• ホーム
  • 音楽
  • グッドモーニングアメリカ『さまざまな要素を詰め込んだ1stフルアルバムを語る』

グッドモーニングアメリカ『さまざまな要素を詰め込んだ1stフルアルバムを語る』

 ライブハウスシーンで精力的に活動し続けているグッドモーニングアメリカが、ついに1stフルアルバム『未来へのスパイラル』でメジャーデビュー! 本作についてメンバー4人が語ってくれた。

いまの自分たちができることを最大限に追求した1枚

  • 金廣真悟

    金廣真悟

  • 渡邊幸一

    渡邊幸一

――いい曲が満載ですね。
金廣真悟(Vo&Gt)ありがとうございます。初めてのフルアルバムなので、いろんなことをやりました。リズムをいろいろ試したり、幅広い雰囲気の曲を1枚の中に入れたいなというのは思っていましたね。
渡邊幸一(Gt&Cho)いまの自分ができることを最大限に追求して1曲1曲を作っていったという感じです。レコーディングのエンジニアさんといろいろ相談もしながら、イメージを膨らませました。そういう作業は前から好きなんですけど、今回もいいギターが録れたと思います。
たなしん(B&Cho)金ちゃん(金廣)が曲を作った時点で、ある程度土台があるんですけど、そこに対してペギがいろいろリズムのアレンジを考えるんです。僕はそこに対してベースを考えていきました。「自分のできることのちょっと上」みたいなチャレンジもやりましたよ。こっそりですけど(笑)。
金廣アレンジの“ひっかかり”みたいなトリッキーな部分は、ペギがいろいろ提案してくれることが多いんです。
ペギ(Dr&Cho)僕から自然と出ちゃうのが、そういうものなのかもしれないですね。曲に対して自分なりにドラムを付けたら、いろんなリズムが出てきたりするんです。その辺がバランスよく発揮できて、幅広いアルバムになったと思います。

――前向きなことだけじゃなくて、後ろ向きになってしまうときの心情も包み隠さず歌っているのが印象的でした。例えば「ファイティングポーズ」は、不安を抱えていることもありのままに描いているじゃないですか。
金廣そういうダメなところありきというか、ダメなところを克服して何かを勝ち獲る方が、自分の心にも響くんです。結局、自分の弱いところに向き合っている方が、自分の心にも響く音楽になるんですよ。

――サウンド面に関しては、打ち込みを取り入れている「未来へのスパイラル」が新鮮でした。
渡邊これはそういうサウンドを入れるか入れないか、かなり悩んだんです。でも、入れてみた方が、曲が良くなったんですよ。入れたバージョンと入れていないバージョンを聴き比べて、「入れよう」ということになりました。

――この曲は描かれている世界観に、すごく希望を感じました。人生って希望と絶望の間を巡りながらも、少しずつ前へ進んでいけるものなんだなと感じさせてくれる曲ですね。
金廣それは自分たちの経験も踏まえて描けたことですね。同じ風景が続いているようだけど、ちゃんと螺旋(らせん)階段みたいに少しずつ上に昇っているんだと感じているので。

今作を出すことで、出会う人も関わる人もすごく広がった

  • たなしん

    たなしん

  • ペギ

    ペギ

――「餞の詩」、「たった6文字じゃ」、「あなたに逢えて」とか、ラブソングも今回のアルバムの聴きどころだと思います。
金廣いままで“ザ・恋愛”みたいなストレートな曲は、入れていなかったですからね。「餞の詩」をシングルで出したことによって、そういう内容を歌うことに対する抵抗がなくなったんです。もちろん、自分の身の丈に合ったことしか歌えないですけど。


――「あなたに逢えて」は、清らかなコーラスが素敵です。
金廣僕、合唱曲が好きなんですよ。機材車で流しています(笑)。
渡邊合唱曲は、僕も大好きです(笑)。


――「あなたに逢えて」は、清らかなコーラスが素敵です。
金廣僕、合唱曲が好きなんですよ。機材車で流しています(笑)。
渡邊合唱曲は、僕も大好きです(笑)。

――凝ったコーラスワークや多彩なアレンジを1曲の中に凝縮しているところが、グッドモーニングアメリカの魅力のポイントだと思います。
金廣メロコア上がりだから、そうなるんでしょうね。昔、リズムチェンジが多いバンドが好きだったりしましたから。

――みなさんって仲間のバンドに声をかけて定期的にイベントを開催したり、コンピレーション盤を出したりもしているじゃないですか。それもかつてのメロコアバンドの魂を継承しているから?
金廣むしろ、そこがメロコア上がりなところなのかも。
渡邊そういうイベントをやったりすることによって、「何かのきっかけを作りたい」っていう想いがあるんです。
金廣シーンが一丸となっていくのがもともと好きだし、「俺が好きなバンドは、みんなも好きでいてよ」って紹介できるバンドでありたいんです。そういうスタンスは揺るがないと思います。それが自分たちが最初に音楽に触れたときに見た“バンド”っていうものの姿だったので。

――今後のバンドとしての夢は何かありますか?
渡邊これまでも一歩ずつ進んできたので、これからもいい作品を出して、いいツアーを回って、多くの人に届けるっていうのをしっかり続けていきたいです。それが夢かもしれないですね。

――たなしんさんの夢は?
たなしん「ファイヤー!」って毎回ライブで言っているので、いずれ大きい会場で「ファイヤー!」を轟かせたいです。

――大きい野外の会場でライブをやれるようになったら、ぜひ実際にステージ上で火を噴いてください(笑)
たなしんあっ、いいですね!
渡邊実際に火を噴くの(笑)?
たなしん「ファイヤー!」って言って実際に火を噴いたら、絶対みんなびっくりするよ。夢が広がりますね(笑)。
ペギ(笑)。でも、まずは多くの人に、このアルバムを聴いてもらいたいです。
金廣今回のアルバムを出したことで、出会う人も関わる人もすごく広がったんです。そういうのがさらに何かに繋がっていったらいいなと思います。
(文:田中大)

関連リンク

動画コメント
公式サイト
公式ブログ
プロフィール

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!