• ホーム
  • 音楽
  • EXILE TAKAHIRO『新しい僕を感じてもらえる――待望のソロ第1弾をリリース!』

EXILE TAKAHIRO『新しい僕を感じてもらえる――待望のソロ第1弾をリリース!』

EXILEのTAKAHIROが、待望の1stソロシングル「一千一秒」を6月26日にリリースした。珠玉のラブバラート「一千一秒」のほか、収録曲はTAKAHIRO自身が作詞を手がけた意欲作について語る。

聴いた瞬間からどうしても歌いたかった「一千一秒」

――6月26日に、待望の1stソロシングル「一千一秒」がリリースされます。同シングルは、4曲入りのマキシシングル。リード曲である「一千一秒」は、切なさを超え、色香漂う狂おしいほどのラブバラードですね。この曲をリード曲に選んだ理由を教えてください。
TAKAHIROリード曲を決めるにあたり、たくさんのデモ曲を聴いたんですが、聴いた瞬間からどうしても歌いたかった曲がこの曲だったんです。ひと目惚れならぬ、まさに“ひと聴き惚れ”でしたね。

――4曲中「一千一秒」以外の3曲はTAKAHIROさんが作詞を手がけられていますが、なぜリード曲は作詞を手掛けられなかったのでしょう?
TAKAHIROひと聴き惚れした瞬間から、この曲はボーカルに徹しようと決めていました。もちろん、作詞をはじめ、すべて自分で関わることもできたけれど、それをやってしまうと自分の色が出すぎて、逆に押しつけがましくなってしまうと思った。僕が心から尊敬する方々の力をお借りして、この曲にさまざまな角度から命を吹き込んで、曲の持つ世界観や可能性を広げたかったんです。

――なるほど。歌詞は、EXILEのアルバム『EXILE JAPAN』に収録されているTAKAHIROさんのソロ曲「PLACE」や、EXILEの「Heavenly White」、三代目J Soul Brothersの「花火」など、数々の名曲を生み出している小竹正人さんが手掛けられていますよね。
TAKAHIRO小竹さんとは普段から仲良くさせていただいているのですが、僕は小竹さんの書かれる歌詞が本当に大好きなんです。だからこの曲も、絶対に小竹さんに書いていただきたくて直接お願いしたところ、快諾してくださいました。小竹さんの紡ぐ言葉の数々は、まるで自分から生まれた言葉かのように歌っていて違和感がなく、とても心地がいい。それに、“唄う”というよりも“語りかける”ような世界観を持っているんですよね。

――「一千一秒」というタイトルも、すごく印象的なタイトルですよね。
TAKAHIROそうですね。タイトルも小竹さんが考えてくださいました。稲垣足穂さんの短編集『一千一秒物語』のなかに収録されている、ひとつの短編作品のように……という意味が込められているそうで、僕自身もすごく気に入っています。


――ジャケット写真とMVでは、極彩色が印象的なフォトグラファー・映画監督でもある蜷川実花さんが手掛けられています。どのような経緯で蜷川さんに決まったのでしょうか?
TAKAHIROまだ曲を制作しているころ、偶然蜷川さんとお食事をさせていただく機会があったんです。そのときにHIROさんが“TAKAHIROのソロのMVとジャケット写真、蜷川さんにお願いしてみるのはどうかな?”とアイディアを出してくださって。その場で蜷川さんにお願いしたんですけれど、快く“ぜひ!”とおっしゃってくださいました。

――薔薇の花が散りばめられたプールでのシーンや、赤い糸に絡まるシーン、現実的な街中のシーンなどで構成されていて、一目観ただけで脳裏に焼つくMVでした。
TAKAHIRO“幻想”と“現実”というふたつの真逆の世界観で構成されています。蜷川さんのなかで描かれている男性像に、僕自身もアイディアを加えさせていただき、詞と画が見事なまでにマッチングしたことに感動しました。より歌詞と対峙することができましたし、蜷川さんとお仕事させていただいたときに僕が観た景色や、撮影時に生まれた新しい発想などを、ライブやテレビで唄う際に投影し、より「一千一秒」に色づけしていきたいなと思っています。


――撮影は真冬に行なわれたと伺いました。
TAKAHIROそうですね。今年の2月に撮影しました。当日は都内を大寒波が襲い、朝は雪も降っていてものすごく寒かった。でも寒いのは僕だけではなく、蜷川さんをはじめ、関わってくださっているすべてのスタッフの方々やエキストラの皆さんも同じ。皆さん、本当に寒いなか頑張ってくださって、すごくいいチームワークで撮影できました。

――今作で蜷川さんとお仕事をご一緒されてみて、いかがでしたか?
TAKAHIRO“現実”と“幻想”という真逆の世界観の振り幅が大きすぎて、完成形をまったく想像できなかったんですが、でき上がった作品を観て圧巻のひと言でした。それに、女子力ならぬ、男子力をアップさせていただいたと思います(笑)。

――男子力(笑)。すでにじゅうぶん持たれていると思いますが……(笑)。さて、「一千一秒」はTAKAHIROさんにとって、どのような作品になっていますか?
TAKAHIRO艶っぽいメロディーと歌詞が特徴的な、ファーストにして本当に最高の作品に仕上がりました。恋愛における皆さんなりの思い出や想いをこの曲に当てはめて、ひとつのドラマを作っていただけると思います。小竹さんの意図した歌詞に僕なりの解釈が加味され、それを蜷川さんが聴いて感じてくださったものが映像になった。詞や楽曲の捉え方は各々で違うけれど、それが融合したときにこそおもしろい作品が生まれるのだと、今作で改めて感じました。1stソロシングルのリード曲を、このようなオールスターにバックアップしていただいたことで、EXILE TAKAHIROソロとして、本当にいいスタートを切ることができました。そんな環境に心から幸せを感じています。

ソロ活動で得たものを持ち帰ることで、EXILEの広がりを今以上のものにできたら本望

――続いて、カップリング曲についても1曲ずつ教えていただけたらと思います。「with…」はラブバラード。4曲のなかでいちばんさわやかなイメージの楽曲ですよね。
TAKAHIROそうですね。恋愛における“光”の部分を表現した楽曲になっています。眠っているときに見る夢と、未来に対する夢をかけ合わせるようなイメージで書きました。たとえば恋人と一緒にいられる時間が少なかったり、社会人の方だったら仕事が忙しくてなかなか会えない日が続いたり、遠距離恋愛をしている方もいると思うんですけれど、そんな状況のなかでも、2人一緒にいる未来をお互いが想い描くことで、つながっていけると希望を抱くことができると思うんです。

――“今”ではなく、その先の未来に焦点を当てるということですね。
TAKAHIROやっぱり、“今”しか見ないとそのときだけの感情に左右されて、どうしてもすれ違いが起きたり、ケンカが生じてしまったりすると思うんですよね。

――Dメロの<暗闇に閉じ込めた涙は 僕がこの胸で受け止める>という歌詞が、強くて優しく、とても心に染みました。
TAKAHIRO逢えない時間に押し寄せる寂しさやつらいことがあっても、きちんと心の拠り所がある……そういう想いをこのフレーズには込めています。

――タイトルの「with…」にある“…”には、どのような想いが込められているのでしょうか?
TAKAHIRO“いつか”というメッセージです。ただ人間同士が一緒にいるのではなく、心と心が寄り添っているイメージ。そういう気持ちって、恋人同士ではなくても感じることがあると思う。恋愛のことを描いた歌詞にはなっているけれど、大切な家族や友達など、各々の大切な人に当てはめて聴いていただくこともできると思います。“いつか”という約束が、人の心を躍らせたり、明るい気分にさせたりもする。想い描いた未来に向かうことで、目の前にあるつらいことを乗り越えられることってあると思うんですよね。

――「二日月」は、数あるデモ曲のなかから、なぜこのメロディーを選ばれたのでしょうか?
TAKAHIROもともとサーフロックがすごく好きで、自分に合っているなと感じていました。この曲もサーフロックテイストで、聴いていてすごく心地よかったんです。

――「with…」とは真逆で、「二日月」は未来というよりも、過去や今に捉われた歌詞になっています。恋愛が終わったときの、男性の心が表現されていますよね。
TAKAHIRO恋愛における陰と陽の、陰の部分を表現した楽曲になっています。それに、サーフロックにあえてネガティヴで切ない歌詞を乗せることで、新しさも感じていただけるのではないかと思いました。

――「二日月」というタイトルもまた、すごく印象的ですね。
TAKAHIRO二日月って、見えるか見えないかくらい極細の月のこと。こないだ、たまたま空を見上げたら二日月が出ていて、思わず写真を撮ってしまいました(笑)。


――どのように恋愛を二日月にたとえたのでしょう?
TAKAHIRO今にも消えそうな二日月の光を、恋愛の陰の部分に投影してみたんです。恋愛って、始まりもあれば終わりもある。もちろん、終わらないことがいちばんだと願ってはいても、僕含め皆さんにも終わってしまった恋愛があると思うんです。

――歌詞からは、突如として別れが訪れたような雰囲気を感じました。
TAKAHIROたとえば浮気されたり、恋人が自分の知らないところでまったく違う顔を見せているのを目の当たりにしたときって、一瞬にして昨日まで自分が愛していた恋人の姿かたちが自分のなかから消えてしまう。昨日まで知っていた恋人の姿は、どこを探してもいないというか……。生き別れではない、もっとつらい経験をされた方もいらっしゃると思いますが。そういう想いって、少なからず誰しもが経験したことがあると思うんです。絶望を感じて、生きる気力すらなくしてしまうくらい落ち込んで、傷ついたと思う。それに、傷つかずに恋愛してきた人って、なかなかいないとも思うんですよね。

――“残されたリングには僕と別の傷跡”という歌詞も、すごく深いですよね。
TAKAHIRO個人的にも好きな歌詞ですね。“心”をペアリングにたとえて表現しています。2人で同じ方向を向いて歩んでいると思っていたけれど、気づいたころには別々の方向を向いていて。そこに気づいたときにはもう遅くて……。気づくのが遅かった自分への不甲斐なさ、恋人を寂しくさせてしまった自分への不甲斐なさに苛まれているイメージです。恋人との別れに、どちらかだけが悪いっていうことはないと思うんですよね。男としてのカッコよさではなく、カッコ悪くて女々しい部分をあえて歌ってみました。

――ラストでは、たとえ届かなくても元恋人の幸せを願っています。そこでさらに、切なさが募りますよね。
TAKAHIROいくら傷ついたとしても、時間が解決してくれることもありますし、一度好きになった人を恨んでしまったら意味がない。それに、その経験がまた人として成長させてくれると思うんです。恋愛ってやっぱり難しくて、ハッピーエンドで終わる恋愛ばかりではない。失恋して心に傷を負ったときって、友人などに相談して共感してもらえるだけで、少し心が救われたりしませんか?だから、たとえば忘れられない過去の恋愛や最近失恋してしまった方などの心にこの曲が寄り添って共感することで、皆さんの心が救われることにつながったらうれしいです。「with…」と「二日月」。どちらも恋愛のことを描いた歌詞ですが、陰と陽……完全に真逆の世界観になっています。

――『約束の空』は、TAKAHIROさんのお祖父さまを想って書かれた歌詞だと伺いました。
TAKAHIRO実は4〜5年ほど前に書いて、プリプロもしていた曲なんです。僕がEXILEに加入した1年前の2005年に、大好きだった祖父が亡くなった。今のこの姿を、大好きな祖父にも見せてあげたかったですね。


――TAKAHIROさんにとって、お祖父さまはどのような存在なのでしょう?
TAKAHIRO本当に威厳のある人でした。祖父には小さいころから、たくさんのことを教えてもらいました。たくさん褒めてくれましたし、もちろん怒られたこともたくさんあった。本当にすごくかわいがってもらって、僕のなかで祖父の存在はとても大きいですね。戦争時代を乗り越え、一家を背負って何もない時代を生き抜いてきた祖父。現代を生きている僕らには微塵も想像できない時代を乗り越えてきたからこそ、ちょっとした一言が名言として、僕の胸に残っているんだと思います。

――歌詞のなかにもありますが、子どもながらにもその名言の数々は胸に響いていたんですね。
TAKAHIRO祖父の発する言葉ひとつひとつに重みがありました。もちろん、子どものころにその言葉の意味を100%理解できていたかと言えば、当時は理解できていないものもあったと思います。でも、胸に深く刻まれていました。大人になるにつれ多くの方と接するときに、その言葉の意味を少しずつ体感するようになった。“あのとき言ってくれた言葉の意味は、こういうことだったんだ”って、胸に響く瞬間がたくさんあった。そんなときにこの曲と出会ったんです。

――歌詞はどれくらいで書き上げたのでしょう?
TAKAHIROあっという間に書けました。歌詞を書く際、景色や場所がこんなにも明確に、鮮明に蘇ったことは、初めてに近いかもしれない。

――今回、1stソロシングルにこの曲を収録するにあたり、どのような想いがありますか?
TAKAHIROずっと温め続けてきた楽曲で、さらに個人的に想い入れの強い曲でもあるので、EXILEではなかなかお披露目できる機会がありませんでした。でも、今回のファーストソロシングルで、個人的に想い入れ深い曲を収録したほうが、きっと応援してくださっているファンの皆さんの胸にも響くと思いました。

――「約束の空」が、リスナーにとってどのような存在になってほしいですか?
TAKAHIROまず、東日本大震災という突然訪れたあの未曾有の震災で、本当に突然……大切な方を失った方々もたくさんいらっしゃると思います。震災から約2年が経った今、未だ気持ちの整理がつかず、もしかしたら時が止まったままの方もいらっしゃると思うんですけれど、失った大切な方を思い出す余裕がもし少しでも心にあったら、この曲を聴きながら思い出してみていただけたらうれしいです。また、最近すごく感じるんですけれど、家族の大切さを軽んじている人が多くなっている気がしていて。そういう光景を目の当たりにしたときに、ものすごく疑問を感じるんですよね。家族を亡くしてから、そのありがたみに気づくのは遅いと思いますし、知らず知らずのうちに家族や両親からたくさんのことを教えてもらっていることに気づいてほしい。この曲を聴いて、今一度“家族愛”や“家族の大切さ”を感じていただけたら、きっと天国にいる祖父も喜ぶと思います。

――それでは最後に、今後のEXILE TAKAHIROソロの展望と読者の方へメッセージをお願いいたします。
TAKAHIRO僕の音楽性のルーツは、ブラックミュージックよりもどちらかというと、ギターサウンドやロック。ソロではそういったテイストで、自分の“色”をより色濃く見せていきたいですし、EXILEのボーカルとはまったく違う僕を表現することで、よりファンの皆さんに喜んでいただきたい。そして、ソロ活動で得たものをEXILEに持ち帰ることで、EXILEの広がりを今以上のものにできたら本望です。今作の僕の1stソロシングルでは、「一千一秒」含め、EXILEでは普段お見せしない、僕のルーツに沿った楽曲の数々が収録されています。何回聴いても飽きない作品ばかりで、今までになかった新しい僕を感じていただけると思いますので、ぜひEXILE TAKAHIRO ソロを楽しんでいただけるとうれしいです。
(文:桜井麻美)

関連リンク

フォトギャラリー
これまでの活動がまるわかり!過去のインタビュー
プロフィール/CD売り上げ
オフィシャルサイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!