• ホーム
  • 音楽
  • 川嶋あい『デビュー10周年!自身が感じる昔と今の違い、そして今後の私』

川嶋あい『デビュー10周年!自身が感じる昔と今の違い、そして今後の私』

デビュー10周年となる川嶋あいのニューアルバム『One Song』。そこには“曲を聴いてくださる方の人生に一瞬でも交わる歌であってほしい”という想いが込められている。10年経ってもブレない心の強さに感動です!

カフェオレからエスプレッソに 10年経って感じる楽曲作りの変化

――10年前の楽曲といまの楽曲に違いを感じますか?
川嶋あい10代は10代で、その頃にしか感じ取れなかった想いとか、爆発的なエネルギーがそのまま集約されていたような気がするんですけど、20代になるとそこにまろやかさと上品さをプラスしたような、だんだんエスプレッソみたいに苦みを加えたように感じていますね。いまでも過去の作品を聴くと、どうしてこんなに真っすぐで瑞々しい言葉とかメロディーが書けたんだろう? って思うんです。その頃の自分に会えたら、対談したいくらい(笑)。でも、いまはまた20代の自分の感性で書いていくべきなのかな? って思うので、やっぱり当時とは変わっていっているんでしょうね。

――いまがエスプレッソなら、当時は?
川嶋覚えたてのカフェオレって感じですかね?(笑)。10代の時はあまり分析せずに直感的に見ていたモノが、だんだんと細部まで見つめるようになった気がします。

――そう言われてみると、情景描写が鮮明に見えますね。アルバムの1曲目「Yes/No」は、(I WiSHとしての)デビュー曲「明日への扉」をいまの自分が作ったら……? というテーマで書いたそうですが。
川嶋「明日への扉」はすごく複雑で、切なさとか甘酸っぱさが残るような曲だったんですけど、この曲は逆にすごくストレートなんですよね。ずっと前向きでエネルギーにあふれているような曲になりましたね。わかりやすい言葉で、本当に情景描写がすごく鮮明になっています。

――どの曲も素直で、そこは当時と変わっていないのかな? と思いました。そもそも川嶋さんの曲はピュアなところから生まれていますよね。だからこそ、それを聴いた人の心が浄化されるのかな? と。
川嶋もちろん自分が感じた想いを素直に曲に乗せていますけど、曲を作る時ってどちらかというと、前向きな明るい歌も苦しみの中から生み出していくかもしれないですね。それに、あまり余裕がない時とか忙しい時の方が生み出しやすいんですよ。今作で言うと「レモン」とか「ジャングル」とか、明るい歌は多いですね。

――私は個人的に「Spice」が好きです。
川嶋あぁ、これはアルバム制作のなかで変化球的な曲が欲しいなと思って作った曲で、本当にスパイス的な存在になりましたね。歌詞のテーマ的にもあまり書いたことのない心情を捉えた曲です。メロディーもいままでに書いたことのない感じですね。私もこの曲はすごく好きですよ。「Spice」、「Don Don」はライブで絶対にやりたくて作った曲なんです。

10年後は“家庭を持った川嶋あい”で音楽活動を

  • 『One song』(通常盤)

    『One song』(通常盤)

  • 『One song』(初回限定盤)

    『One song』(初回限定盤)

――お話しを聞いていると、このアルバムにある曲はいままで生きてきて、いろんな人との出会いや別れのなかで生まれた曲なんだなって感じました。
川嶋そうですね。それが一番表現されているのが「…Another road」だと思います。ステージ上で感じていた想いを切り取った歌なんですよ。

――基本、“歌の向こうに人が見える歌”が川嶋あいの特徴かな? と。
川嶋それは徐々にそういう傾向になってきましたね。昔は自分の内側に向けて作った曲が多かったんですよ。それがだんだん歌を聴いてくださる人たちが増えていくなかで変わってきたんだと思います。作る時に自然とその人たちが向こう側にいるような、そういうスタンスで曲作りをするイメージかな? 私は路上で、生で歌を届けるというところから始めているので、温かい気持ちとか、希望とか優しさとかいろんなモノをもらったので、それを返していきたいという気持ちがどこかにあって曲作りをやっているというところがあると思うんですよね。

――いまおっしゃった「…Another road」は、一生懸命に歩いてきた人に響く歌ですね……。
川嶋うん。頑固一徹な人に合うかもしれない(笑)。

――それは、川嶋さんがそうだから?
川嶋振り返ればそうだったかもしれないですね。たくさん曲がり角とか分かれ道があったかもしれないんですけど、結局1本の道を自ら選んでひたすら歩いて来たのかな? と、10年を振り返りながら作った曲ですから。

――頑固というか、ブレないですよね。振り返ると路上ライブ1000回だったり渋谷公会堂でライブをやるという目標を達成したり、その原動力って何なんでしょうね?
川嶋逃げ出したくなることも何度もあったんですけど、そういう自分が許せないんでしょうね。情けない自分がすごく嫌なので、自分に勝つために。それだけだと思います。負けず嫌いなので。がんばった分だけ幸せって訪れると思うんですよ。

――うんうん。
川嶋私は子どもの頃からそういうスピリッツを持ってやってきたなと思っているし、母がそう教えてくれていました。時間がかかっても、がんばれば絶対にゴールって見えるし辿りつけるんですよね。とにかく途中でやめないってことを昔からやってきたので、いまでも途中でやめられない。そういう自分のスタイルなんだと思います。

――ちなみに「…Another road」の“…”の意味は?
川嶋もしかしたら別の道もあったのかな? って思うんですよ。もしかしてほかの道を進んでいたらどうなってたんだろう? って、たまにステージ上で思う瞬間もあるんですよね。不思議な感覚なんですけど、ふっと自分のわからない領域に行って気持ちが飛んじゃうというか。それこそ走馬灯のように思い出されて「あの分岐点で、もしもあの道を選んでいたら……」って。もしそうだったら……という意味での“…”であり、「でもやっぱり選ばなかったよね」という頑固一徹の自分に行き着くんですけどね(笑)。

――もしも、いまの道を選んでいなかったら?
川嶋ずっと青年海外協力隊に入りたいと思っていたので、もしかしたらその道を本気で行ったかもしれないですし、ずっと地元の福岡にいたかもしれないですね。

――いまさらですけど、ずっといたかもしれない福岡を出た一番のキッカケって何ですか?
川嶋私を応援してくれていた母が「東京に行って歌手になりなさい」と言ってくれたので、寂しいなとは思ったんですけど、そこまで言ってくれるんだったらがんばろうと思って上京しましたね。

――それが15歳ですよね。しかも東京の路上に立つって、すごい勇気ですよ。
川嶋特にあの頃は、女の子でストリートでやってる子はまったくいなかったですからね。通る人に“何やってるんだろう?”っていう目で見られていましたから。

――勇気を持って一歩を踏み出したことが今につながっているんですね。
川嶋チャレンジしてよかったと思います。勇気を出して踏み出したから開けた道だと思っています。今年の活動のテーマが“square one(原点回帰)”だったんですよ。原点に立ち返ってみて見える景色や情景を、11年目に生かしていきたいなと思って、再び47都道府県ライブもやらせていただいてます。ライブは人とつながる大切さを教えてくれてる気がしているんです。

――そして、ここから10年後の自分は、どうなっていたいですか?
川嶋37歳になっているので、結婚して子どもがいてほしいです。家庭を持った、ひとりの女性としての川嶋あいが出現してくれるとすごい変化があると思うので、それがまた音楽に結びついていたらいいですね。

――エスプレッソから次はどうなっていくのか楽しみにしていますね。
川嶋はい。がんばります。
(文:三沢千晶)

関連リンク

川嶋あいのプロフィール/CD売上
過去インタビュー&特集
公式サイト
公式ブログ
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!