• ホーム
  • 芸能
  • 高梨臨 SPECIAL INTERVIEW 女優 or 将棋!? その突き抜けた“振り幅”の広さを検証!!

高梨臨 SPECIAL INTERVIEW 女優 or 将棋!? その突き抜けた“振り幅”の広さを検証!!

現在放送中のドラマ『放課後グルーヴ』(TBS系)で連ドラ初主演を務めている高梨臨。女優として数々の作品に出演し女優としての“幅”を広げる彼女にインタビューを敢行!! また、仕事以外は将棋を指すことに生きがいを感じているという彼女の意外過ぎる趣味についても追及。その突き抜けた“振り幅”の広さを検証していこう!!

まず、ヤンキーってなんだろうって(笑)

――連ドラ初主演作『放課後グルーヴ』の撮影もクランクアップしたようですが、今回の作品を振り返って如何ですか?
【高梨 臨】クランクインした時は、初主演という不安と、共演者の方もほとんど年下ということで、私がお姉さんだから引っ張っていかないと! という気持ちが強かったですね。ただ、皆から気軽に「先生、先生!」って呼んでもらって、皆に助けられたという気持ちが本当に強いです。

――高梨さん演じる桐生は元ヤンキーの高校教師という設定ですが、役作りも苦労した?
【高梨】まず、ヤンキーってなんだろうって(笑)。自分の周りにも「これぞヤンキー!」という人がいなくて、最初は想像できなかったです。色々考えた結果、観る方によってさまざまなヤンキーの定義があると思うんですけど、私なりに考えた、ちょっぴりオーバーなリアクションでやろうと(笑)。あとは、もちろん監督とも話し合ってキャラクターを構築させていきました。

――なるほど。徐々にキャラクターも煮詰めていったワケですね?
【高梨】はい。クランクインする前に2週間ほどリハーサルがあったので、その間に役作り出来たのが大きかったです。ドラマの撮影現場では珍しいくらい贅沢に時間を作って頂いたので、演じる側としては凄く助かったし、共演者やスタッフの皆さんとコミュニケーションを深めることも出来ました。

――作品を観ると、高梨さん演じる桐生はかなりハチャメチャで振り切った役どころですよね?
【高梨】そうですね! ただ、撮影を終えて、いざ第1話のオンエアを観ると「あれ、もうちょっと振り切れるんじゃないか?」って、どんどん思うようになってきて(笑)

――まだ、振り切り度が足りないと(笑)。
【高梨】撮影しているときは「結構頑張ったかな…」とか思ってたんですけど、いざ初回の放送を観たら、「もっと振り切らないとダメだ!」って思いましたね。だから、回を追うごとにハチャメチャになってきて、凄く楽しかったです(笑)。でも、そんな過剰なリアクションも「あ、これは桐生っぽいなぁ」って思えてきて…。

――高梨さんのなかでどんどん桐生を理解していった。
【高梨】そうですね! 自分が演じた桐生もそうですけど、生徒たちとも交流を深めていく中で、みんなへの愛情も深まっていくのが実感できたというか…。お芝居という事だけじゃなく、本当の一体感というのが今回の作品では特に感じました。

しっかりやれば皆さんが笑ってくれるので嬉しいです(笑)

――監督は『荒川アンダー ザ ブリッジ』等でおなじみの飯塚健さん。飯塚監督からはどのような演出がなされました?
【高梨】気持ちをベースに考えてくれる方なので、違和感なく役に臨めました。ただ、監督からの要望も徐々にハードルが高くなっていくので、そこは私の負けず嫌いな性格を刺激されました(笑)。

――「これは出来るかなぁ?」と問われれば…。
【高梨】「もちろん、出来ますけど!」って(笑)。

――アハハハハ! そこは監督も上手に高梨さんの性格を掴んでいたんでしょうね。
【高梨】はい。上手く乗せられちゃいました(笑)。

―― 飯塚監督と言えば、本道から枝分かれした横道にも強いこだわりを感じますよね。
【高梨】凄いです(笑)。お会いする前は、漠然とコメディを撮る方という印象だったんですけど、凄くお芝居を大切にしていて、カット割りも凄く細かいんです。こんなに演技したのにオンエアではちょっとだけになってることもありますし(笑)。

――入念なリハーサルといい、贅沢な作りですよね。
【高梨】そうですね! 贅沢な時間だったと思います。

――今作ではダンスを通して生徒との絆を深めるというのが主軸になっていますね。
【高梨】はい。元々、ダンスが得意なワケではなかったので不安だったんですけど、私が演じた桐生もダンスが苦手という設定だったので助かりました(笑)。実際にダンスシーンもあるので、かなり練習に時間を費やしました。ただ、学校教育でダンスが取り入れられていることからも分かるように、頑張れば誰でも出来るという部分があって、少しずつ上達していくのは気持ちよかったですね。皆とのコミュニケ―ション手段としても、ダンスは魅力的だなって思いました。

――ただ、最初は筋肉痛にも悩まされたとブログでも吐露してましたね。
【高梨】はい(笑)。ただ、その筋肉痛は9話でのアクションシーンも含まれていまして。私、戦隊シリーズに出演していたんですけど、アクションは全くやってなかったので大変でしたねぇ(しみじみ)。

――あ、ダンス以外にも派手なアクションシーンも今後あるんですね。
【高梨】本格的です! リハではアクション監督の方に殺陣をつけて頂いて。台詞もなく延々とアクションシーンだけという感じなので、そこからテレビをつけた方は何の番組だろう?って思うかもしれませんね(笑)。

――アハハハハ! そこはいかにも飯塚監督らしいですね。横道もしっかりと拘るという(笑)。
【高梨】はい! しっかりやれば皆さんが笑ってくれるので、そこが凄く嬉しいですね。

――なんか芸人さんみたいな視点になってきましたね。
【高梨】アハハハハ! 確かにそうですね(笑)。現場に行くときに「今日はどんな芝居をしてやろうか…」って考えるのが凄く楽しくて。女優として本当に成長できた現場ですね。

――確かに、これまで高梨さんが演じてこられた役どころと比べると、かなり振り切った役ですからね。女優としての幅が広がった感覚があるんでしょうか?
【高梨】そうですね! 今回の作品では最初から振り切ろうって決めていたので、いわゆる“良い顔”は無くていいやって思っていました(笑)。「いつも変な顔してるね」って言われるくらいで行こうって決めていたので。

――撮影中も「ちょっと“変顔”足りないなぁ」とか思っちゃったり(笑)。
【高梨】はい(笑)。「もっとやらなきゃダメでしょ」って!

――いや〜振り切れてるなぁ(笑)。
【高梨】ウフフ。でも、後半は振り切っているからこその感動もあるので、最終話まで注目してください!

⇒ 次のページへ 【羽生さんが大好きなんです!!】

ドラマ情報

TBS系ドラマNEO『放課後グルーヴ』

【第8話あらすじ】
桐生(高梨臨)は、不登校が続いている千夏(萩原みのり)を元気付けるために、彼女を公園へ連れ出す。その公園は、千夏が元気だった頃、同級生達と頻繁に遊んだ場所であり、桐生は最後に好きだったローラースライダーに乗るように勧める。桐生と同級生たちは千夏にそれぞれの思いを伝えるために、あるものを用意していた…。

出演:高梨臨 余貴美子 岡山天音 萩原みのり
毎週月曜日深夜0時28分放送
【OFFICIAL SITE】
(C)TBS

関連リンク

高梨臨インタビュー撮り下ろしフォトギャラリー
『放課後グルーヴ』 公式サイト
高梨臨 公式サイト
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!