• ホーム
  • 芸能
  • 【所ジョージ・インタビュー】『所さんの世田谷ベース』に潜入! 人生を面白くする「遊び、仕事、日々の暮らし」

【所ジョージ・インタビュー】『所さんの世田谷ベース』に潜入! 人生を面白くする「遊び、仕事、日々の暮らし」

 所ジョージの趣味の世界がそのまま番組になった『所さんの世田谷ベース』(BSフジ)。3月で放送開始から丸9年。4月から10年目に突入する。現在、所がレギュラー出演する番組のうち、10年を超える番組は5本。これだけの長期間にわたって愛される理由、遊ぶように仕事をしながらも全力で楽しんでいるスタイルには、きっと日々の暮らし方や仕事への向き合い方に参考になるヒントが隠されている…ハズ。ということで、世田谷ベースで話を伺った。

「長寿番組なんて求めてやってるわけないし、ワンクールで終わってもこの仕事やるもん」

――『所さんの世田谷ベース』がまもなく10年目突入とのこと、おめでとうございます。他のレギュラーを含め、所さんというと長寿番組のイメージがありますが、ご自身ではどう感じていますか?
10年ねぇ…。まぁ、結果としてこうなったってとこかな。この番組は50(歳)で始めたけど、40や30だったら、もっと面白いことできたのに。もったいないねぇ。

でも、そもそも長寿番組を求めてやってるわけでもないし、やりたいものだったらワンクールで終わってもこの仕事やるもん。

(他の番組も含め)長く続いているのは、特別話題になったとか、突飛なものだとかないからでしょ。

もちろん話題の人が出ることもあるけど。ただ、なるべくレギュラーはスタンダードな感じで。今、この人がウケているからといって出演させようとか、誰かの人気をお借りしてやる気はなくて、水戸黄門のように安心感があるというか。だから、あまりゲストには入れないようにしましょうということはやってます。

「かんたんに言えば、VTR見ているだけの仕事。だけど、定着させるのは大変なこと」

―― 所さんが番組づくりでこだわっていることは?
番組づくりって言っても、私が発表したいことをやってるだけ。番組が用意したVTRを見て、いっしょに出ている人たちに話を振ってみたりね。かんたんに言えば、VTRを見ているだけの仕事(笑)。

でも、それは野球やサッカーと同じで、ただボール投げてバットで打ったり、サッカーだって「みんなでボール蹴ってるだけじゃん!」なんだけど、それをみんなが楽しむ競技に定着させることは大変なことでしょ。番組だって同じで、本来はそれでいいんですよ。

そのうえで、スタジオの中は気持ちよくまわっていってもらいたい。来ている人が楽しく終わるようにスムーズに流れるというか、編集の無駄のないようにしたいね。

「カンペなんか見ない。ボクがいちばん“生活感”が出てると思ってるから」

――司会では自由な進行の印象がありますが。
番組が始まったら進行上の決まり事はおさえるし、ズレないようにはしているけどね。カンペは見ない。ボクがいちばん生活感が出てると思ってるから。

だって、作家なんか飲んだくれてるばかりで、頭で考えて書いてる。だから、生活しているのはボクで、作家なんか生活していない(笑)。

指示されたことを同じようにやるなら、ボクじゃない人がやればいい。ホント、発表したいことが多いし、言いたいこと、やりたいことがいっぱいありすぎるんだよ。日々、そこに向けて「暮らしている」という感じだね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!