• ホーム
  • 芸能
  • 川栄李奈インタビュー AKB48卒業後は女優として活躍「お芝居が大好きなので、もう大丈夫」

川栄李奈インタビュー AKB48卒業後は女優として活躍「お芝居が大好きなので、もう大丈夫」

 昨年8月、惜しまれながらAKB48を卒業した川栄李奈。AKB48時代は“おバカキャラ”が定着しており、ドラマ『マジすか学園』(テレビ東京系)シリーズなどには出演していたものの、彼女が女優として活躍する未来を予測する人はほとんどいなかった。だが、卒業後、すぐに初主演した舞台『AZUMI 幕末編』をはじめ、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK総合)での演技が高評価。現在、めきめきと女優として頭角を表す彼女にはオファーが殺到中だという。11月には主演舞台『あずみ〜戦国編』の上演も決定している。

最初は、女優業だけに絞るのは不安でした

 AKB48を卒業し、現在も女優として活躍している者はもちろんいるが、それは大島優子や前田敦子のような、常にセンターとして目立つ活動をしてきた人ばかり。川栄にとっても、女優を目指すのは困難な道であることは容易に予想ができたであろう。

 彼女自身も、「最初は、女優業だけに絞るのは不安でした。でも、昔から女優になることは夢でしたし、本当にお芝居をすることが好きなので、頑張ろうって気持ちも大きかったんです」「中学時代から体育会系の部活(テニス部)で鍛えられたんで、根性もありますしね。 “失敗したら仕方ない、まぁいっか”っていう性格もあるかかもしれません(笑)」と当時の心境を明かす。

とにかく芝居をすることが大好きなので、もう大丈夫

 卒業後、すぐに上演した初舞台『AZUMI 幕末編』が彼女の女優への道を作ったといってもいいかもしれない。構成・演出を務めた岡村俊一氏は、「今の演劇界では1位を獲れると思う」と太鼓判を押す絶賛ぶり。舞台上で350人を斬り倒したアクションも高い評価を受けた。もちろん、その演技も一朝一夕のものではない。

 「とてもセリフが多いので、覚えるまで家でずっと台本を読み続けていました。殺陣をしながらセリフを言うのも難しくて。使う刀は軽いんですけど、舞台上では重いように見せなきゃいけないし。だからドン・キホーテでおもちゃの刀を買ってきて、家で練習してましたね(笑)。その刀を捨てちゃったので、次の舞台のためにまた買う予定です!」。

 また、「殺陣はダンスの振り付けのときのイメージで覚えました。ただ1日に何パターンも殺陣を覚えるのは大変」と、アクションではAKB48時代に培ったダンスも役に立っていたという。多くの観客を前に舞台に立つが、「とにかくお芝居をすることが大好きなので、もう大丈夫。舞台の上にいると、まったく気にならなくなりました」と強い一面を見せた。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!