• ホーム
  • 芸能
  • メイプル超合金に密着!「GOCHIグミ」Webムービー撮影現場に潜入

メイプル超合金に密着!「GOCHIグミ」Webムービー撮影現場に潜入

人気お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーと安藤なつが、明治「GOCHIグミ」のWebムービーに出演!その撮影現場に密着した!!運動量の多いエクササイズをするカズレーザーに対して、なつはそれをネットで観ているお芝居。対照的なふたりの撮影の模様をレポート!カズレーザーが密かにグミへ求めるものや、“グマー”なつの芸人仲間との「グミ会」についてのインタビューも!!

収録現場レポート:飛び跳ねるカズレーザー&グミを噛んで笑顔のなつ

躍動感をあふれさせながら笑顔は絶やさないカズレーザー

 「GOCHIグミ」の噛みごたえのある弾力性をトランポリンで表現した今回のWebムービー。都内スタジオでの撮影現場に潜入すると、午前中はまずカズレーザーのエクササイズシーンから収録が行われていた。スタジオには、カズレーザーをセンターに、白い体操着に身を包んだ男女ふたりのサブキャストが両サイドにスタンバイ。軽快ながら耳に残るダンスミュージックのリズムに合わせて、カズレーザーが叫んで、飛び跳ねる。そんな“GOCHI”弾力エクササイズが行われた。

 このシーンのポイントは、3人の息をピッタリとあわせて、音楽のリズムにのって飛び跳ねるということ。さらにカズレーザーは、かなり激しく動きながらインストラクターとしてのセリフもある。「レッツ、GOCHI!」「夢の2個食いだ!」「いいぞ!」等々、海外の通販番組のようなイメージだが、ムービーを観る人たちを鼓舞するようなセリフを、思いっきり声を張って発しなければならない。もちろん躍動感をあふれさせながら、笑顔は絶やさないようにするのは必須となる。
 カメラ横には、トランポリンエクササイズのトレーナーが指導のため目を光らせる。グミの弾力をトランポリンで跳ねるキャストの動きで表現するべく、監督と相談しながら、細かな修正が加えられていき、それを受けたエクササイズのアクションクオリティも少しずつ高まっていく。そんな彼らの上達ぶりを見たトレーナーからは「みなさん上手です!」と随所で声がかけられ、スタッフからの拍手も送られていた。

新境地の姿!?「今後こういう仕事も増えていくと思います」
 ただし、運動効果の高いトランポリンだけに、次第に汗ばんでくるキャスト陣。今回のWebムービーは、カメラの配置を変えながら、何パターンも同じシーンを撮り重ねるスタイルで行われていたため、ワンカット撮り終えるたびに汗をふいたり、エアコンの風に当たりに行くなど、適度な休憩を挟みながら時間をかけて丁寧に撮影は進められた。

 早朝からスタジオにこもり、すべての撮影を終えたカズレーザーは「トランポリンエクササイズは今までやったことがなくて。思ってた以上に下半身を使うハードな運動でしたが、楽しかったです。これからは家でもやりたいですね」と笑顔。
 リズムに合わせてトランポリンを跳ね続け、さらにタイミングを測りながらセリフもかぶせないといけないという、見た目のおもしろさ以上にリズム感を要する難易度の高い撮影となったが、それに関しても「無心で飛び続けていたので、全然平気でした。メロディもカッコ良かったし、自然と笑顔になれたので、そういう意味ではそれほど大変ではなかったです」と涼しい顔。さらに「海外の通販番組のようなトーンでずっとしゃべっていて、なかなかいい感じだったのと思うので、今後こういう仕事も増えていくと思います」とちゃっかりアピールした。


素?演技?なつのリアクションにスタジオは爆笑
 そして午後の収録は、部屋のセットが組まれたスタジオに移動して、安藤なつがイン。自分の部屋でくつろいでいるなつは、PCから流れるトランポリンエクササイズのムービーをなんとなく観ていると、いつのまにかそのリズムとカズレーザーのかけ声に引き込まれて、体?口?が自然に動き出す。気がつくと “GOCHI”弾力エクササイズに入り込んでしまっている。

 カズレーザーのトランポリンエクササイズをPCで観ている設定の安藤は、そのリズムに合わせて右、左と「GOCHIグミ」をリズミカルに、おいしそうに食べる。監督からは、エクササイズを観たときのリアクションや、グミの食べ方などの細かい演出も入るが、女優経験も豊富ななつは器用にこなして監督をうならせる。素と演技が合わさったようなそのなんともとぼけた芝居に、スタジオのスタッフ陣はカットがかかるたびに大笑い。和やかな雰囲気のなかで撮影は順調に進められた。
 なつは、カメラが回るたびに繰り返し「GOCHIグミ」を食べていたが「ザラメがついていてすごくおいしいです。カットが多くてもぜんぜん平気ですよ。いくらでも食べられます」と笑顔。「噛む力が要求されるグミなので、あご周りがすっきりしそうです。」とジョークも交えて余裕を見せた。

 グミ好きの芸人たちとの「グミ会」というLINEグループに入っているなつ。そちらでの活動については「新しいグミを食べたら、パッケージの表と裏を写真で撮って報告します。弾力、噛みごたえ、味とか、どういうグミなのか、みんなで点数をつけてレビューを上げていくんです。「今日も『GOCHIグミ』のレビューをアップしますよ」とワクワクした様子で付け加えた。
 そして、ふたりで1日がかりの撮影がすべて終了したあと、カズレーザーにこの日の出来を聞くと、そっけなく「よかったです」。するとなつから「違うでしょ」とツッコミがあり、しっかりとアクション付きで「手応えあり!」「もういやーん」。
(文:壬生智裕)
<メイプル超合金の“弾力”エクササイズ Webムービー>

インタビュー:こんなグミがあったら食べたい!夢の味とは…!?

芸能界に入っていちばん楽しい仕事でした(カズレーザー)
――超売れっ子でご多忙ななかのおふたりですが、今回のWebムービー撮影はいかがでしたか?
カズレーザーどの仕事でも言っているんですけど、「芸能界に入って、今日がいちばん楽しい仕事でした」。この日のために芸人になって芸能界に入ったと言っても過言ではないです。
安藤なつ「どこでも言ってる」って言っちゃってるじゃん。
カズレーザー見ている方に「また言ってるよ」って思われちゃダメだから。マイナスイメージにならないように先手を打っておこうと思って。
安藤なつじゅうぶんマイナスだよ。

――なつさんは、ふだんからグマー(グミ好き)として「グミ会」の活動に励まれているそうですね。
カズレーザー反社会的な組織でしょ?
安藤なつぜんぜん違うよ。一昨年くらいですかね、グミ好きの芸人仲間たちと、新商品とか食べたことのないグミを報告しあっているなかで、自然にグループができました。グミはこれまでに相当食べてますよ。ほぼすべての商品を食べたことあると思います。でも、「GOCHIグミ」は弾力感というか噛みごたえというか、今までになかった新しいグミの食感で、これはグマーとしてはうれしいですね。じゃりじゃりの食感がサイコー!

――噛みごたえがあってあごまわりのダイエットにもなる?
安藤なつ咀嚼力を問われるグミじゃないですか。たくさん食べたので、今日の撮影だけで5キロは減量できた気がします。
カズレーザー咀嚼力を問うグミではないと思うけど……。
安藤なつみなさんダイエットには「GOCHIグミ」を!
明治さんが商品化してくれるんですか?(安藤なつ)
――カズレーザーさんは「GOCHIグミ」を食べた感想は?
カズレーザーすごくおいしかったですよ。もともとグレープが好きなので、気に入りました。僕は“甘味”最優先のグミで甘味を楽しみたい派なんです。甘味のマックスは砂糖だけど、それだけ舐めても味気ないから、それに食感があったらというのが理想で。「GOCHIグミ」はザラザラしたザラメの食感があって、グミが堅くて噛みごたえがあるから、僕の理想形に近いです。

――こんな味のグミがほしいというのはありますか?
安藤なつえ! 明治さんが商品化してくれるんですか?

――明治の方もいらっしゃってます。が、ものによるかと。
カズレーザー僕はあなご味。あなごが大好きなんですけど、なかなかあなご味のお菓子ってないじゃないですか。あなごのほうがやわらかいけど、あの食感をグミで食べられたらいいですよね。
安藤なつグミにあなごの食感求めるの?
カズレーザー噛みごたえのあるあなごが泳いでいたらいちばんいいんですけど、それは無理だから。グミであなご味があったらいいなって。
安藤なつあなごはふっくらが売りだからグミとは違うよ。
カズレーザーじゃ、砂味。
安藤なつなんだよ、砂味って。味じゃないよ。私はスルメ味。イカが好きなんで。
カズレーザーコンビそろって海鮮から選ぶって……。
安藤なつフルーツの王様のドリアン味は? あの強烈な香りがなければ最強のグミ!
カズレーザー僕のカラーの赤でいったら、ハバネロ味とか。
安藤なつイチゴ味でいいじゃん。私の紫だとグレープがもうあるか……。
カズレーザーナス味がいいんじゃない?
安藤なつ明治さん巻き込まないで個人的にやったら。
(写真:片山よしお)

GOCHIグミ

 大粒&ザラメでかみごたえ満足の弾力グミ! 甘ずっぱいジューシーなかみごたえの「グレープ味」と「レモン味」がパッケージをリニューアルして新発売!

◆GOCHIグミ 公式サイト(外部サイト)
メイプル超合金
安藤 なつ(アンドウ ナツ) 生年月日:1981年1月31日/出身地:東京都
カズレーザー 生年月日:1984年7月4日/出身地:埼玉県

ピン芸人だったカズレーザーと、2012年7月にコンビを解散した安藤なつにより、2012年8月に結成された。2015年に漫才新人大賞、M-1グランプリなど決勝進出を果たす。現在数々のバラエティー番組に出演中。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!