• ホーム
  • 芸能
  • 東京コミコン、本場サンディエゴに近い熱気で盛況!コスプレイヤーも集結!!

東京コミコン、本場サンディエゴに近い熱気で盛況!コスプレイヤーも集結!!

 アメコミや海外ドラマなどをメインにする本場アメリカ・サンディエゴのポップカルチャーイベントが日本に初上陸した東京コミコンが12月2〜4日に千葉・幕張メッセで開催。3日の会場を訪れた。

 開場時から大勢のファンがつめかけた会場には、バットマンやアイアンマン、キャットウーマン、ハーレイクイン、スター・ウォーズなどおなじみのキャラクターや、コアなファン好みの海外ドラマのキャラクターなどコスプレ姿の来場者があちこちで見られ、キャラクターにどこまで近づけるかを競い合っているかのような完成度の高いコスプレイヤーが多く見られた。
 企業ブースでは、ハリウッド新作映画やドラマのフッテージ映像が流されているほか、等身大のキャラクター像や劇中アイテムなどもならび、なかには永遠の名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン号や『シン・ゴジラ』のゴジラ、『デスノート』のリュークの姿も。もちろん、マーベル、DCコミックスのヒーローやヴィランたちも勢揃い。場内はまさに“コミコン”といった雰囲気に包まれ、ファンが写真を熱心に撮る姿があちこちで見られた。
 本家のサンディエゴに比べると会場の広さはだいぶ小さくなるが、日本のファンだけでなく外国人の観客やコスプレイヤーの姿も多く、会場内の熱気やその雰囲気は本場と同じような盛り上がりを見せていた。

 場内にはステージが設けられ、トークショーやアイドルグループのライブのほか、コスプレファッションショーも開催された。満席となりステージ周囲まで人で溢れかえったコスプレファッションショーでは、『バイオハザード』のコスプレイヤーが「グッドコスプレイヤー賞」を受賞した。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!