• ホーム
  • 音楽
  • クリープハイプ『注目バンドの新曲は話題のCMソング! 誕生の裏側に迫る』

クリープハイプ『注目バンドの新曲は話題のCMソング! 誕生の裏側に迫る』

 ボーカル・尾崎世界観の独特な歌声とオリジナリティー溢れる歌詞、そして爽快感たっぷりのギターサウンドで人気のクリープハイプが、ニューシングル「憂、燦々」(ゆうさんさん)をリリース。キャッチーなサビが、CMでも話題になっている。

この曲を作って本当によかったなと思った

  • クリープハイプ(左から 小川幸慈、長谷川カオナシ、尾崎世界観、小泉拓)

    クリープハイプ(左から 小川幸慈、長谷川カオナシ、尾崎世界観、小泉拓)

  • シングル「憂、燦々」ジャケット写真

    シングル「憂、燦々」ジャケット写真

――クリープハイプは、尾崎さんの歌声が特徴的。それがいい具合に刺さるときもあれば、すごくキュートに聴こえるときもあり、曲調によって表情が変わるのがいいですね。
尾崎世界観(Vo&G)ありがとうございます。この声しか出ないし、100人いたら100人全員が良いと言ってくれるような声じゃないことはわかっていて。でも、その分いい曲やいいメロディーを作っていけたらなって思うんです。

――当たり障りのない声よりはいいと思いますが。
尾崎そう思ってますが、実際に“この声嫌い”って言われると、やっぱ腹立ちます(笑)。特に最近は言われることが多くなって、それはきっと前よりも多くの人が聴いてくれてる証拠だと思うんですけど……。前回のシングル「社会の窓」では、そういうアンチの意見に対して歌っていて。僕は、ちょっとした反対意見にも「コノヤロー!」って対抗してしまう性格なので(笑)。あと、歌詞の中でオリコンって使わせていただいたので、その節はお世話になりました(笑)。

――ニューシングル「憂、燦々」ですが、『資生堂アネッサ』の2013年CMソングとしてすでに話題ですね。
小川幸慈(G)CMは、けっこう反響がありました。
小泉拓(Dr)大学時代の友だちから「CM観たよ」ってメールが来たのは、すごく嬉しかったです。
長谷川カオナシ(B)いままでで、一番広く聴いてもらえていると実感していますね。

――やはり「憂、燦々」というタイトルと、CMで流れているサビが印象的ですね。
尾崎絵コンテやキャッチコピーなど、資料をたくさんいただいて書いたのですが、実はタイトルも英語で「YOU SUN,SUN」というものが提示されていたんです。それをディレクターさんのアイディアで、「憂、燦々」という漢字にしたんですけど。

――しかし“憂”と“燦々”は、意味的に相反するイメージですよね。
尾崎そもそも僕らの音楽って、憂鬱とか寂しさとかマイナスのものを、歌にして引っ張り上げてプラスにしている部分があって。自分の中でいらない感情や忘れたいことを歌にして、それをライブでやることでみんなが喜んでくれる。それが僕らにはとても価値のあることだし、救われるんです。だから、このタイトルがぴったりだと思って。

――演奏ではどんなところに意識を置いて?
長谷川僕はメロディーを活かすこと、リズムをトバすことを心がけていましたね。
小川メロディーはポップだし耳に残るキャッチーさがあるけど、曲全体としてはすごく憂いが感じられると思います。なのでギターは、全体を包み込むよう意識しました。あとプロデューサーさんのアイデアで、イントロでギターを3本とか、初めてオーバーダビングを重ねています。
小泉リズムは、デモのときはもうちょっと違ったんですけど、みんなでいろいろ話したり音を出したりしながら、最終的にこういう四つ打ちリズムに落ち着きました。
尾崎プロデューサーの浅田信一さんと話しながら、いろいろなアイデアを曲の中に落とし込みました。サビ前の“ポーン”という音も浅田さんからのアイデアだし、今回はいろいろな方の意見や色づけがあってこそ生まれた曲だと思っています。以前はそういうことに抵抗があったけど、最近は素直に受け入れられるようになりました。そういうタイミングだったし、周りのスタッフの嬉しそうな様子を見ると、この曲を作って本当に良かったなって思いますね。

“ホールライブもできるバンド”ということを見せつけたい

――<連れて行ってあげるから>という歌詞は、ファンや周りのスタッフを引っ張っていくぞ! という強いメッセージにも取れますね。
尾崎そうですね。でもそうやってはっきり言葉にされると、何だかきれいにまとまりすぎでアレすけどね(笑)。


――カップリングには、ほぼ弾き語りのナンバー「傷つける」を収録。愛の深さをボールペンのインクの残量に例えているのが、シュールで面白いですね。
尾崎いつも何に例えようかな? って、楽しみながら考えるんです。愛を歌うという目的地は決まってて、じゃあ今日はどの道で何をしながら行こうかな? って。作詞は、大喜利みたいな感覚もあるので、楽しいんです(笑)。
小泉詞の表現には、毎回驚かされますね。意表を突いたものが多いので、どこから持って来るんだろう? って、いつも不思議ですけど……その言葉のインパクトで演奏も変わるので、歌詞はすごく大事にしています。

――もう1曲の「AT アイリッド」は長谷川さんの作詞とのことですが。
長谷川尾崎さんが曲を書き、私が歌詞を書くというのは、これが初めてです。アイリッドはまぶたのことで、英語の“……にて”という意味のAT(アット)と、『新世紀エヴァンゲリオン』に出て来る“ATフィールド”をかけていて。夢の世界と現実世界を隔てる壁(ATフィールド)がまぶたということです。メロディーという枠の中を色づけしていく、ぬり絵みたいな感覚で作詞できました。

――では最後に、5月25日から始まる全国ツアー『クリープハイプの窓』に向けての意気込みを!
小泉毎回ツアーは、全国のみなさんとお会いできるのが、すごく楽しみです。今回も楽しみます!
小川みなさんの期待を超えたものを、しっかりと見せていきたいです!
長谷川ファイナルが、6月21日の中野サンプラザで……クリープハイプは、ホールライブもできるバンドだ! というものを見せつけたいです。
尾崎僕らもしっかり窓を開けて待っていますので、ぜひたくさんの方に観てほしいです!
(文:榑林史章)

関連リンク

メンバーの魅力満載!動画コメント
クリープ出演ライブ『MUSIC TAGS』フォト
プロフィール/CD売上げランキング
オフィシャルサイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!