになっていると思います。

――雄大な夕日をバックに、橋の上でダンスをしているシーンも印象的でしたが。
JUNHOあの場所は、ヤンピョンの近く、ソウル市内からだいたい車で3、40分ぐらいいったところです。どうしても夕日が照らしてくれる橋の上でダンスを踊りたくて。でも、橋に夕日がさしかかる時間って30分ぐらいしかないから、その間ずっと踊ってました。しかも、セットではなく、本物の橋なので、一般の人たちが普通に通るんです。一生懸命踊っているときに、おばちゃんたちが歩いて来たり、自転車が通り過ぎたりして、30分しか時間がないのにどうしよう〜って、実は気が気じゃない状態でした(笑)。

――またダンスのシーンのほかに、女性を抱き締めるシーンもあり、ファンの人はドキドキしてしまうのではないかと。
JUNHOドキドキかな〜怒るかな〜(笑)。

――もしかしたら、泣いちゃう人もいるかも。
JUNHOどうなんだろう。でも、あくまでも演技者JUNHOとしての自分だと思って理解していただけたらと思います。なので、みなさんも相手役の方を自分だと思って見ていただけたらうれしいです。

――では、2曲目の「Like a star」について教えて下さい。
JUNHOこの曲も、ファンのみなさんに伝えたいことをそのまま書いています。また遠く離れている恋人に対してに向けた気持ちにも受け取っていただけると思います。離れていても互いのことを想い、暗い夜空に浮かぶ星のようにいつも互いを照らし、導いていく存在であり続けたい!どこにいても、どんなに離れていても、相手のことを想っているし、見守っているよ!という僕の本心、メッセージを込めています。何よりこういった僕の想いを聞いてくれる人がいることがとても幸せなことだと思いますし、ライブのときに一緒に口ずさんでくださったら、僕もより感情移入ができると思います。

――ライブのときは、JUNHOのメンバーカラーである黄色のペンライトがまさに星のような光を放ってますよね。
JUNHOもちろんイメージしました。あと、3曲目の「目を閉じて」は、タイトルそのものに、ぜひ目を閉じてイヤホンで聴いてほしいです。まるで横にいて囁くようなボーカルが特徴です。、あと4曲目「GOOE BYE」は、例えていうなら、白鳥の湖みたいなものを思い浮かべて、夜に大きな月が出ていて、その月の明かりが湖を照らしているんだけど、湖は凍っていて、その上にひとりの男が寂しそうに佇んでいる姿を描いています。

――その男はJUNHOさんとか?
JUNHOいろんな状況に例えられると思うんですけど、独りで作業しているときにふと物寂しさを感じたりとか。それは僕だけでなく、誰もが時として感じる寂しさみたいなものを巨大化させて表現しました。


――寂しさを感じたとき、その状況を打破するためにすることはありますか?
JUNHOドライブにいったり、何か美味しいものを食べたり、ただひたすら寝たり(笑)。僕は人一倍感情の起伏が激しいんですけど、寂しいときは寂しときで、その状況をあえてみずから楽しんだりもします(笑)。その感情が曲に結びついたりしますし、曲を作る上ではそういう状況も必要不可欠だと思います。
(文:星野彩乃)

関連リンク

フォトギャラリー
JUNHOのプロフィール
これまでの活動がまるわかり!過去のインタビュー
2PMプロフィールCD売り上げ
オフィシャルサイト
  • 1
  • 2
次へ
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!