• ホーム
  • 音楽
  • 知ればもっと好きになる!! 人気“演歌男子”のプライベートに密着!!

知ればもっと好きになる!! 人気“演歌男子”のプライベートに密着!!

 氷川きよし、北山たけしらの活躍により、幅広い世代でファン層を拡大している演歌・歌謡シーン。彼らに続く気鋭の“演歌男子”たちは、SNSを積極的に活用して“自撮り”を公開するなど、若手ならではの感性で世間に自分の魅力をアピールしている。そこでORICON NEWSでは、今後ブレイクが期待される4組の演歌男子たちに注目! より多面的に“歌心”を表現できるような「実はボク、○○なんです」という意外な個性をリサーチして紹介します!!

レーサー志望だった気鋭の演歌男子、“音楽ジャンルの架け橋に”がテーマ

  • 中澤卓也「青いダイヤモンド」

    中澤卓也「青いダイヤモンド」

【中澤卓也】
 今年1月に「青いダイヤモンド」でデビューした中澤卓也。小4〜高1までレーサーを目指し、地元・新潟の長岡でカートレースに打ち込んだ。その夢はあきらめたが、『NHKのど自慢』に出場し、見事チャンピオンを獲得。2015年3月、日本クラウン新人オーディションにて準グランプリを飾った。
  • スニーカー集めが趣味だという中澤。スニーカー基準で洋服も選びます!

    スニーカー集めが趣味だという中澤。スニーカー基準で洋服も選びます!

 中澤の趣味はスニーカー集めで、「カッコいいのを履きたい派」だそう。「パッと見たときの第一印象で、一目ぼれしたら買う。そして買ったスニーカーは絶対に履く」というのがこだわり。さらに「1日のファッションも、『今日はこのスニーカーを履くから、この服』と言ったようにスニーカー基準で決まることが多いです(笑)」と“スニーカーありき”で服を選ぶという。
  • 元々レーサー志望だったという中澤。休日はドライブでストレス解消!

    元々レーサー志望だったという中澤。休日はドライブでストレス解消!

 そんな彼はレーサーを目指していただけに、車の運転がストレス解消法。だが、「いたって安全運転ですよ。スピードはサーキットでしか出しません(笑)」と。「1日オフがあれば、レンタカーを借りてドライブに行きます。スイーツも好きなので、休憩にカフェに寄ったりもします♪ いつか自分の車を買って、高速道路のSA(サービスエリア)巡りをするのが夢です!」と明かした。
  • 「レギュラー番組(BSNテレビ「なじラテ。」)のロケでサングラスを!自分なりの挑戦の装いでした。 」

    「レギュラー番組(BSNテレビ「なじラテ。」)のロケでサングラスを!自分なりの挑戦の装いでした。 」

 もともとポップスを歌っていた中澤だが、演歌・歌謡曲に触れるようになったのは作曲家・田尾将実に弟子入りした4年程前だそう。そこで中澤は「日本語の美しさがとても出るジャンルだと思いますし、日本に古来からあるリズムや音階で作られたメロディーは日本茶を飲んだ時の感覚のような、ホッと落ち着くことの出来るジャンルだと思います」と解説。今後は「音楽ジャンルの架け橋に」というテーマを掲げ、「ポップスを愛している人、演歌・歌謡曲を愛している人、音楽を愛する人たちをジャンルにとらわれずに繋いでいきたい、そんな思いで活動していこうと思います」と熱い思いを宣誓してくれた。

中澤卓也オフィシャルサイトはこちら(外部サイト)
中澤卓也オフィシャルブログはこちら(外部サイト)
日本クラウンホームページはこちら(外部サイト)

三者三様の“個性”が融合し、さらに高く舞い上がる!!

  • はやぶさ「未来はジョー!ジョー!」初回限定盤

    はやぶさ「未来はジョー!ジョー!」初回限定盤

【はやぶさ】
 3人組の新世代歌謡グループとして、2011年9月に結成された、はやぶさ。ユニット名は「未来にはばたく」ことをイメージして命名された。新曲「未来はジョー!ジョー!」は、ヒャダインサウンドプロデュースでアニメ『デュエル・マスターズ』(テレビ東京系)のオープニングテーマに起用されている。
  • メンバーに負けない部分は「マメさ」と語るヒカル 良い人ぶりが滲み出てます

    メンバーに負けない部分は「マメさ」と語るヒカル 良い人ぶりが滲み出てます

 ヒカル、ヤマト、ショウヤと、それぞれの個性があるが、お互いに「負けない」という特技を聞くと、ヒカルは「マメさ(笑)」、ショウヤは「短距離走や腕相撲。健康に関する知識」、ヤマトは「服やタオルの匂いで持ち主がわかる」と、それぞれの特技(!?)を茶目っ気たっぷりに明かしてくれた。
  • デビュー直後のストリートライブの思い出を明かすヤマト。感謝の気持ちは忘れません!

    デビュー直後のストリートライブの思い出を明かすヤマト。感謝の気持ちは忘れません!

 デビュー当時からストリートライブで場数を踏んできた彼らだが、当時を振り返り、ヒカルは「見ず知らずの方から『応援しているから頑張ってね!』と温かい言葉を掛けて頂くと、いつも辛いことは吹き飛び、『今日も続けて良かった』と思えます」と励まされたエピソードを披露。またヤマトは「初めて会ったおじさまから牛丼を頂きました(笑)」と意外なプレゼントをもらったことを明かした。
  • 舞台上ではド派手衣装だがプライベートではボーダーやシャツが多いショウヤ「モード系にも挑戦したい!」

    舞台上ではド派手衣装だがプライベートではボーダーやシャツが多いショウヤ「モード系にも挑戦したい!」

 舞台上では凛とした揃いのスーツ姿が印象的なはやぶさだが、プライベートでの服装についてはヒカルは「基本的にシンプル、色ははっきりした色を好みます。最近は夏はハーフパンツ、冬はパンツ(ズボン)にこだわります。Tシャツやパーカージャケットが好きです。」とこだわりを告白。ショウヤは「ボーダーとか普通のワイシャツ系が多いです。モード系の服装にも挑戦してみたいです」と明かしている。また、ヤマトは「結構タイトなラインの服装が多いです。柄物、レトロなファッションが好きなので、憧れの“太陽族”ファッションを完璧に再現してみたいです」と石原裕次郎を尊敬している彼らしい返答をした。
 8月19日にZepp Nagoya、8月27日にZepp Tokyoでのコンサートを控えているはやぶさとしての今後の展望についてヒカルは「全国各地に応援してくださるファンの方を増やしたいです。もっともっと大きく、はやぶさが広まることです」と意気揚々。ショウヤは「どの世代の方にも楽しんで頂けるアーティストになりたいです」、ヤマトは「やはりZeppでのコンサートを成功させることが目標です」と意気込みを語った。

はやぶさオフィシャルサイトはこちら(外部サイト)
はやぶさオフィシャルブログはこちら(外部サイト)

音大出身で温泉ソムリエの資格も持つ“才人”

  • 松阪ゆうき「愛の欠片」

    松阪ゆうき「愛の欠片」

【松阪ゆうき】
 東京武蔵野音大声楽科で声楽を学び、中高の音楽教員、介護福祉士の資格も持つ“才人”松阪ゆうき。発売中の新曲「愛の欠片(かけら)」では、失くした愛を求めてさまよう男を歌っている。
  • 仕事の合間に足湯に浸かる松阪 温泉ソムリエをもつほど造詣も深い

    仕事の合間に足湯に浸かる松阪 温泉ソムリエをもつほど造詣も深い

 彼の趣味は「温泉巡り」で、温泉ソムリエの資格も取得。おすすめの温泉として「伊豆 北川温泉」を挙げる。「黒根岩風呂という本当に海の目の前の温泉があります。北川温泉各宿に宿泊の方は無料。それ以外の方は600円かかります。雄大な自然を体感しながら湯船に浸かり温まることが出来ます」と“温泉マニア”ならではの穴場スポットを教えてくれた。
  • 御朱印集めにもハマっているという松阪。渋い!!

    御朱印集めにもハマっているという松阪。渋い!!

  • 「パンケーキだ大好き!」スイーツ男子な一面も♪

    「パンケーキだ大好き!」スイーツ男子な一面も♪

 ほかにも全国を移動する演歌歌手ならではの新たな趣味として「全国いろいろな所に行くので、土地土地の神社、仏閣に時間があれば行き、御朱印集めにハマっています。1番のお気に入りは、色がカラフルな、東京新橋の烏森神社の御朱印です!」とのこと。さらに、食については「意外と甘党です(笑)」と告白。「パンケーキにバナナが乗ってるのが最高です!」と“スイーツ男子”ぶりも明かしてくれた。

 10月でデビューから丸2年を迎える彼だが、今後については「演歌も民謡も、ミュージカルも、オーケストラと歌うコンサートをやってみたいです。歌手としての夢!『紅白歌合戦出場』も目標です」と高らかに宣言してくれた!

松阪ゆうきオフィシャルサイトはこちら(外部サイト)
松阪ゆうきオフィシャルブログはこちら(外部サイト)

男らしさと艶っぽさが同居する歌声 実はシャイな一面も!?

  • 村木弾「都会のカラス」

    村木弾「都会のカラス」

【村木弾】
 今年2月に亡くなった作曲家・船村徹さんの“最後の内弟子”となった村木弾。鳶職、現場監督の仕事に従事していたが、歌手への道を目指し、船村の元へテープを送り、12年半の内弟子生活で“歌心”を伝授され、昨年、船村徹作曲、舟木一夫作詞&プロデュースにより「ござる〜GOZARU〜」でデビューした。 新曲「都会のカラス」は師匠・船村徹が最後に残した渾身の一作だ。
  • 移動中は好きな本を読んでリラックス 絵になる男です!

    移動中は好きな本を読んでリラックス 絵になる男です!

 “昭和の男”を彷彿させる男らしさと艶っぽさが同居する歌声が魅力の村木だが、“男らしさ”については、「自分のウリなので説明しにくいが、艶っぽさというのは自分の唄を聞いてくれた方がそう判断してくれたのだと思う」とあくまでリスナーの判断に委ねるという男気溢れるコメント。
  • ストレス発散はお酒! 意外にシャイな一面も吐露!?

    ストレス発散はお酒! 意外にシャイな一面も吐露!?

 日頃から、「ストレスは、基本的に溜めないようにしている」と明かし、「そのために好きな酒を飲んだり、旬のうまいものを食べるのが一番」と、その素顔を語る村木。そんな男らしい彼だが、「歌っているとき、よく『堂々としていますね』と言われるが、実はものすごく緊張しています。心臓がバクバクするぐらい緊張しています。でも歌ったあとは、最高な気分」と意外にもシャイな一面があるそうだ。
  • 本番前の様子をパチリ 精神集中してステージに臨む!

    本番前の様子をパチリ 精神集中してステージに臨む!

 今後については「自分も、プロデューサーの舟木さんのように長くいい歌を唄うと同時に、良いファンの方たちに応援してもらえるような歌い手になりたい。そして、唄う声を聞いた時に、この歌はこの声は村木弾だなと言ってもらえるような、個性のある歌い手になりたいと思います」と、更なる成長を誓った。

村木弾オフィシャルサイトはこちら(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!