• ホーム
  • 芸能
  • “ダ埼玉”実はスター輩出の地 自虐気質が特異な個性派を育てる?

“ダ埼玉”実はスター輩出の地 自虐気質が特異な個性派を育てる?

 『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)をきっかけに人気に火が付き、約30年ぶりに復刊した“究極の埼玉ディス漫画”『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』(宝島社)が、累計推定売上19.6万部(オリコン調べ 2016/6/13付時点)、累計発行部数も55万部越えという異例のヒットを記録している。『〜夜ふかし』では“埼玉=残念な県” として話題に上ることが多く、世間的にも“ダ埼玉”とイジられがち。しかし、エンタメ界に目を向けてみると、バナナマンの設楽統や星野源、菅野美穂、竹内結子、佐藤健にV6の森田剛など、実は今をときめく人気者を多く輩出する地でもある。埼玉出身のスターたちの共通点から、埼玉が持つ“潜在能力”を探ってみたい。

埼玉県民をとりまく“負け組感”がオリジナリティを強固なものに

  • 異例ヒット中のギャグ漫画『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』(宝島社)

    異例ヒット中のギャグ漫画『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』(宝島社)

 『〜翔んで埼玉』は、『パタリロ!』でお馴染みの魔夜峰央氏によるギャグ漫画。執筆当時、埼玉在住だったという魔夜氏は、「埼玉県民には草でも食わせておけ!」、「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になる」など、実体験から(!?)それは見事に埼玉をディスり倒している。とはいえ、海無し県で特筆すべき観光名所は秩父、名菓は草加せんべいうんぬんといった“埼玉イジり”には県民も慣れきっているようで、同作の売上の約3割を埼玉県民が占めているという説も。自虐ネタとして県民自ら“おいしい”と感じている節もあるくらいである。

 好き放題イジられっぱなしだが、埼玉出身の著名人は意外にも多い。その顔ぶれを見ると前述に加え、“奇抜なボケ”でお馴染みの爆笑問題・太田光やボディビルに目覚めたオードリーの春日俊彰、ドラマ『99.9−刑事専門弁護士−』(TBS系)で一躍注目を集めるラーメンズの片桐仁、同じくお笑いに俳優業もこなすハライチの澤部佑、AKB48の中でも“塩対応”という特殊な売れ方をした島崎遥香などなど…結構エッジの利いた独特の世界観を持つ個性派が目立つ。
  • ハライチ・澤部佑

    ハライチ・澤部佑

  • AKB48の島崎遥香

    AKB48の島崎遥香

  • 爆笑問題の太田光

    爆笑問題の太田光

 「東京に近くも遠くもなく、東京あっての埼玉という“負け組感”もあるんだけど、やっぱり東京に憧れる。そんな影響からか、どこか斜に構えて独自の視点でモノを見るクセがありますね。結果として“個性派”になったと言えるかもしれません」(埼玉出身のバラエティ番組制作会社スタッフ)
 また埼玉は、『クレヨンしんちゃん』や『らき☆すた』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』など人気漫画やアニメの舞台になっていたり、鉄道博物館があったりと全国的に“マニアの地”としても知られている。偏見かもしれないが、そういった環境も独自の感性を育むことに影響しているのかもしれない。

“ムーミン村”も誕生、ほのぼのした環境が独自の感性を生む

  • AKB48の渡辺麻友

    AKB48の渡辺麻友

  • 俳優の神木隆之介

    俳優の神木隆之介

  • 加藤綾子フリーアナウンサー

    加藤綾子フリーアナウンサー

 一方、タレントの所ジョージや俳優の神木隆之介、東出昌大。SMAPの草なぎ剛にHey!Say!JUMPの伊野尾慧、AKB48の小嶋陽菜、渡辺麻友、フリーアナウンサーの加藤綾子、青木裕子、田中みな実、羽鳥慎一といった同県出身の面々を見ると、ギラギラとした野望に満ちたタイプではなく、どことなくおっとりしている印象もある。
  • 2017年に埼玉・飯能市に誕生予定のムーミンのテーマパーク「Metsa(メッツア)」イメージ図

    2017年に埼玉・飯能市に誕生予定のムーミンのテーマパーク「Metsa(メッツア)」イメージ図

 「東京ほど都会ではないけど田舎でもない。だけど、ちゃんと自然も近くにあるといった環境が、多少おっとりした性格を育むのかもしれませんね(笑)。映画『となりのトトロ』の舞台は埼玉とも言われていますから」(前出・スタッフ)。ちなみに、埼玉・飯能市には来年、故郷フィンランド以外では初となる人気キャラクター・ムーミンのテーマパークが誕生。自然が多くゆったりした環境というのも、埼玉出身の著名人たちに影響を与えている可能性は十分にあるだろう。
 奇しくも“ディスり”によってクローズアップされた埼玉だが、こうして見るといかに人気者が多いかを再確認させられる。底知れない潜在能力を秘めた、恐るべし埼玉県。今後もどのような“埼玉産”スターが生み出されていくのか、注目してみたい。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!