• ホーム
  • 音楽
  • 【KAT-TUNライブ】亀梨、上田、中丸が最後に見せた男気とは?

【KAT-TUNライブ】亀梨、上田、中丸が最後に見せた男気とは?

 5月1日、人気グループKAT-TUNの東京ドームライブ最終公演。本人たちの希望により、ジャニーズJr.もダンサーも入れない、3人と観客だけの空間でライブを繰り広げた。彼らはそれぞれが最大限の力を振り絞り、充電前の最後のステージを締めくくったのだ。ここでは、3人がパフォーマンスで見せた“男気”に触れたい。
→ライブ全体のレポートはコチラ

亀梨和也 深化を続ける色気と男気 「ハルカナ約束」はこの男が守り抜く

 東京ドームの直前に出演した『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、「カッコ良さが狭い」と言われ、自分の決めワザのバリエーションの少なさを嘆いていた亀梨和也。でも、ライブを観て確信した。彼の場合、「カッコ良さが狭い」のではなく、「カッコ良さが深い」のである。「深すぎる」と言ってもいい。サングラスを外す仕草、流し目にウインク、投げキス、唇舐め、ダンスでの悩ましい腰つき……。そのどれもが、歌舞伎でいうところの“見得”の如く決まっていて、凄まじい攻撃力と破壊力を発揮する。「君となら」と歌う声に滲む切なさもまた、聴き手の恋情に突き刺さり、ボーカリストとしても確実に進化を遂げていることが伝わった。
→亀梨和也、三島由紀夫原作の映画に出演

上田竜也 生き抜くほどに純化する魂 未来のPeacefuldaysを運ぶ

 煽る言葉の一つ一つが、歌詞に込められた思いが、途方もなくピュアで、まっすぐだった上田竜也。彼の歌声からは、どこか青春の香りがする。甘い響きの中に、仄かに切なさや痛みが滲むような。だから「僕らの街で」のようなバラードがよく似合う。歌とダンスではアーティスティックな面をアピールする一方、ソロコーナーでは大型の3輪バイクに乗って、手榴弾を投げる仕草で特効をぶっ放すワイルドさも。最後の曲「PRECIOUS ONE」ではピアノ演奏も披露した。ワイルドさ、甘さ、強さ、優しさなどの振り幅が大きすぎて、終始翻弄されっぱなし。とはいえ何より、ファンとKAT-TUNを愛する心が清らかで美しかった。
→上田竜也はケンカの仲裁役?

中丸雄一 ジャニーズ屈指の“献身キャラ” 仲間とファンを全力でRESCUE

 想像以上にガッツリ踊り、エモーショナルに歌い、正確にハモっていた中丸雄一。笑える小ネタを盛り込んだボイパから滲むサービス精神、亀梨の吸血鬼コントに即対応する順応性、MCで「初めて来たって方に先に言っておきますけど、結構僕ら失礼なこと言います」と断わりを入れる生真面目さ。キャーキャー言われる役は亀梨と上田に譲り、自分を落としてでも笑いにもっていく優しさ。中丸雄一とは、エンターテイナーとしての才能に溢れた“献身”の人だ。KAT-TUNのためならたとえ火の中水の中。そんな不滅の優しさが感じ取れたせいか、始まる前より終盤の彼のほうが大きく見えた。吹っ切れたいい顔をしていて、頼もしかった。
→中丸雄一、充電期間に言及
→ロックな持ち味と懐かしのコントも
→3人の充電前最後のあいさつ全文
(文/菊地陽子)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!