• ホーム
  • 芸能
  • 亀梨和也 SPECIAL INTERVIEW 第二ステージのスタート 予想できない場所に行きたいと思っていた

亀梨和也 SPECIAL INTERVIEW 第二ステージのスタート 予想できない場所に行きたいと思っていた

KAT-TUN・亀梨和也のパブリックイメージを打ち破る新境地!? 映画出演3作目にして単独初主演を飾った『俺俺』で亀梨が演じたのは、33人の“俺”!独特な世界観の本作で魅せる新たな亀梨ワールドについて聞いた。「今まで出したくなかったものを敢えて見せる」「予想ができない場所に行きたいと思っていた」と語る真意とは!? WEB ORICON STYLEに亀梨和也が初登場!!

亀梨和也がやってきたことと真逆にある映画という気がした

──役者として映画、ドラマ、舞台で活躍されていますが、意外にも映画としては初の単独主演ですね。
【亀梨】 この作品を含めて映画は3本目になるんですけど、『ごくせん THE MOVIE』と『映画 妖怪人間ベム』はドラマからの流れだったので、そういう意味では『俺俺』は(自分にとって)初の映画でもあります。心して撮影に挑みました。でも、三木聡監督の作品には自分は参加できないだろうなと思っていたんですよね……。

──その理由は?
【亀梨】 KAT-TUNのメンバーとして定着しているパブリックイメージを含めて、亀梨和也がやってきたことと(三木監督作の世界観は)真逆にあるような気がしていました。でも、僕自身が予想すらできない場所に行きたいと思っていたタイミングで、自分が望んでいた人と仕事ができたことは最高の出来事でした。

──違う亀梨和也を見せたかったということ?
【亀梨】 常々、そう思ってはいるんです。役者の仕事は年に多くても2本ほどなので、そのなかで『妖怪人間ベム』は第一段階の区切りになった作品であると思っています。そして、第二段階をどう進んだらいいのか考えているときに、今回の作品と巡り会うことができました。『妖怪人間ベム』も大きな存在でしたけれど、『俺俺』は(役者としての第二ステージの)スタートでもあるんですよね。

──そんなスタート的作品で33人の“俺”を演じたわけですが、33役を演じると聞いたときの気持ちは?
【亀梨】 “俺”が増えていく?意味が分からなかったですね(笑)。さらに詳しく聞いていくと、えっ?全部自分が演じるの?と驚きました。できないとは思わなかったですけど、冷静に考えたら「できないんじゃないか……」って思ってしまいますよね。でも、一緒に仕事をさせていただきたいとずっと思っていた三木監督と映画が作れるということもあって、来た球はすべてキャッチして返したいと思ったんです。役者としての亀梨和也も見せたいという思いもあるけれど、とにかく三木監督の脳内プレイヤーになりたい、三木監督が思い描いているものをプレイヤーとして画にすることだけを意識しました。

今まで出したくなかったものを敢えて見せる

──どうやって33人を演じ分けたんですか?
【亀梨】 メインの3人──均と大樹とナオは緻密に稽古を重ねて、ある程度キャラクターを作り上げていったんですが、ほかの30のキャラクターは外見(衣装やヘアスタイル)から掘り下げていく作業でした。メイン3人とほか30人はアプローチが真逆でしたね。

──その33のキャラクターのなかには、あの亀梨さんがそんな姿に!?的な役もあり、とても新鮮でした。見たことのない亀梨さんがいましたが、本人的には楽しかった?
【亀梨】 たとえば、マッシュルームカットがトレードマークのオタクっぽい“俺”の溝ノ口は、(KAT-TUNの亀梨和也ではありえない)変な顔をしたりするんです。今まで出したくなかったものを敢えて見せているといいますか……。ジャニーズ事務所に入った頃にやりたいと思っていたのは、大樹みたいな役でしたが、いまは溝ノ口や瀬島(ミリタリーマニアの“俺”のひとり)のような役を心からやりたいと思っているんです。そんなふうに思っている時期に三木監督と出会えました。こういう俺(亀梨和也)を見てほしかったんだと思うんです。

──女装もありましたね(笑)。
【亀梨】 ありました(笑)。ただ、今回の33役というのは七変化のような感覚ではなくて、劣化コピーで増えていく設定。なので、コピーを重ねるごとに精度が低くなっていく、キャラクターとしての精度を低くしていくことに気をつけて演じています。

──なるほど。ふとした瞬間にいつものカッコいいKAT-TUNの亀梨和也が出てしまうということは?
【亀梨】 冷静になると溝ノ口や瀬島のあの変な顔とか、何やってんだ……という瞬間もありました(笑)。撮影中は、溝ノ口や瀬島を演じたすぐ後にKAT-TUNとして歌うこともあったので、ギャップを感じることは確かにありましたね。でも、この作品に出させていただいたことで、いろいろな亀梨を提示できました。ある意味もう怖いものがないなというか、どんな“俺”でも闘えると思います(笑)。

⇒ 次のページへ【変わったことをするには緻密な作業が必要】
(文:新谷里映)

映画情報

俺俺

永野均、28歳。家電量販店に勤め、代わり映えのしない平凡な毎日を過ごしている。均は家族とも職場の人間ともうまく関係を築けない日々を送るうち、人と関わることに面倒くささを感じていた。そんなある日、ハンバーガーショップで隣の席に座った男の携帯電話をなんとなく持ち帰ってしまい、ふとしたことからオレオレ詐欺をしてしまう。その日から、均とまるっきり同じ顔、同じ好み、同じ考えの“俺”が現れ……。

監督:三木聡
出演者:亀梨和也 内田有紀 加瀬亮 キムラ緑子 高橋惠子
【OFFICIAL SITE】
2013年5月25日(土)全国ロードショー
(C)2012 J Storm Inc.

関連リンク

亀梨和也が演じた33人の“俺”フォトギャラリー
映画『俺俺』公式サイト
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!