• ホーム
  • 映画
  • 土屋太鳳&間宮祥太朗、映画『トリガール!』でアドリブ合戦

土屋太鳳&間宮祥太朗、映画『トリガール!』でアドリブ合戦

 人気作家・中村航氏による、毎年琵琶湖で行われる「鳥人間コンテスト」をテーマに描いた『トリガール!』が映画化された。本作で人力飛行機のパイロットを演じたのは、近年、出演作が途切れることのない人気俳優の土屋太鳳と間宮祥太朗だ。劇中、激しい罵り合いを繰り返しながらも、信頼関係を築いてきた二人が、アドリブ合戦だったという痛快な撮影や、お互いの魅力について語った。

土屋太鳳&間宮祥太朗、映画『トリガール!』インタビュー

間宮祥太朗、アドリブで土屋太鳳を“バッキバキに!?”

――これまで観たことのないような土屋さんの弾けっぷりが話題になっていますね。
土屋太鳳祥太朗がアドリブをたくさん入れてくるので、それを反射的に返すことによって、とてもリアルな間や雰囲気が生まれました。今回のお芝居では、そういったライブ感を目指していたので、すごく良かったです。本当に楽しい現場でした。

――間宮さんのアドリブはかなりすごかったとお聞きしましたが。
間宮祥太朗撮影前に英(勉)監督から「間宮くんが太鳳ちゃんを困らせて、そこに懸命に食らいついてくる姿がとてもキュートに見えるだろうから、バッキバキにやっちゃって」と言われたんです。確かに(間宮演じる)坂場と(土屋扮する)ゆきなの関係性って、そういう部分が魅力かなと思ったので、僕も心置きなく好きにやらせてもらいました(笑)。

――土屋さんは、こうした話し合いのことは知ってましたか?
土屋太鳳まったく知らなかったです。今回の役はセリフのリズムもあるしテンポも速いので「本読みをしたい」ってお願いしたんです。その時は台本通りだったので、現場では結構困りました。でも祥太朗のアドリブがおもしろいので、こちらも返しやすかったです。

――台本とは大幅に変えたのでしょうか?
間宮祥太朗大筋はそこまで変えているわけではなく、どちらかというと足していく感じでしたね。ただ、事前に考えていったわけではなく、「ヨーイスタート」って言われた瞬間に、思い付きでしゃべった感じです。
土屋太鳳そうですね。行間にポンって入れてくるような……。すごくテンポも良いので、安心感がありました。私は祥太朗のセリフをしっかり受け止めて、キャッチボールができたらいいなと思って演じていました。

祥太朗は幕末の武士のよう、しっかり自分の美学を持っている(土屋)

――罵り合いながらも、とても息の合ったコンビに感じられましたが、作品に入る前と撮影後でお互いの印象は変わりましたか?
間宮祥太朗この作品に入る前に、太鳳が出ている作品や映像を観たんです。シーアのミュージックビデオのダンスや、情熱大陸などを観ていると、とにかく全力で誠実に物事に向き合う人なんだなって。僕はこんな素晴らしい女優さんと共演できるような人間じゃねーなって(笑)。実際、とても真摯に芝居に向き合う女優さんなのですが、共演してみると意外と隙だらけなんですよね。天然で突っ込みどころ満載。小さいころから好きなタイプの子をイジめてしまう方だったので、血が騒ぎました(笑)。
土屋太鳳こっちは困るんですけれどね(笑)。でも祥太朗はこんなこと言っていますが、普段はすごく優しく、礼儀正しくて知的です。あとは、和な感じ。幕末の武士のような、ここからここまでは自由にやるけれど、しっかり自分の美学を持っているような、師匠みたいな存在。お芝居も毎回新鮮で、お腹の中にある感情をいっぱい引き出していただきました。

――噛めば噛むほど魅力が出てくるみたいな?
土屋太鳳そう、そんな感じです!
間宮祥太朗わしゃするめか!
土屋太鳳(爆笑して)するめおいしいですよね。お酒に合うし。祥太朗、お酒好きで、いつも飲んでいますしね。
間宮祥太朗その言い方だと、現場でも忍ばせて飲んでいるみたいじゃん。そんなことないですよ!

土屋太鳳の全力の理由は、人よりもできるスピードが遅いから?

――間宮さんの話にありましたが、土屋さんはホンワカしていますが、常に全力で物事に取り組む印象があります。
土屋太鳳たぶん器用じゃないので、人よりもできるスピードが遅いんです。人の倍準備に時間が必要なので、それを必死にやっていると全力に見えてしまうのかなって。一つのことになるとグッと入り込んでしまうんです。うまくできないと『なんでできないんだろう』と考えてしまい、『こうしてみよう、ああしてみよう』と入り込んでしまうんです。良い部分と捉えていただくこともありますが、悪くもあると思っているんです。今の目標は、能役者の世阿弥さんの「離見の見」なんです。演じている自分と、それを観ている自分をちゃんと見つけなければと思っています。
間宮祥太朗それって遅いからではなくて、人より物事に丁寧に向き合っているから時間がかかるんじゃないのかな。

――間宮さんもそういう姿勢には影響を受けましたか?
間宮祥太朗もちろん素晴らしいとは思いますが、僕には無理ですね。できるだけ大変じゃない方がいいので(笑)。

――とは言いつつ、間宮さんも作品が続いて、大活躍ですよね。
間宮祥太朗でもまったく変わらないですよ。僕は物心ついたときから、楽をしたいタイプの人間なんです。もちろんお仕事なので、この作品でもロードバイクとか頑張りましたが、普段は家でゴロゴロしながらバラエティ番組をみているのが一番幸せみたいな人間なんです。根本は何も変わっていません。

――取り巻く環境は変わったのではないですか?
間宮祥太朗『トリガール!』もそうですが、以前より物語の主軸を任せてもらえるようになることは増えました。ただ、周りの人間は相変わらず僕のことけなしますし、あまり変わった印象はないですね。

――土屋さんは共演されて、間宮さんの魅力を感じることが多かったのではないですか?
土屋太鳳そうだな〜、あるかな…。
間宮祥太朗なければ無理に言わなくてもいいんだよ。
土屋太鳳嘘です、たくさんあります。いまも自分のことを卑下していましたが、人に対して仲間意識があるというか、祥太朗の周りにはいつも人が集まるんです。プロモーションでも、人を大切にしているというか、サインとか頼まれても、とても丁寧に対応しているし、握手とかもしっかり目を見てしたり……。普段みんなで飲んでいるときの楽しい姿とはまた違って、いろいろな面を持っているところが魅力ですね。人としてもとても尊敬しています。

(取材・文:磯部正和)

トリガール!

 土屋太鳳、間宮祥太朗出演の人力飛行サークルを舞台にした青春ムービー。土屋太鳳が新境地となる“毒舌女子大生”を演じた事に加え、間宮祥太朗&高杉真宙、池田エライザなどの若手注目株が集合!また、ご当地キャラの“ひこにゃん”も本作でスクリーンデビュー!

出演:土屋太鳳 間宮祥太朗 高杉真宙 池田エライザ 矢本悠馬 前原滉 佐生雪/ナダル(コロコロチキチキペッパーズ) 羽鳥慎一 轟二郎 ひこにゃん
監督:英 勉
原作:中村 航「トリガール!」(角川文庫)
主題歌:ねごと「空も飛べるはず」(キューンミュージック)
9月1日(金)全国ロードショー
【公式サイト】(外部サイト)
(C)2017映画「トリガール!」製作委員会

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!