• ホーム
  • 音楽
  • SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK『ファンと共に熱狂した約1年ぶりのリリースイベント開催!』

SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK『ファンと共に熱狂した約1年ぶりのリリースイベント開催!』

SUPER JUNIORのドンへとウニョクによるユニット・SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUKが、6月19日にリリースしたシングル「I WANNA DANCE」の発売記念イベントを7月4日、東京・SHIBUYA-AXで、計3公演(計4500人を動員)に渡って行った。

メンバーのキス音に、観客は気絶寸前状態!

 前作「Oppa, Oppa」のリリースイベントから約1年ぶり!世界中のファンを魅了する彼らを至近距離で感じられる希少な機会というだけに、終始、ビッシリ人で埋め尽くされた会場は尋常じゃない熱気で包まれた。左右から勢いよく2人が登場し、さっそく新曲「I WANNA DANCE」を披露。男女ダンサーとともにストーリー性のある軽快なダンスを展開し、観客のヴォルテージは一気に上昇!早くも一体と化した。

 一旦ステージそでにはけた2人は、MCの呼び込みで再びステージへ。ウニョクは走りながら用意された椅子を颯爽と飛び越えて登場。そんなウニョクを横目に、ドンへは客席をじっと見渡し、投げキッス。そして、「お久しぶりです!元気ですか?みなさんの顔がまぶしくて僕の目が開けないです。本当に綺麗ですね〜!」と日本語であいさつ。「後ろのかた見えますか?(ハーイ!)見えないって言ったら近くまで行こうと思ったんだけど(エーッ)。でも、見えるようだったら、ここでやりましょうね!」と、早速観客とのコミュニケーションを楽しむ2人。

 「この「I WANNA DANCE」は前作「Oppa, Oppa」以来、1年ぶりですね。みなさんがたくさんの愛をくださったおかげで、今回また「I WANNA DANCE」を出すことができました〜」とウニョクが述べると、「最初はまったく期待していなかった「Oppa, Oppa」をみなさんがたくさん愛してくれたおかげで、「I WANNA DANCE」も出すことができました。みなさんの愛がなければ叶わなかったと思います〜」と続けるドンへ。「僕が言ったことと同じ話じゃないかな〜」とウニョクにツッコまれ、「君の話をずっと真似したいんだけど〜」と照れ笑いを浮かべるドンへ。そんな仲睦まじい2人に歓声を上げる観客。「シー!」と口に指を当て静止した直後、「チュッ」とキス音を発すると、観客は気絶寸前状態に。

 また7月24日にSUPER JUNIORとして1stアルバム『Hero』をリリースすることが発表され、全13曲中、書き下ろしの新曲5曲、さらに収録されるシングル曲はいずれもTOP3にランクインしていることがMCから告げられると、「ビックリアルバム!ビックリした〜ビックリELF(ファン)……チュッ!……」】と再びキス音を反響させるドンへ。「ウニョクもして〜」との観客からのラブコールに、顔を両手で隠し、「ハァ〜」っと一瞬ため息をつくも、決心したウニョクは勢いよく「チュッ」と発し、観客を悩殺。あまりにも大きな反応に、すぐさま「ごめんなさい、ごめんなさい」と照れまくるウニョク。しかし、その後も2人のサービス精神、無邪気ないたずら心は上昇の一途。「実は1回目の公演にSUPER JUNIORのメンバーが来て、「Hero」のパフォーマンスをしたんですよ!」(ウニョク)、「ヒチョルさん、イトゥクさん、イェソンさんがいるそうですよ」(ドンへ)、「メイクを落としてしまったそうなんで……ごめんなさい」(ウニョク)とジョークを連発。

軽快な笑いを誘うトークでもファンを魅了

 その後、ファンから寄せられた質問に答えるコーナーへ。「何でも答えてくださいね」と言われ、「すごく困ります……あ〜困っちゃうね」(ウニョク)と言いつつ、「お互いにここだけは負けないと思うところは?」との質問に、ドンへは迷わず「顔」と返答。すると、ウニョクは「背」とドンへに応戦。「目、頭」とさらなる抗戦をしかけるドンへに、「歯茎」と、チャームポイントの歯茎を強調しながら笑顔を見せると、ドンへは「負けました」と勝負あり。また、新曲の歌詞にある「“アドレナリンパワー”が出るときはどんなとき?」との質問に、「ステージでダンスをしたり、歌ったり、ファンのみなさんの声を聞くとパワーが出ます」と話すウニョクに対し、ドンへは「僕はステージに立って、ダンスをせずに歌わずに、ただみなさんを見ているだけでアドレナリンパワーが出ます」とコメント。すると、「僕は今でしょ〜!今とっても気分がいいです!」とウニョクは両手を広げ、観客から一斉に投げかけられる熱い歓声を受け止めた。

 さらにこの日は、カップリング曲「Love That I Need」も初披露。アップチューンの「I WANNA DANCE」とは一変したミディアムナンバーを、2人は椅子に座りながら熱唱し、場内に温かな空気が流れた。しかし、曲が終わった瞬間、ウニョクはムーンウォークでバックし、ドンへはそんなウニョクを引っ張るそぶりをして、しんみりした空気を一蹴。そして、2人から重大発表が。「みなさん驚かないでください!今、あの後ろに……僕たちの……ダンサーが控えています」とウニョクが笑いをとったあと、「本当に重大発表をします!SUPER JUNIORのファンクラブイベントが、9月26日にさいたまスーパーアリーナで決まりました!」と告げると、場内に歓喜の歓声がこだました。

 「みなさん今日はこの会場をいっぱいに埋めてくださってありがとうございます。ドンへとウニョクはこれからも一生懸命活動しますので、応援してください」と真面目に語るウニョクに対し、「僕は言葉では言いたくありません」と再び、「チュッ」とマイクに反響させるドンへ。すると、ウニョクも便乗し、一緒に悪ふざけ。「じぇじぇじぇ」とNHK連続テレビ小説『あまちゃん』のセリフまで、ウニョクはしっかりマスター!「僕は毎日毎日会いたいです。ハ〜(ため息)……最後のメッセージということで本当に寂しいですが、東京ドームで会えますよね!?」と7月27日、28日に東京ドームで開催されるSUPER JUNIORのワールドツアー『SUPER SHOW5』での再会を笑顔で誓った。「僕もドンへもほかのメンバーも今、一生懸命日本語を勉強しているので、次は日本語で会話ができるように頑張ります!今日は本当に楽しかったです!みなさん、今日は家に帰って日記を書いてください!ありがとうございました〜!」(ウニョク)。

 最後は、このSUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUKがスタートした記念すべきナンバー「Oppa, Oppa」で観客と大フィーバー!そして、集まったファンへのプレゼントとして、アルバム『Hero』のリード曲のティザー映像をいち早く公開!今後のSUPER JUNIORの動向にますます期待が高まるなか、イベントは幕を閉じた。
(文:星野彩乃)

関連リンク

フォトギャラリー
これまでの活動をCheck!過去のインタビュー
プロフィール/CD売り上げ
オフィシャルサイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!