• ホーム
  • グルメ
  • ミスキャンパスたちもアドバイス! 受験シーズンを乗り切るフロリダ グレープフルーツレシピ

ミスキャンパスたちもアドバイス! 受験シーズンを乗り切るフロリダ グレープフルーツレシピ

 受験シーズンもまっただ中。追い込みに励んでいる受験生のみなさん、お疲れ様です。ORICON STYLEはそんな受験生たちを応援すべく、都内大学のミスキャンパスと、「東大料理愛好会」を招集! 勉強中のリフレッシュ法や、勉強の合間におすすめの料理を取材した。高校・大学受験に限らず、資格試験などで頑張っている大人たちにも役立つレシピ、参考にすべし!

東大料理愛好会おすすめ グレープフルーツで作る受験生応援レシピ

 レシピを考案してくれた「東大料理愛好会」は、健康や頭にいい食材と料理を研究している料理サークル。約100名の部員のうち男子は約30名で、今回は部員歴6年という長瀬大夢くんを筆頭に4人が、論文提出が控えているにもかかわらず参加してくれた。
  • ミスキャンパス/左から高橋亜弥香さん(亜細亜大学)、浅見愛梨さん(日本大学)、住吉さつきさん(実践女子大学)

    ミスキャンパス/左から高橋亜弥香さん(亜細亜大学)、浅見愛梨さん(日本大学)、住吉さつきさん(実践女子大学)

  • 東大料理愛好会/左からイ・ヒジュンさん、津坂章仁さん、長瀬大夢さん、藤後順己さん

    東大料理愛好会/左からイ・ヒジュンさん、津坂章仁さん、長瀬大夢さん、藤後順己さん

 全員お揃いの黒エプロンをつけてキッチンに入ると男前度がアップ。担当編集(女性)をはじめ、集まった才色兼備のミスキャンパス3人からも褒め言葉が飛び交う。受験対策とはまったく関係ない話だが「男は黒エプロンでキッチンに立つとやたらとカッコよく見える」。男性諸君は頭の片隅にとどめておいてほしい。

料理男子の鮮やかな手ぎわにミスキャンパスも大興奮!

 愛好会考案レシピのメイン食材はフロリダ産グレープフルーツ。程よい酸味とみずみずしさが特長だが、デザートのイメージが強いが、ゼリーのほか、チラシ寿司とサラダも作るという。慣れないキッチンながら、調味料を揃え、下ごしらえをし、順に調理に取り掛かる。長瀬くんが見事な包丁さばきでグレープフルーツの皮をむくと、ミスキャンパスたちから大歓声が起こったほか、繊細かつ丁寧に盛り付けていく姿には「私たちより女子力が高い!」の声が。作業を見守り、歓声を上げる美女3人を前に、愛好会の面々は「緊張する…」とポツリ。

ミスキャンパスたちの受験対策法

 愛好会の男性陣がキッチンで手際よく料理を作っている間、ミスキャンパスたちに受験を振り返ってもらうと、3人に共通していたのが“風邪対策”。「いつも手の消毒用のジェルを持ち歩いていました」(高橋さん)、「外出するときはマスクをしたり、帰宅時は手洗いとうがいを必ずしたり…」(浅見さん)、「しょうが湯をよく飲んでいました。夜遅くまで勉強しているときに飲むと、身体がポカポカしてすごくよかったです」(住吉さん)。
 また、受験シーズンならではの悩みや苦労もあったようだ。「友達が進路を決まっているのを見たりすると、自分は劣っていると落ち込んだこともありました。その分、明確な目標を盛ることの大切さを痛感できましたし、それって受験だけじゃなくて、人生全般にも言えることなのかなって思います」(住吉さん)。

グレープフルーツの受験応援レシピ完成! さっそく試食!

 キレイに盛り付けられた料理が目の前に運ばれると、美女3人組は歓声をあげながらスマートフォンを取り出し、試食より先にアツい撮影会が繰り広げられることに…。「見た目もきれい! 素敵なカフェに来たみたい!」(高橋さん)。

↓各メニューのレシピを見るなら写真をクリック!
 気を取り直して試食スタート。特にチラシ寿司は大絶賛。酢を使わずにグレープフルーツで酸味を加えていることを知ると3人ともビックリ。「ご飯にグレープフルーツをあわせるなんてびっくりしたけど、さっぱりしていて食べやすいです」(住吉さん)、「実はグレープフルーツは苦みが苦手だったんですけど、どれも本当においしくてどんどん食べられます!」(浅見さん)。

ミスキャンパスたちが振り返る受験中の食生活

 さらに受験勉強中の食生活に話が及び、「合格祈願のゲン担ぎのお菓子をよく食べてたから太っちゃって。あのとき応援レシピを知ってたらよかったのに〜」(浅見さん)、「グレープフルーツやみかんは疲れにいいとよく食べてたけど、料理に使えるというのは目からウロコ」(高橋さん)、「母が受験当日のお弁当にカツを入れてくれたのに、緊張で食べられなくて。そういうときでも、グレープフルーツのさっぱりした料理なら食べられるかも」(住吉さん)。

今が旬のグレープフルーツは受験生にうってつけ!

  • 古賀 良彦医学博士

    古賀 良彦医学博士

 この季節、とくに受験生におすすめのグレープフルーツ。その魅力の一つは、風邪をひかないためにも積極的に摂りたいビタミンCが豊富なこと。グレープフルーツなら大玉1個で、成人が1日に必要な量(100mg)を摂取できるという。また、グレープフルーツに含まれるクエン酸は、疲労回復に最適なのだ。
 さらに、杏林大学医学部精神神経科学教室教授で、NPO法人日本ブレインヘルス協会理事長の古賀良彦医学博士の研究によると、温めたグレープフルーツジュースを飲むと前頭葉の脳血流量が増え、脳が活性化され集中力がアップするという。グレープフルーツは冬に旬を迎えるため、この時期は皮が薄くて果肉が多い上によりジューシーでおいしさも格別。気温の急激な変化や受験勉強の追い込みで体調を崩しやすい受験生に、うってつけのフルーツといえるだろう。

「合格フルーツ」をどんどん食べて受験を乗り切ろう!

 集中力アップや疲労回復、リフレッシュにも良いということから近年は受験生を応援する「合格フルーツ」として人気となっているグレープフルーツ。そして、千葉県市川市の大野天満宮で合格祈願の祈祷を行ったフロリダ産のグレープフルーツと、今回紹介した料理も含めた「受験生応援『合格フルーツ』レシピ」がセットになった「合格フルーツセット」が、全国のスーパーマーケットなどで販売されている。グレープフルーツをどんどん食べて、受験を乗り切ってください!

(文:秋月美和/写真:西田周平)

フロリダグレープフルーツ公式サイトはこちら(外部サイト)
(撮影協力)
「南青山キッチンスタジオ Supported by クリナップ」
クリナップの最新システムキッチンとル・クルーゼの食器が揃ったキッチン撮影スタジオ。昨年7月オープン。
詳細はコチラ→ 公式Webページ(外部サイト)
Supported byフロリダ州政府柑橘局
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!