• ホーム
  • 音楽
  • 日本独占インタビュー! ソロ活動45年のポール・マッカートニー、楽曲制作での独自の見解とは

日本独占インタビュー! ソロ活動45年のポール・マッカートニー、楽曲制作での独自の見解とは

 全世界で愛されたザ・ビートルズが解散後、ポール・マッカートニーのソロ活動45年の集大成となる“究極”のベストアルバム『ピュア・マッカートニー 〜オール・タイム・ベスト』を発売。同作には、ビートルズがポール・マッカートニーの脱退で事実上の解散となった1週間後、1970年4月に発表された『ポール・マッカートニー』から、最新シングル「ホープ・フォー・ザ・フューチャー」(昨年発売)の中から名曲を厳選。ポール・マッカートニー本人も選曲に参加したベスト盤のエピソードや、自身の楽曲制作での独自の見解について語った。

一度レコーディングした曲は、何年も、あるいは二度と聴かない

――アルバムの企画はどのようにして生まれたのですか?
ポール・マッカートニー ニューヨークにいたときに、僕のニューヨーク・オフィスの女の子たちの中でトップの子が、車で旅行をしたときに僕の曲をずっと聴いていたと言ってきたんだ。彼女は、「このアイディアをひとつの形にしたらいいと思いますよ、みんなもこんな形で楽しめますからね」と言っていて。そのアイディアを気に入って、「わかった、じゃあ僕に提案してみてよ」って言ったんだ。で、実際に彼女がそうしてくれた……チームと一緒に、普通はあまり聴くことはないけれど、長時間の車の旅だったり、家でのんびりしていたり、お風呂に入ったりする時に聴くのにいい僕の曲のセレクションをまとめた。BGM的なものなんだけど、主役にもなれればいいなっていう感じのものだね。

――幅広い楽曲ですが、リストを作ることは難しかったですか?
ポール・マッカートニー 確かにそれは難しいことだよね。本当に曲がたくさんあるから。でも、客観的な視点を持つことは大事だと思ったこともあって、まず彼女に提案をしてもらい、車の中でどの曲を聴いていたか説明してもらった。そのリストを見た上で、付け加えたり、いじってみたりした。彼女自身の客観的な視点があったことで、そういう大変さは軽減されたよ。

――車の中でのプレイリストをかけたりしますか?
ポール・マッカートニー ああ、好きだよ。ラジオ局を切り替える手間が省けるよね。

――自身の昔の曲を再訪することは好きですか? 曲を聴くと、その当時していたことを思い出したりしますか?
ポール・マッカートニー そう、そういうのはあるよね。しばらく聴いていなかったものを聴いて、“あれ? 悪くないね”って思えると、今度は“ライブでやろうかな?!”となる。そのようにひとつの形になったものもあるよ。最近ライブでは「ラヴ・ミー・ドゥ」をやっているんだけど、曲を聴いたら、最初のレコーディング・セッションを思い起こした。でも、また演奏しようかなって気持ちを掻き立ててくれたのは、実際にそれを聴いたっていうことだったわけで、そういうことから結果的にやることになったんだ。自分自身の古い曲を聴くのはいいことだよね。だって一度レコーディングしちゃったものは、何年も、あるいは二度と聴かないから。次のことに気持ちが向かうからね!

「ゲット・バック」は、ツイギーがべた惚れしてたね

――古い曲のリストを見て、「こんな曲あったっけ?」っていうようなことはありますか?
ポール・マッカートニー (笑) 実はあるんだよ! そうだね、タイトルを見て「どんな曲なんだろう」って思うんだけど、そういうのってイヤになっちゃうよね。アルバムの中には、あまりに頭に残ってない、たいして良くない曲で、今となっては穴埋め的な曲だなって思う曲があったりもする。でもね、結構クレイジーかもしれないけれど、「まったく、あの曲本当に酷いな、あんなのやるんじゃなかった!」って人に言っちゃうこともあるよ。一度トレヴァー・ホーンに、「『ビップ・バップ』っていう曲があるんだけど、空っぽな曲なんだよね」って言ったことがあるんだ。すると彼は、「えっ、それは僕のお気に入りの曲のひとつなんだよ!」と言ってきた。だから実は、そういう可能性もあるから、何もはずしちゃいけないって言うことなんだ。その時は好きじゃなくても、それを気に入ってくれている人もいるかもしれないし、「だからこれをレコーディングしたんだ!」って思わせてくれることもあるからね。自分で見極めるのはとても難しいから、そういうのをもう一度聴いて、特にそれに対して誰かが「ああ! これ好きだよ……」って言ってくれれば、その曲をもう一度好きになるのをきっかけになる。

――折衷的な曲のセレクションですが、それをひとつに束ねているのがあなたの音です。曲を書く時に、あなただけのユニークなサウンドがそこに存在していると認識していますか?
ポール・マッカートニー それはどうすることもできないことだよ。駆け出しのころ、エルヴィス(・プレスリー)を真似していたんだけど、結局それはエルヴィスをポール・マッカートニーが真似しているのであって、エルヴィスではない。僕なんだ。若い子たちには、人を模倣するっていうことは悪くはない、モノマネタレントでない限り同じにはできないからねって、よく言うんだ。単に誰かにとても触発されているっていうことだけだし、僕自身も実際にそうだしね。僕の高い、振動する声はリトル・リチャードに影響を受けているけれど、リトル・リチャードみたいな音は出せてないよ。彼ほど上手じゃないし、本当に最高だからね。

――音楽を書くとき、メガヒットを書こうと思って着手するのか、あるいは単に曲を書いているという意識なのでしょうか?
ポール・マッカートニー 本当に特別な曲になればいいな、と期待して曲作りをする。ある意味、そうだね、これまでの中で一番の曲を書こうっていう意識だよね。そうやって書き始めるっていいことじゃないかな。そこまで凄い曲にならなくても、うまくいけばそれでも結構いい曲になったりもするしね。そう、だから僕は常に最高峰を目指すんだけれど、そうならなくても結構いい曲になったりする。

――これはヒット曲になるっていうのは自分で分かりますか? それとも思ってもいなかった曲がヒットすることもあるのでしょうか?
ポール・マッカートニー 両方だね。曲を書くと、“これはとてもいいね、この曲はとてもいい仕上がりだし、うまくいくな”って思うこともある。「マイ・ヴァレンタイン」を書いた時、そういう気持ちが強かったね。演奏はとても簡単で楽しめた。しかも(妻の)ナンシーのために書いたので、「できたぞ! これいいね」って思えた。でも、わからないこともあるよ。例えば「ゲット・バック」は、当初いろいろ詰め込み過ぎているっていう感じだったんだ。最初からそうで、“まぁ悪くはないけれど、ちょっと詰め込み過ぎだな”ってずっと思っていた。すると皆が「結構いいね」って言ってくれて、シングルになってアルバムに入っても信じられなくて、友人やいろんな人に披露するようになった。ツイギーがべた惚れしていたね。「最高! この曲大好き!」っていうもんだから、みんな間違ってなかったんだ、いい感じの曲になってるって思えた。でもそうだね、わからないこともあるよね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!